彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 31日

今年も一年ありがとうございましたm(__)m

今年も残すところあとわずか、ということで。

ここ2年は、天皇杯決勝がありましたからねぇ。
こうやってのんびり新年を迎えようというのが、なんとなく不思議な気もしますが。
そういや、清水との決勝は、カレンダー上ではまだ去年のことなんですねぇ。
限りなく一昨年に近くはあるのですが。

今年のレッズに関してここで振り返るには時間が足りませんけど、
全体的には良い一年だったと言って良いと思います。
ACLは獲ったし、CWCでミランとも対戦できましたし。
ついでに、最後の最後でリーグ連覇を逃すという負の経験も出来ましたしね(^^;
今年一年で積み上げた経験は、他所のクラブとは比べ物にならないですからね。

来年に関しては、「目先の」結果というよりも、より世界に通じるクラブとなるための、
ステップアップとなる一年にして欲しいと思います。
梅崎、エジミウソン両選手に続き、高原にもオファーをしてるということで、
クラブの本気度は十分伝わってきてますけどね。
オジェックにも、攻撃的で面白いサッカーも出来るんだというところを見せて欲しいですし。

まぁ、そんなわけで、来年もよろしくお願いいたします。
2008年という年が、日本のサッカーにとって実り多き年となりますように。

人気ブログランキングへ
[PR]

# by warubee | 2007-12-31 23:24 | 浦和レッズ
2007年 12月 25日

移籍の話

愛媛から近藤君が復帰、というのが正式に出る一方で、一気に3人の移籍が発表になりました。
カニこと横山はまた他所にという話ではありましたけど、完全ですか。
今季終盤、どうにもFWの駒不足に悩みましたからねぇ…
決して余裕があるわけではない気がするのですが、それでも完全でと望んでくれたのだから、
あるいは彼にとっては良いことなのかもしれませんが。

それと、一番驚いたのは中村君が完全で湘南にという話。
ユース時代から期待され続けてましたが、結局怪我が多くて満足に力を発揮できませんでしたね。
今シーズンは何度かベンチ入りすることもあり、もしかして今日は見られるかも?と期待したこともありましたが、
残念ながらそれは叶いませんでした。
天皇杯の愛媛戦なんかはチャンスだった気がするんですが、あんな展開になってしまいましたからね…

しかし、今更言うまでもありませんが、レッズの泣き所は若手の育成、底上げですね。
ただ、これはタイミングの問題もありますからね…
たとえば、今バリバリのレギュラーで代表の中核を成す啓太、あるいは長谷部や達也などは、
早いうちにチャンスをもらえたことも大きかったと思うんですけど、あの時と今とではまったくチーム状況が違いますからね。
J2から戻ってきて、また一から作り直そうとしていたときと、もうレギュラーは代表クラスが固めてしまっている今とでは、
単純に比べて頑張りが足りないなどとは口が裂けても言えません。
だからといって、運が無かったと言って片付けてしまうのもアレですが…

いずれにしても、ここ2年は若手にチャンスを与える余裕が無かったですからね。
(というか、ギド体制以降では堀之内と細貝くらいじゃないか、モノになったのは…)
そういうのは自ら掴むものだ、と言っても、瓢箪から駒みたいなこともありますし。
使ってみたら、「おっ、こいついけるな」ということはままあることで。
来年は多少余裕があるはずなので、オジェックには機会を見つけての若手登用を願いたいものです。

今年はまだユースからの昇格という話が聞かれませんが、どうするんでしょうね。
2年に逸材が多いユースですけど、3年にも良い選手はいましたし。
外部からの即戦力補強も大事だけど、ユースからの流れも継続していかなきゃいけませんしね。
そういや、来年は若手育成担当のコーチとして、福田さんが加わるんでしたっけ。
具体的に何をやるんだか良く分からないんですが…
以前の柱谷さん、今年広瀬さんがやってたようなことなんでしょうか。
それとも、ユースまで巡回するような感じなんですかね?
まぁ、来年になればわかることか(ぉ

