<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 25日

雪辱はリーグ戦にて

ゼロックススーパーカップ

浦和レッズ 0-4 ガンバ大阪

まぁ、あれですよ。
余計な幻想からはさっさと覚めておけと言う忠告だと思っておくことにします。
負けることの悔しさを思い出せておけたのは良かったと思います。
ガンバを動かしていたのも、またそんな気持ちだったとも思いますし。

さて、今年初の公式戦となったゼロックススーパーカップ。
昨年と同じく、ガンバ大阪との対戦でしたが、まぁ惨敗ですね。
あれくらい完全にやられると、逆にすっきりするくらいですな。
敗戦は昨年のアウェー名古屋戦以来ですが、これほどの完敗となると、
昨年5月のアウェージェフ戦くらいまで遡らないと記憶にないですね。

まぁ、やる前から色々と言い訳の余地はある試合ではありましたけどね。
天皇杯を決勝まで戦ってオフが…というのはガンバも同じなので理由にはなりませんが、
怪我人が続出したり、オーストリアでの大会に参加して過密日程であったり、
(天皇杯では逆に楽な日程だったとケチをつけられたので、言い訳してもいいでしょう)
一番大きいのは、監督がオジェックに変わって、まだチーム戦術を浸透させている段階ということでしょうか。
ガンバは、西野監督の描くサッカーをほぼ全員が理解していて、完成度もかなり高くなっていると思いますが、
その差が一番大きかったような気もします。

とはいえ、オジェックのコメントにもある通り、前半の25分ごろ、というか先制されるまでは、
かなりいい内容であったと思います。
天皇杯決勝では、ピンチは迎えるものの、最終ラインの踏ん張りで完封しましたが、
この試合では、パスの受け手をしっかりマークする形で、思うようなパス回しをさせなかったという感じでした。
後ろで回させて、苦し紛れのロングパス、という場面も何度か見られましたしね。
スタンドから見ていて、「うまく守ってるな」という印象すら受けたくらいでしたから。
ただ時間を経るごとにそれがうまく行かなくなり、中盤を制圧されて、先制された後の崩れようは酷いものでしたが。

ブルズカップでも、オジェックは守備から攻撃への切り替えを課題に挙げていましたが、
うまく守れている時間帯に先制出来なかったことも大きかったでしょうかね。
昨年は、攻撃と守備でお互い信頼関係のようなものがあったと思います。
「頑張って守っていれば、必ず点を取ってくれる」
「1点とりさえすれば、後ろは必ず守ってくれる」というような。
今のチームにはそういったものは感じられませんね。
特にワシントンがまだまだ本調子ではないと思いました。
ブルズカップでも思うようなプレーは出来ていませんでしたが、それはそれで仕方ないとして、
うまく行かないからといって気持ちを切らしてしまっていたのはいただけない。
ロビーも意味のないカードをもらっていたりしましたしね。
ああいうときに誰が抑えるのかというのも、レッズにずっと付いて回っている課題なのですが…
本来はキャプテンの暢久なのでしょうが、どっちかというと一緒に熱くなってる方ですからねぇ…
その辺の役割も、阿部に期待していたりはするのですが。
やっぱり闘莉王の欠場は痛かったですかね。

あとは…ネネが積極的に攻撃参加していたのが印象的でした。
システム的には、3バックのストッパーでしたが、4バックの左みたいな感じでしたね。
もともとシュート力はある選手なんで、どんどん攻撃参加していって欲しいとは思います。

そうそう、山岸に対する野次が酷い輩が2つ後ろの席にいましてねぇ…
後半の失点は責任と割れても仕方ない面はあるにしても、前半は守備が崩れたせいでもあるんで、
そんなにいえるほどのものじゃなかったとは思うんですがね。
まぁ、そいつは「シュートで終われよ!」とか言っておいて、直後に平川がシュートした後、
「そこはシュートじゃないだろ」とかなんとか、一貫性のない事言ってたからなぁ…
あんな試合展開でイライラするのは分かるが、周りを不愉快にする野次はいただけませんな。
…と、これは自戒を込めてですが。

まぁそんなわけで、新聞的には格好の記事ネタを提供してしまった形ですが。
とりあえず開幕まではあと一週間ありますから、少しでもいい形に持って行って欲しいですね。
相馬はおそらく大丈夫ということなので、伸二とはまた違った左サイドが見られると思いますしね。
横浜FCのことは何も知らないんで何も言うつもりはありませんが、開幕戦が終わったとき、
「なんだ、やっぱりゼロックスの時はどこかおかしかったんだな」と言えるような試合を期待します。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-02-25 23:19 | 浦和レッズ
2007年 02月 21日

ルールは守るために。

オヒサルに藤口代表のコメントが。

ってか、「無札入場行為」って、それはいくらなんでもマズいでしょうよ。
それって、無銭飲食とか無賃乗車と同じような罪になるんじゃないんですかね?
(ちなみに分類は詐欺罪らしいですが)
係員とのトラブルって言うのも、ともすれば先日のイタリアでの一件を思い出してしまいます。

