<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 27日

勝ちたいんや。

J1リーグ 第32節

FC東京 0-0 浦和レッズ

試合時間も残り数分となり、なにやらざわめいているレッズベンチを見て、
03年2nd最終節の、鹿島ベンチを思い出していました。
あの時は、鹿島を最後の最後でどん底に叩き落してやることが出来ましたが、
今回はガンバが最後の最後で逆転し、レッズの優勝はお預けとなりましたね。

そう、あくまで「お預け」になっただけです。
今シーズン、散々レッズをひいきしてくれたサッカーの神様が、最後に与えた試練。
最後くらい、自分たちで勝って決めなさいと言っているんでしょう。
今までずいぶん助けてもらいましたからね。
こんな土壇場まで来て天佑を望むのは、やはり贅沢というものでありましょう。
「天は自ら助くる者を助く」といいますし、「人事を尽くして天命を待つ」とも言います。
神の手の助けを望むのは、やるべきことをやってから、ということなのでしょう。

試合後、三浦文丈選手の引退セレモニーがありました。
彼のことは全くと言っていいほど何も知りませんが、実に義理堅いというか、律儀というか。
散々ブーイングしてきた我々にまで挨拶してくれる義理なぞこれっぽっちも無いというのに、
何度も深々と頭を垂れる姿を見て、心より労いの拍手を贈らずにはいられませんでした。
こういうところが、サポーターに愛された理由なんだろうなぁと思いましたね。
去っていく背番号10を見ながら、なんとなくじんわり来てしまいました。
また一人、Jの歴史を作った男がピッチを去っていくわけですね…
本当にご苦労様でした。
これからの更なるご活躍を願っております。

さて、長かったリーグ戦もいよいよ最終節。
今年一年が「最高」の物になるか、それとも「最低」となってしまうのか。
全てはこの一戦にかかっています。
ガンバの宮本選手いわく、
「まず1点取って、2点目を取れば相手は落ち着きがなくなって…」だそうで、
確かにそうなんですが、それはこちらから見ても同じことです。
何とか先手先手を取っていき、相手を焦らせる展開に持ち込みたいものです。
そして、埼スタを赤く染める我々サポーターがその後押しをする。

味スタでは、こともあろうに試合中寝ていた(比喩でなく)人がいたそうですが、
そんな人はチケット譲ってテレビの前で飲みながら見ていてください、と敢えて言います。
特にゴール裏には、本気で勝ちたいと思える人だけがくるべきだと思います。
(そういう住み分け論は暴論と言われるでしょうが、この試合に限っては…)
そうでなければ、無念にも参戦できない人たちに対して失礼です。
もちろん全力を尽くして戦う両チームの選手たちにもです。
酒なんてものは、勝ってから祝勝会でいくらでも飲めますから。
ってか、レッズの勝利と酒とどっちが大切なんですかという感じですが。
口先だけの「We Are REDS!」は聞きたくありませんので。

声を出すのはどうしても…というのであれば、手拍子だけでもいいです。
それに、案外やってみると大声出るかもしれませんよ?(^^)
結構、自分で限界決めちゃってるって事、ありますからねぇ。
とにかく、直立不動というのはご勘弁願えませんでしょうか…
どんな形でもいいから、レッズを勝たせたい!という気持ちを体で表現してみませんか?
それが出来るのが、スタジアム観戦の醍醐味であると思いますし…
筆者は阪神ファンではありませんし大阪の人でもないですが、今の心境はまさにタイトルの通りです。

ともあれ、もう他会場の結果に一喜一憂する必要はありません。
(ハーフタイムの他会場途中経過も要らないと思うが、そうは行かないんだろうな)
どんな結果になろうが泣いてしまいそうな気もしますが、(^^;
どうせなら勝って泣こうじゃありませんか。

あぁもう、仕事が手につかないなぁ<オチは要りません

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-11-27 23:34 | 浦和レッズ
2006年 11月 25日

王手。

J1リーグ 第32節

浦和レッズ 3-0 ヴァンフォーレ甲府

やっぱり横断幕の話は避けて通れませんね…
選手、サポーター、フロント、そのほか甲府にかかわる全ての方にお詫び申し上げます。
(自分ごときに詫びられて収まるとは思えませんが)
「その手の野次」は出るかも、とは予想していたんですが、まさか…
過去の過ちは過ちとして、再度頑張ろうとしている人に対する最低の仕打ちでした。

これまで、レッズのみならず、いろんなクラブの「サポーター」が起こした揉め事はありましたが、
そのたびに迷惑をこうむるのは、「ごく普通」にクラブを愛する「サポーター」なわけです。
今回だって、「レッズサポ」として全てが括られてしまったりするでしょうしね。
(まぁ、色々と「前科」はあるわけなのですが)
ただ、今回に関しては、掲示された場所からして殆ど気づけなかったと思います。
(メインと南サイドスタンドの間かと思われますが)
少なくとも北サイドスタンドにいて全然わかりませんでした。
まぁ、自己弁護になってしまうのですが、止めなかったから全員同罪だ、とか言われてしまうと、
それはちょっと辛いかな、と。