でもまぁ、徐々に成果は見えつつあると思うんですけどね、レッズの下部組織も。
ガンバやジェフ、広島なんかと比べてしまうと、流石に見劣りする部分はあるんですけど、
こればっかりは焦ってもしょうがないですしね。
ガンバユースが良い選手輩出してるからといって、大阪まで行ってスカウトするってのも違う気がするし。
それでなくてもトップに埼玉出身者が少ないですからね…

ともあれ、新たな場所で頑張る選手達には、心からのエールを。
今年の愛媛みたいなこともあるし、どこに対戦の機会があるかわかりませんからね。
その時には、成長した姿を見られることを願っております。

人気ブログランキングへ
[PR]

# by warubee | 2007-12-25 23:23 | 浦和レッズ
2007年 12月 17日

そして挑戦は続く

FIFAクラブワールドカップ・3位決定戦

浦和レッズ 2(4PK3)2エトワール・サヘル(チュニジア)

いきなり坪井先生がやらかしてくれたときにはどうなるかと思いましたが(^^;
最終的にPK戦までもつれ込む激闘の末、見事3位に入りましたねぇ。
CWCは延長はなかったんですね。知らなかった。
なんでGK替えるんだろうと思ったんですが、PKに強い選手ということだったんでしょうか。
最後都築が止めたときは、入ったもんだと思ってがっかりしようとしてたんですが(ぇ
よく見たら、足に当たって止めていたという(^^;
喜ぶタイミングがワンテンポ遅れてしまいました(ぉ

今日のヒーローはその都築と、なんといってもワシントンでしょうね。
珍しい相馬のナイスクロス(ぇ)と、珍しい永井のナイスFK(ぇぇ)に素晴らしいヘディングであわせて2ゴール。
最後の最後で本当に大きな仕事をしてくれました。
これで去り際の余計な一言さえ無…おっとゲフンゲフン(何)
今後サッカーにかかわっていれば、また会うこともあるでしょう。
彼の今後の活躍を祈りたいと思います。

もう一人、ネネもこの試合が最後ということでした。
ネネといえば、04年に坪井が代表の試合で怪我をして帰ってきて、急遽獲得された選手でしたね。
ポカも多い選手でしたが、時折見せる凄い威力の左足ミドルや、精度の高いロングフィードが魅力的な選手でした。
Jクラブで興味を示しているところもあると聞きますし、来年は敵として相対するかもしれませんね。

しかし、今日の2失点目を見て思ったんですが、世界レベルになると本当に集中を切らさないというか、
最後まで諦めないでボールを追っていきますよね。
日本はまだまだセルフジャッジが多いなというか、足を止めてしまう場面が多い気がします。
判定に疑問を呈するより前に、まだまだ出来ることがあるような気がするんですけどね…
それも、決して難しくはないと思うんですが。
まぁ、傍から見てて言うのとは違うんでしょうけれども(^^;

CWCの決勝の話を少し。
いやー、面白かったですよ。
でも、これまでとはなんか自分自身の見方が違っていて、これまでだったら、
「うぉー、すげーすげー(何」で終わっていたと思うんですけど、
(実際、2年前に決勝見に行ったときはそんな感じでしたし)
レッズが実際にミランと対戦した後なだけに、このシーン、レッズだったらどうなるだろうという見方に自然となってました。
そうなると、より一流選手の凄さがわかるというか。
むしろ、直接試合してるときより今回の方がより感じたというか。
これも、ミランと試合できた成果なんですかね。

それと、お互いのサポさんの応援も堪能しました(ぉ
ボカサポーターの皆さんは、もう3位決定戦が終わらないうちから歌ってましたからね(^^;
決勝戦の最中も途切れることなく、ずっと歌い続けてましたねぇ。
PrideOfURAWAの原曲(?)も聞けましたし。
あれくらいの人数でもあんなに大きく聞こえてくるんだから彼らのホームに行ったらどんな感じなんでしょう。
もし機会があるのなら、一度体感してみたいものですが…
b0027835_123262.jpg

ミランサポさんは、前半はかなりおとなしめでしたけど、ハーフタイム明けたらいきなり集まっててびっくりしました(^^;
優勝おめでとうございます(ぉぉ
あと、どうでもいいことなんですが、日本人と外国の方々だと、声質が違うんでしょうか。
いつも対戦してる他所のサポさんの声とはちょっと違うなという気がしつつ聞いてました。
ホントにどうでもいいことですね(^^;

