彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ

2005年 11月 02日 ( 1 )


2005年 11月 02日

もはや年中行事だな…

井川3・1までゴネる ポスティング希望再燃

いやまぁ、他球団の投手が出て行こうがどうしようが、関係ないんですけどね。

「(松坂と違い)彼の場合は意志が本当に固い」

この文章は気になりますね。
松坂が軽い気持ちでライオンズのフロントにポスティング要求したとでも?
意志が固いといえば「信念を突き通す」みたいに聞こえるけど、ただのわがままでしょう。
制度として決まっている以上、それは守らなきゃいけないことなんですよ。

前も書いたと思うけど、ストライク3つでアウトということ自体にたいした意味は無い。
ボール4つで一塁にいけるってことにもたいした意味は無い。
別に逆だって良いと思いますが、

「このルールには納得できない。だから俺は従わない」

なんてことは許されない。
右打者は三塁のほうが近いから、打ったらそっちに走るなんてことも認められないんです。
是非にかかわらず、それがルールなんですから。

井川に限らず、ポスティングでメジャー挑戦を願っている選手からすれば、
何で認めないんだという思いはあるでしょうが、こういう制度しかない以上、
FAまで待つか、ポスティングを球団が認めるか、さもなきゃ喧嘩別れして
野茂みたく任意引退にでもなって行くしかないんですよ。

松坂だって心の底から納得はしてないでしょう。
それはあの記者会見を見てればわかる。
でも、その思いを飲み込んで今はライオンズで頑張ると決めたんです。
ライオンズファンとして、この決断には感謝するし、拍手を送りたい。
それを「意志が弱い」みたいな言われ方するのは、一ライオンズファンとしても心外ですね。
(その場にいてコメント聞いたわけじゃないし、書き方の問題もあると思うんだが)

これも繰り返しになりますが、個人的にはメジャー挑戦容認派です。
松井稼の時も賛成だったし、松坂だって向こうで活躍するところを見てみたい。
ただしFA権も無いのに、「当然の権利」であるかのように要求を繰り返してまで
メジャーに行こうという選手の姿勢は支持できません。
だからといって、今の制度が必ずしも正しいといってるわけでもありませんよ。
そろそろFA取得までの年数も短くしてもいいのではと思っていますし。
ただ、現時点でこういう取り決めがあるんだから、
今は否応無くそれに従うべきといっているだけです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-11-02 20:23 | 野球