別に聖人君子になれとかいうつもりはありませんが、人としてそれはどうか、
という行為をする意味というのもわかりませんし。
嫌われるにしても、「憎たらしいくらい強く」なるくらいでいいじゃないか、と。
(俺らのホームに大挙して来やがってとかいうのはまったく的外れだと思うけど、それはまた別の話)
相手をおちょくったりして喜んでいたりするのは、やっぱり違うかなと思いますから。

クラブが速やかにコメントを発表したのは良かったと思います。
レッズのオフィシャルは「シンプル」な作りですから、トップページにそのまま載っていますしね。
問題は、この後をどうするか、でしょうか。
入場禁止とかは果たして現実的なんだろうかと思いますけど、何らかの方向は示して欲しいと思います。

何より、当事者が「We Are REDS!」と叫んでいたのかと思うと、それが一番不愉快なのですが。

さて、試合については簡単に。

ワシントンがPKを2度はずしてくれたときはどうしてくれようと思ったものですが(^^;
相手GKの、ブラジル人の性格まで読みつくした見事なセービングを誉めるべきなのでしょう。
後半きっちり取り返してくれたのはさすがでした。
来日中のお父さんもきっと喜んでくれたことでしょう。

帰宅して、この試合のスタッツを見て驚いたこと。
闘莉王のシュートがゼロだ!(ぉぃ
あれだけ職場放棄上がっていた割に、シュートを打っていなかったとは驚きでした。

早熟かと思っていたら、実は大器晩成であったらしいキャプテン。
とりあえず今シーズン終了までは、このままでお願いいたします(^^;

甲府のサッカーは初めて見たが、退場者がいなければどうだったか…
そう考えると、今年は岡田主審との相性はさほど悪くないかも?(^^;

ビジュアルの準備された皆様、ご苦労様でした。

というわけで、明日のFC東京戦にて、早ければ決まりますね。
あちらも、三浦文丈選手が今季で引退との事で、そのセレモニーらしきものがあるそうで、
最後のホームを勝って送り出そうと燃えているようです。
それが、あちらにとってのプレッシャーになってくれればいいなとか(^^;
むしろ、何も無い相手のほうがやりにくいような気もしています。
それにしても、また一人J創成期を支えた選手がピッチを去るのですね…
その頃から見続けているものとして、ますます寂しくなります。
三浦選手とは縁もゆかりもありませんが、お疲れ様でしたと申し上げたいです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-11-25 17:25 | 浦和レッズ
2006年 11月 22日

一応名古屋戦のことを

J1リーグ 第31節

名古屋グランパスエイト 1-0 浦和レッズ

明日はもう甲府戦って事で、一応書いておこうかということで(何
プロ野球のドラフトとかも触れようかと思ったんですがね。
まぁ、そっちは明日の出掛けにでも上げていくかも。

閑話休題。

以前から苦手といわれた東海アウェー。
今年も、エコパで清水に敗れ、ヤマハで磐田に敗れていましたから、
いやな予感はありましたけど、ここまできて苦手とか言っていられないだろうと言う事で、
勇躍名古屋へ乗り込みました。

シュート数が示すとおり、終始レッズが攻めていた印象はありました。
特に後半開始からしばらくの時間帯が顕著で、もう面白いようにセカンドボールを拾えていましたね。
そこからサイドに展開、というところまでは上手く行っていたので、
これを繰り返せば点は取れるという雰囲気はあったと思います。
ただ、一方で1点勝負になりそうだという予感もあったので、「雰囲気にとどまってしまった」ことが悔やまれますね。
その雰囲気も、だんだん時間が進むにつれて薄れていっていたようでした。
ワシントンがきっちりマークされ、エリア内にも進入できず、苦し紛れのミドルが目立つ。
しかも枠に飛ばないものだから、何の可能性も感じられなかったです。
そうこうしている内に、絵に描いたようなカウンターを決められ、もっとも警戒していたはずの
ヨンセンに、ゴール隅に流し込まれてしまった。
結局残り時間も、有効な攻め手を見出せないまま過ぎ去り、試合終了。
今年の東海アウェーは全敗という結果になってしまいました。
対名古屋は今年は無得点で、どちらかの試合で必ず勝利を収めていた記録もストップ。
これは重症なんだろうか…?