さて、これで長かった一年が終わりました。
嬉しいことも悔しいことも本当にたくさんありましたねぇ…
振り返りはまた後ほど、めんどくさがらなければやりますが(ぉぃ
今年は何試合スタジアムに行ったのかねぇと思って数えたところ、ざっと44試合でした。
来年は大分に行ってみたいし、J1復帰した札幌にも行ってみたいですね。
出来れば札幌ドームでやって欲しいですが、野球との兼ね合いなだけに、どうなるでしょうか。
あー、今年みたいに3月にアウェイ新潟とかアウェイ札幌とか入れるのは止めてください<なんて自分勝手な
あと、今年は川崎と大宮から勝利を奪えませんでした。
去年も名古屋に勝てませんでしたし、来年はも全チームから勝利を期待したいですね。
…というわけで、随分早くヒマになってしまいましたが。
もし余裕があったら、埼スタで行われる天皇杯に、愛媛の応援でも行けたら行こうかなぁとか考えたりしてます。
毎度のことながらヨテイハミテイですが(ぉ
全公式戦を終えたということで、そろそろ契約更改、そして新戦力の話題も出てきそうです。
今後はそっちで楽しむくらいしかないですかねぇ…
(楽しい話ばかりとは限りませんけどね)
なにはともあれ、浦和レッズにかかわる全ての皆さん、一年お疲れ様でした。
また来年頑張りましょう!

人気ブログランキングへ
[PR]

# by warubee | 2007-12-17 01:49 | 浦和レッズ
2007年 12月 15日

いつかは逆のスコアに…

FIFAクラブワールドカップ・準決勝

浦和レッズ 0-1 ACミラン(イタリア)

「普通に行けば」とかいう常套句がありますが…

「普通に行けば、インドネシアのチームには大勝できるでしょ」とか、
はたまた「普通に行けば、浦和がACミランに勝てる訳ないよね」ですとか。

ACLの決勝の時のエントリでも書いた気がするんですが、頭ではこういうイメージはあるものですが、
実際そうなってみないと、本当にそれが「普通」なのかというのはわからないものでして。
ACLのグループステージ初戦はインドネシアのペルシク・ケディリに3-0で勝ったわけですが、
それでも前述したとおりの妙なイメージというか先入観に囚われていたりしていて、
「なんだよ、たった3-0か」と思ったりしました。
でも、終わってみれば、どこであろうが決して油断できないクラブばかりだということを思い知りました。

さて、それではACミラン。
確かに凄い選手ばかりで、随所に「うぉぉ、さすがだよなぁ」と舌を巻くプレーはあったんですけど、
それでも、「んー、でも思ったより怖さはなかったかな」という印象を受けました。
特に、開始15分くらいは明らかにエンジンかかってないなと感じましたし、その時間帯は攻めてもいたと思うので、
そういうときにどんな形であれ得点できていたりすれば、かなり面白くなったとは思うんですけどね。
まぁ、もっと攻撃的なチームが相手ならそうは思えなかったんでしょうし、そもそもこの日のミランが「何%」かもわからないですし。
間隔が開けばいいというものではないのはレッズを見てわかっているし、慣れない日本での緒戦でもありましたし。
そこはあくまでブログ主の印象度ということなので、文句言われても困ります。(ナンデスト
でも、インザーギの投入なんかは「引っ張り出せた」形だったのではないかとも思いますし、
前半終了間際だったかに大型ビジョンに映されたアンチェロッティ監督の表情は、
「こんなはずじゃなかったんだが…」とでも言いたげに感じました。
もちろん贔屓目フィルターかかってますけどね(ぉぃ

もちろん、実際は勝てなかったわけですし、これで世界に打って出ていけると堂々と語るほど足元が見えてないわけでもないですが。
それでも、少なくとも今のレッズで「この日のミラン」相手ならこれくらいの試合は出来るんだということは知ることが出来た。
足りないこと、改善点がわかれば、そこを補うようにすれば、より上にいけるということですからね。
また、今年はリーグ連覇も逃していますが、それも貴重な経験として次に活かしていけば良い訳ですし。
来年はGSがないとはいえ、ACLと平行で戦っていく術も持っていますからね。
その点はアドバンテージにしていかないといけないと思いますが。