やってる本人たちはそれで満足かもしれないけど、万一のことがあったらどう責任を取るつもりなんでしょう。
イタリアでの事件のように、下手をすれば人命が失われることだってないとは限らないし、
オランダではフェイエノールトが、サポーター(自称とつけるべきだな)の暴動の責任を問われて、
国際舞台から締め出されたってことも記憶に新しいことです。
もし、「一部の」サポーターが暴れたせいで勝ち点剥奪なんてことになったら、責任なんて取りようがないですよね。

これまでにも色々ありましたけど、処分とかそういうところまでは至っていませんでしたが、
藤口さんのコメントにあるような事をやっていたら、そのうち処分が下るかもしれませんし。
ここ数年は成績も良かったから、あまり不満が爆発とか言うこともなかったですけど、
今年は包囲網も厳しくなるだろうし、伝え聞くニュースもあまり良いものはないですからね。
サポーターにとっても我慢の時が続くかもしれませんから…

別に聖人君子になる必要もないんだけど、最低限守るべきものはあるはずですし。
そんなことをしてクラブのサポートになるとは思えませんからね。

まぁ、熱さの方向を間違えないように、ということでしょうかね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-02-21 22:09 | 浦和レッズ
2007年 02月 14日

見てないけどブルズカップのこと

ブルズカップ
レッドブル・ザルツブルグ 3-1 浦和レッズ
バイエルンミュンヘン    3-0 浦和レッズ

※0勝2敗で最下位

いやー、ボコられましたねぇ(^^;
まぁ、世の中そんなに甘くないってことですよね。
長距離移動に時差ボケ、シーズン前の調整段階、慣れない環境…
今まで日本に来た海外のクラブは、大体そんな事情を抱えていたと思うし、
レッズがその立場になってみると、やはり難しさを感じますね。
元々のレベルがまだまだ低いんだからなおさらですよ。
だから、招待(もしくはアジアツアーとかいう…)の親善試合で勝ったからって、
それで舞い上がってるようじゃダメってことですかねぇ…
去年バイエルンに勝ったことももう忘れないと。
いずれはガチンコ勝負で勝てるようになりたいですね。

さっきニュースでちらっと映像見ましたが、闘莉王があんなにあっさり振り切られる場面は初めてみたような。
というか、全然粘れてないじゃないかというのが正しいような気もするんですけどね。
まぁ、シーズン始まってあんな調子じゃ困るんだが、そこはきっちり調整してくるでしょうし。
それにしても、まさかオーストリーに行ってまで怒鳴る都築を見ようとは(^^;
天皇杯からずっと苦労のし通しですなぁ。

ザルツブルグの方は名前見ても全然わからないけど、バイエルンはフルメンバーとはいえないまでも、
デミチェリス、ショル、アリ・カリミ、ファン・ボメル、シュバインシュタイガー、サンタクルス、ピサーロと、
それほど海外の選手について詳しいわけでもない筆者でも知ってる人が結構出てましたね。
そんな相手に対してこの出来だったからって、鬼の首取ったように不安だと書き立てる新聞がありましたけど…
むしろ不安なのは、今後戦術の理解を深める段階で代表に6人も取られることなんですがねぇ。
といってもそれは仕方のないことなんですが。

まぁともかく。
選手たちもだいぶ悔しい思いしてきたようです。
ヴォーダフォンカップでボカにコテンパンにされて、そこから優勝につなげた04シーズンの再現を期待します。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-02-14 22:37 | 浦和レッズ
2007年 02月 09日

嫌なニュースは聞きたくないものです

イタリアの観客(「サポーター」ではない)の暴動のこととか気合入れて色々書いたのに消えちった(;´Д`)

えーと、なんかキャンプ中の各クラブから、大怪我のニュースが聞こえてきますが、
もうすぐオーストリアに旅立つレッズの選手たちも、怪我だけには気をつけて欲しいですね。
あちらはシーズン中ですから、あんまり無茶はしてこないとは思いますけど。
慣れない人工芝ですし、あくまで親善試合ですから、アピールしたいあまり突っ走らないようにお願いしたいものです。

ところで、清水が戸田選手の怪我の補償をロッソ熊本に求めるとかそうでないとかいうニュースが。
だったらレッズも、達也の補償を柏に求めてよかったということなんですかね?
優勝争いの真っ只中にエースFWを奪われるのと、シーズン前の大事な時期に期待の新戦力を奪われるのと、
それぞれの立場は違えど大打撃には違いないし。
(公式戦は勝負の場だから(ある意味仕方ない)というのは、「理解」はできても「納得」はしかねますし)
あの時はレッズサポの方がやや暴走気味だったから、逆にこっちが批判されることもありましたけどね。
(ダービーでのブーイングすら鬱陶しいとか言われたし)
思うところは今回の清水サポーターの方と同じだと思います。

いずれにしても、怪我のニュースというのはどこの選手の話であろうとも聞いて気分のいいものではありませんしね。
全治3ヶ月と聞きますが、6月23日に日本平でやるときはちょっとまだ無理でしょうかね。
ともあれ、順調に回復されることをお祈りしております。

しかし上村は…
色々苦労話も聞こえてきて、良いイメージを持ちつつあったのに、今回の件で完全に嫌われたでしょうね…
唯一の救いは向こうがJFLだということくらいか…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-02-09 23:41 | サッカー