そういや、さっき元鹿島のレオナルド氏のインタビューなんか見ましたが、その中で印象に残ったのは、
「ミランには勝てないという先入観を捨てなければ」ということでしたね。
ブログ主も、どこかでそういう考えは捨てきれていませんでしたし、なんか選手の動きを見ても、
なんか遠慮してるのかなというか、意識しすぎだなという印象は受けました。
よく言う、「リスペクトしすぎた」という奴なんでしょうかね。
まぁ何にせよ、初めて得た同じ目線で比較する機会だったわけですからね。
「あれを善戦と言われるなんて、思ったより低く見られていたと悔しかった」という人がいましたが、
向こうとてどれくらいレッズが出来るのかというのはわからなかったと思いますしね。
代表のこれまでを見れば、そんな高評価を望んでも…とは思いますし。
これから時間をかけて、その評価を覆して行きたいですね。

惜しむらくは、アジアにいる限りこういう一流のクラブとの真剣勝負が絶対的に少ないことですよね。
なんせ、向こうは毎年強豪同士で対戦しているわけですからね、CLの舞台で。
こっちは、ACLを勝ち抜いて、やっと1試合できるという程度ですからね…
そりゃ、レベルに開きがあるのは当たり前です…
今度、ナビ杯と、南米のスダメリカーナ杯の優勝クラブ同士で試合をするそうですが、
これもどれほどの真剣勝負の場になるんでしょうか。
「なんで日本なんか行かなきゃ行けないんだ。でも契約だし、テキトーにやっとけやっとけ(誰だ)」というような感じでは困りますしね。
今年である程度満足感も得られましたが、同時に来年もこの舞台で戦いたいという欲も出たりして。

そうやって色々考えると、欧州のクラブでプレーすることはやっぱり重要なんだなと改めて実感しました。
今回、イタリアでも何人かは(社交辞令的なものはあるにせよ)なかなか良い採点をされているようですし。
そういうところから、日本人選手の地位が少しでも上がっていけば、それはそれで嬉しいことですしね。
そういや、長谷部のシエナ行きが怪しくなってきたらしいですが、どうなるんでしょうか…

さて、明日は3位決定戦、アフリカ王者、エトワール・サヘルとの試合です。
これがレッズにとっての今年最後の試合ですね。
ブログ主的にも、ACLの決勝以来勝利を見ていないので、最後を飾るという意味でも是非勝って欲しいものです。
最後を飾るといえば、おそらく明日がワシントン(あるいはネネも)の最後の試合ということになるのでしょう。
ワシントンについては色々思うところもありますし、またいずれ書くこともあるでしょう。
(これまでは少し遠慮してたということもあるし)
去年の優勝の原動力になったことは間違いないですし、感謝はしています。
最後の大活躍を期待してます。
相手のエトワール・サヘルについてはよくわかりませんが、アフリカのチームとの対戦というのも面白そうです。
アフリカといえば、カメルーンとかナイジェリアの代表とかが浮かびますが、
(最近だとコートジボワールとかも強いんでしょうか。疎いもんで)
クラブレベルだと良い選手はどんどん欧州とかに出てしまっていると思いますし、
いまいちイメージが沸かないですね。
ただ、それまで3連覇していたチームを破ったという事で、もちろん強い相手なのは間違いないでしょうけど。
ともあれ、終わりよければ…ということで、今年最後を勝って終わりたいですね。

人気ブログランキングへ
[PR]

# by warubee | 2007-12-15 20:52 | 浦和レッズ
2007年 12月 10日

あと2試合できる

FIFAクラブワールドカップ・準々決勝

フーラド・モバラケ・セパハン(イラン) 1-3 浦和レッズ

これでミランと対戦できます!(何

いや、あの反町監督のフレーズがなんとなく気に入ってしまってるもので(^^;

それにしても、これが一週間ちょい前には横浜で無様な姿をさらしたレッズかと思うような、
素晴らしい試合内容だったと思います。
今年の一番良かった時期(2週連続静岡遠征から中断明け前後くらい)は、ああいう感じの試合が出来てたと思うんですが、
やはりこの一週間、選手たちのコメントからも感じ取れましたけど、いい準備が出来ていたようですね。
まぁ、相手が3度目の対戦のセパハンということで、手の内を知っているやりやすさもあったかとは思うんですけどね。

全部終わってから書こうと思ってたことでもあるんですけど、オジェック就任後に目指すサッカーのキーワードとして、
「動いてスペースを作り、そこを活用する」というようなことを度々聞いた記憶がありますね。
(ちなみにもう一つは「サイドチェンジ」でしたが)
今日の試合なんか見てると、こういう感じのサッカーを目指したかったんだろうかという気がします。
「人とボールが動くサッカー」というのが最近のトレンドらしいですが、
こういうサッカーをコンスタントにやっていくことが出来るようになれば、
強いけどツマランなんて言われることも減っていくんじゃなかろうかと思ったりしますが…

あと、相馬が良かったですね。
どうも彼は、海外のクラブ相手のほうが燃えるんだかなんだかわかりませんが、良いプレーをするような気が。
去年のバイエルン戦とか、素晴らしかったですからね。
(あの時はアレックスとの共存に一瞬だけ夢を見たっけ)
印象に残った選手として相馬を挙げる海外のプレイヤーも結構いますしね。
次はミランが相手ですから、ますます燃えてくれることでありましょう。

…と、ここまでつらつら書いてきてなんなんですが、本当にミランと「勝負」できるんですね。
とは言ったって、向こうからすればやっぱり照準は決勝なのかもしれませんけどね。
それでも、レッズに勝たなきゃ次もないわけですからね。
これまで「親善試合」は多く見てきましたが、それより本気なことは間違いないでしょう。
フルメンバーで来るかはわかりませんが、それならそれで主力を引きずり出すような試合をして欲しいと期待します。
まぁ、どんな結果になるにせよ、せっかく実力で手に入れた、またとないチャンスですからね。
思いっきりぶち当たって、自分の力を試して欲しいと思います。

人気ブログランキングへ
[PR]

# by warubee | 2007-12-10 21:57 | 浦和レッズ
2007年 12月 04日

連覇を逃したよりショックな出来事

ロビーが靭帯損傷で全治6ヶ月って…_| ̄|○
泣きっ面に蜂とはまさにこの事だよなぁ(;´Д`)
最終節のことについてのエントリをずっと暖めてたけど、もうそれどころじゃない。
ホント、タイトルどおりの心境ですよ。
暢久や伸二も戻ってきたからとか、これでチャンスをつかめる選手が、とか無理矢理ポジティブに考えようとはするのですが…

ちょうど一週間後は、クラブワールドカップの初戦が行われますが、
なんかもうミランと戦うこと確定みたいな書き方されてるところもあったりで、
「そんなにセパハン(ワイタケレだとしても)は甘くねーよ」と思うわけですが。
ロビーを欠いて戦うとなれば、これは本当に痛手ですよねぇ…
ここまで来たら何が何でもミランとは戦いたいですからね。
文字通り満身創痍ですが、ミランとやることは選手にとっても大きな財産となると思うので、
なんとかもう一分張りして欲しいと思います。
それが終われば(少なくとも去年よりは)長いオフですから…

まぁ、ともかく嘆いても怪我は治らないので。
全治6ヶ月というのは常人の基準で言えばということだとは思いますが、
リハビリから試合に出られるまでということを考えると、やっぱりそれくらいはかかってしまいますかね…
ただでさえスロースターターなレッズですから、来年はどうなることかと不安にもなりますが、
そこは前述の通り、新たなチャンスが生まれるわけでもありますし。
逆に、ロビーがすんなり復帰できないくらい頭角を現す選手がいれば、それはそれで嬉しいことですからね。

まぁともかく、今は焦らずじっくり治して欲しいものです。
来日以来、怪我を除けば殆どオフらしいオフはなかったと思うので、この機会に体を休めて、
また怪我が治ったときには、あの素晴らしいプレーを見せてくれればと思います。

その日を待ってるよ、ロビー!

人気ブログランキングへ
[PR]

# by warubee | 2007-12-04 22:24 | 浦和レッズ
2007年 11月 28日

天皇杯サヨナラ

第87回天皇杯4回戦

浦和レッズ 0-2 愛媛FC

3連覇への挑戦はあっけない幕切れとなってしまいました。

つまるところ、愛媛の各選手の方が、やるべきことをしっかりやっていたということなんだろうと思います。
ボールを奪うまでには至っていなかった気もしますが、きっちりボールホルダーにはプレスかけてましたし、
ボールを失ってからの戻りもなかなか速かった気がします。
個々のレベルと言うことを考えれば、贔屓目も含めてレッズに一日の長ありかと思いましたが、
それでも役割をしっかり果たす姿には好感が持てました。
いずれJ1の舞台でまた勝負したいですね。
…というようなことは勝って言わなきゃしょうがないんだよなぁ(;´Д`)
こんなときに言っても負け惜しみにすらなりゃしない。

対してレッズははどうだったでしょうね。
なんか失点の仕方は鹿島戦そっくりだった気がするんですが…
こんな試合を土曜日やったら、本当に危ないと思いますよ。
ただ、逆に危機感感じてくれるんであれば、この敗戦も少しは報われようかと言うものでしょうが。

今日の試合も、いいリズムの時間帯に点さえ取っていればなんら問題は無かったと思うんですよね。
でも、ボールは支配していても、なんとなく回していて、なんとなくボールを失ってるって言う印象が強いです。
俺が何とかしてやると言う気持ちが全く見えなかったかなぁ…
その辺りを相馬には期待してるんですけどね。
去年埼スタで初出場したときだったか、クロスを阻まれて悔しさをあらわにしてた姿を今でもよく覚えてますよ。
ああいう気持ちを前面に出すところも彼の持ち味だと思うのですが。

選手の入れ替えについては、まぁ賛否あるところだと思いますが、
ブログ主としては休ませるなら永井の方だろうと予想してましたので、スタメン見て少し驚きましたね。
ロビーを休ませたことは賛成ですが、それならせめて伸二をベンチに置いて、わずかな時間でも勝負をかけるときに投入、
なんてことは出来なかったかなぁと、まぁ結果論ですが思ったりしました。
なんせ、永井がセットプレーのキッカー務めてたくらいですからね…
背番号9のプレースキッカーってあんまり良い思い出ないですし…
あと、小池君が交代待ちしてるときに1点目取られましたけど、前もそんなシーンありましたね。
色んな意味で間が悪かったですね、今日は。

なんにせよ、これで今年の試合は最大であと4試合で終わりとなりました。
もう、土曜日は後のこと考えて余力残す意味とかないですよ。
最初からガツガツ行って、何が何でも先制点をもぎ取ることでしょうね。
今日みたいに事をうまく運ばせていちゃダメだと思います。
相手のボールにはどこまでも食らい付いていくとか。
オフト時代のオールコートマンマークとまでは言いませんが、それくらい追い回したって良いでしょうし。
とにもかくにもロビーとワシントン、平川は休めましたし、長谷部、啓太、阿部もフルに出なかったので、
多少は余力が残ったと思います。
こうなったらオジェックに無理矢理交代カード切らせるくらい、飛ばして行って欲しいものです。

まぁ、せめてもの慰めは、これでオフが十分に取れるということでしょうかね。
そして来年はACLのGSも無いですし、ブルズカップみたいなのも今のところ無いですから、
じっくりとチーム作りが出来ますよね。
(それは逆に、今年のような過密日程と言うエクスキューズがなくなると言うことでもあるけれど)
これから世界に打って出るなら、もっと攻撃的で魅力あるチームにしなきゃいけないと思いますし。
特定の選手がいなくなって出来なくなるような攻撃サッカーではなく、
メンバーが入れ替わっても、レッズの伝統として伝えていけるようになって欲しいですし。
オジェックも、より攻撃的にやりたいと思ってるだろうと思うんですよね。
10年前に出来なかったことを今、という気持ちはあると思います。
来年こそ、叶わなかった「3年目」を見せて欲しいものです。

とまぁよくわかりませんが、そんな感じでムリヤリ自分を納得させたところで、今日はオシマイ。
(いつにもましてまとまりを考えてないので、余計なツッコミはご遠慮願いたく(ぇ)

人気ブログランキングへ
[PR]

# by warubee | 2007-11-28 23:55 | 浦和レッズ
2007年 11月 25日

やはり一筋縄ではいかなかった

Jリーグ第33節

浦和レッズ 0-1 鹿島アントラーズ

試合後の会見で、珍しくオジェックが「今日は勝ちたかった」と洩らしていましたね。
これまで、ともすれば勝つ気が無いのかと言われるような采配だったのも、
目先の勝利云々よりも、「最終的に」優勝することを見据えていたからだと思うんですが、
この試合に関しては、(結果的には)引き分けでも良かったのに、ホーム最終戦でもあり、
勝って決めたいという思いがかえって仇となった、というところなのでしょうか。

これで最終節までもつれたわけですが、相手は横浜FC。
残念ながら既に来季のJ2逆戻りが決定してしまっているわけで、
順位表そのままの力関係を示す試合が出来れば、当然神経質になることは無いんですが、
そう単純に行かないのがまたサッカーの醍醐味でもありますしね。
レッズナビでも話題になってたことですが、試合開始すぐの攻防は重要になりそうです。
つまりは、相手に「今日はいけるかも」と思わせないこと。
多分、向こうも色々「期待」してることがあると思うので、そういう希望的観測を打ち砕くような、
猛烈な攻撃なりプレスなりを仕掛け、「やっぱかなわねー(;´Д`)」とか思わせたい。
そうなると、負けが込んでるチームというのはだんだん悪い方向にハマって行くものだと思いますしね。
負のスパイラルとか言うとちょっとカッコいいですが(ぇ)、ともかくリズムに乗せる前に先制攻撃を仕掛けたいところかなと。

問題はそれができるかどうかでしょうかねぇ。
やっと1週間空いたと思ったら、また水曜には愛媛FCと天皇杯を戦わなければいけません。
出来れば数人休ませたいところですが、今年もガンバが山形に苦戦したり、清水が明治大に苦戦したりと、
色々起きてますから、ちょっと怖い気もしますしね…
レッズからレンタル中の選手も出てくるでしょうし、彼らの意気は警戒しなきゃいけないですからね。
まぁ休みたければ、自分たちの力で早めにリードを広げる展開にしろということでしょうか。
休暇をとりたければその分他の日に働け…ってのはちょっと違うか(^^;

まぁ、なんにせよこうなってしまったからには、横浜で勝てば良いわけで。
余裕を持ちすぎてもダメだけど、プレッシャーに感じる必要も無いと思いますし。
それぞれに出来ることを全力でやってくれさえすれば、結果はついてくると思います。
どうせCWCまでしばらく間があるし、喜ぶ気力さえ残らないくらいで、どうか一つ(^^;

人気ブログランキングへ
[PR]

# by warubee | 2007-11-25 23:44 | 浦和レッズ
2007年 11月 18日

「あと一勝」まで来た

Jリーグ第32節

浦和レッズ 0-0 清水エスパルス

さて、ACLの決勝から中3日。
さしものオジェックも、多少メンバーをいじってきましたね。
永井の1トップで、その下にロビーと長谷部、阿部がボランチに上がり、右に平川、左に相馬となりました。
特に相馬の起用は「おっ(^^)」って感じでしたけどね。
今年の彼にかける期待が大きかっただけに、ちょっとこれまでのパフォーマンスは不満がありましたし。
来年アレックスが戻ってくれば、また違ったりするんでしょうかねぇ…

試合のほうは、やはりと言うか難しいものになりましたね。
啓太が前半の早い段階で交替せざるを得なかったこともあると思うし。
どうやら次節は大丈夫な感じなんで一安心ですけどね。
怪我したのが頭だったし、しばらくピッチ上で治療してたんで、ちょっと心配してたんですけども。
ワシントンを欠き、達也もベンチ外だったし、ちょっと打つ手が無かったと言うのもありましたかね。
特に達也は、今日は使ってくると思ってましたが…
(そのためのACLでの休養だと思っていたし)
まぁ、直前での体調不良とかも有り得るし、事情を知らないので勝手なことは言えませんけど。
こういうとき、安心して小池を送り出せるくらい経験積ませていれば良かったのかもしれませんけどね。
この辺りは来年(もちろん今季残りも)の課題になるのかもしれません。
そうそう、今日のベンチには堤、中村、西澤、小池とユース出身が4人も入ってましたね。
オジェックのコメントを見る限りでは、言葉は悪いが頭数みたいな感じだったようでもありますが、
ベンチとはいえ試合の雰囲気を経験できたことは決して無駄じゃないと思いますし。
来年は彼らに頑張ってもらわなきゃいけないことになるかもしれませんからね。
こういう経験をすることで、「ベンチじゃなく試合に出たい」と思うことをモチベーションにしていってくれれば良いなと。
それと、今日の清水はなんだかサイドにスキがあったように思えました。
オジェックもハーフタイムにサイドを使えと指示してたようですが、サイドの攻防でチャンスを作れていた場面もあったので、
あとは中の枚数さえあればということが多かった気がします。

それから、一つ残念なこと。
MDPで知りましたが、ACLの決勝で北ゴール裏の椅子が壊れたらしいですね。
せっかく素晴らしい成果を上げた日だというのにこういう事があると…
本人は自覚してると思いますから、これを機会に自分の行動を省みてくれたらいいなと思います。
(「過ちて改めざる、これを過ちという」って言葉があるそうで)
もちろん自戒を込めて、ですけどね。
スタジアムでは「色々な人」を見かけますが、自分は果たして迷惑をかけていないかどうか。
もちろん日常生活でもそうですが、常に考えていかないといけないなと思っております。
ほんのちょっと考えれば、世の中随分上手く回ると思うんですけどね。
「気は遣うのではなく利かせるもの」という言葉もあるそうですが、深いなぁと思いますねぇ…
ちなみにブログ主の座右の銘は「己の欲せざるところ人に施すこと無かれ」という孔子の言葉だったりします。
なかなか上手く行かないですけどね。

閑話休題。
ガンバがFC東京に引き分けたため、次節レッズが鹿島に勝てば、Jリーグ連覇が決まるということになりました。
鹿島と言えば、93年の1stステージを制したわけですが、その時の場所が駒場でしたね。
古いレッズサポにとっては忘れたくても忘れられないことかもしれませんが(^^;
ブログ主としても、この試合をきっかけにサッカーを見るようになったので、ちょっと縁は感じで、ますが。
その鹿島を破って連覇となれば、これ以上ないことだと思います。
(ナビでは勝っていますけどね)
もちろん、向こうも逆転優勝の目があるし、最低3位キープでACLと言う目標があることを考えても、
凄い試合になることは間違いないと思います。
ただ、ホーム最終戦とかいう試合には強いレッズですしね。
(昔、何故か富山でやって大惨敗したこともあったが…)
今度は水曜に試合が無いし、しっかり調整できるでしょうから、お互い現時点のベストで戦えると思います。

しかしアレですね。
今年埼スタで試合が出来るのは、土曜日と、あとは天皇杯準々決勝くらいなもんですか。
なんかあっという間ですねぇ…
ともあれ、悔いを残さないようにしたいものです。

人気ブログランキングへ
[PR]

# by warubee | 2007-11-18 23:19 | 浦和レッズ
2007年 11月 16日

ただ祈ることしか出来ない…

日本代表のオシム監督が倒れられたと聞き、思わず絶句してしまいました。

今はただ快復されることを願うばかりです。
そして、オシム監督が代表に選んでくれた啓太や闘莉王、ジェフ時代からの愛弟子である阿部達が、
クラブワールドカップで世界の強豪相手に戦う姿を、是非その目で見て欲しい。
スタジアムに来るのは難しくても、せめてテレビで…と願いたい。
そしていつもの、あの辛口だけど愛のある口調で感想を聞かせてください。
また、「相変わらずだなぁ、この人は(^^;」と苦笑いしたいよ…

つい先日聞いたようなフレーズだけど、日本サッカーを愛する人みんなが、オシム監督が帰ってくるのを待っていると思います。

…だめだ、上手く書けない。
とにかく、自分に出来ることは祈ることだけです。
[PR]

# by warubee | 2007-11-16 23:19 | 浦和レッズ