4バックにしたことがどうだとか、突然降って沸いた「あの話」の影響がどうだとか、
色々言われておりますが、難しい話はわかりません。
とりあえず全部勝つということはずっと言い続けていることですし、
強がりでもなんでもなく、適度なプレッシャーが無いとゴール裏で緊張感の無い人もいますし。
自分自身今回は悔いを残してしまったので、残り試合は悔いを残さず行きたいものですが…

そういや、帰りに名古屋駅でレッズの選手たちに出くわしました。
ホームに上がっていったら、なにやら赤い人たちが多いなぁと思ってたんですが、
なんとそこにギド&山内通訳が。
都築とか、闘莉王、ネネ、ロビーに達也もいたかな。
せっかく(?)なんで写真の一枚でも…と思わないでもなかったんだけど、
考えてみたら、「そんな要求できるほどのサポートが今日の試合で出来たか?」
ということで、遠巻きでギドを一枚撮らせてもらうだけにしました<結局撮ったのかよ(ぉぃぉぃ
ま、くだらん意地ですけどね。
ってか、負けた試合の後に声かけづらかったってのもあったんですけど。
ギドの表情もなんとなく冴えなかったですし。

まぁそんなことはさておき。
次は無敗のホーム、埼スタにて甲府戦です。
アウェーでの対戦では、苦しみながら引き分けに持ち込みましたが、果たして今回は…と。
甲府には申し訳ないが、今回は譲るわけには行きませんからね。
明日は天気が怪しいですが、今のところ雨の予報は出ていないようですし、
前回のマリノス戦のように、あれだけ売れて52000台というのはちょっと勘弁…というか。
皆様色々とご事情はおありでしょうが、チケット持ってる方はいらして欲しいですね…
「今日は勝つかなぁ」、なんて会話を聞いたりするんですが、「俺らの後押しで勝たせるんだ」、
くらいの気持ちで臨んで欲しいものです。
外野から、「なに思い上がってるんだ」とか言われたっていいじゃないですか。
実際、今首位ですs、清水の長谷川監督のように「雰囲気に呑まれた」と言う人もいますし。

まずは明日、何とか勝ち点3を獲得して、川崎さんにお引取り願えるようにしたいものですね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-11-22 23:32 | 浦和レッズ
2006年 11月 17日

ギドのこととか

豊スタまで遠いなぁとか思いつつ(何

なるようになるだけなんで、あんまり触れてもしょうがないんですけど。
今年の「勝利至上」な采配を改めて考えてみれば、「今年限り」という思いも透けて見えないことも無いですしね。
ご家族の問題がすっきり片付いての続投ならいいですが、そこのところを曖昧なままにしても、
ギドとクラブ、双方にとって良い結果になるとは思えません。
今は今年限りとしても、息子さんが自立した後、奥さんを伴って再び来日、
などという可能性だって無いわけじゃないですしね。
(と勝手に思っているだけなんだが)

そういや、さっきとある番組で見た(聞いた)んだけど、チェルシーのモウリーニョ監督が、
「うちのサポーターはおとなしすぎる。もっと歌ってくれ」と言ったとか何とか。
ギドがドイツに帰るなら、向こうに戻ってどこかの監督になったとき、
「やはり浦和のサポーターが一番だったな」と思わせるようなサポートを、
今年の残り4試合+天皇杯でギドに見せ付けてやろうじゃありませんか。

…まぁ、一つはっきりしてるのは、ヒロミは無いだろということですか(^^;
好きな監督ではありましたけどね。
「元祖・利き足は頭」にこだわったところ意外は(ぉ

どんなことでもモチベーションに変えなきゃやっていけませんね…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-11-17 22:54 | 浦和レッズ
2006年 11月 11日

雨は嫌いですが、雨上がりは好きです

J1リーグ 第30節

浦和レッズ 1-0 横浜F・マリノス

えー。
07年版壁掛けカレンダーの、永井の写真がもの凄くカッコいい件について。

……あれ、違う?(マテ

あぁ、倉敷保雄アナはやはり名実況であるという件についてでしたか<それも違う

とまぁ、意味不明なボケ(本心なんですけどね(^^;)をかましたところで。
タイトルの意味についてもツッコまないでください(何
いやでも、ホントに永井の写真はカッコいいですよ。
さすが浦和のベッカム(マリッチ談)という感じでしたね。

ともかく際どい試合でしたね。
坪井と堀之内が欠場ということもありましたし、それでなくてもマリノス戦は常に接戦を演じていましたからね。
終盤のマリノスの猛攻には、何度肝を冷やしたことか。

けが人が多いということで、スタメンもいじってきましたね。
まぁ、内舘の起用は予想通りとして、都築と永井は少し驚きでした。
山岸が、胃の痛み(!)前日の練習を欠席したという話がありましたが、その影響があったのでしょうかねぇ…
たかが胃痛じゃないのかとも思いますが、ベストな選手を使うという点ではしょうがないところでしたでしょうか。
プレー自体不安定ということは無かったと思いますけど、DFとの意思疎通が少し不安でしたかね。
そもそもネネとは相当久しぶりのはずですし。
次は山岸も万全になると思いますが、「都築派」の筆者としては、都築を見たいかなぁ(^^;
永井の方は、ウォームアップに出てきたのを見てスタメンなんだなぁと思いましたが、
使うなら2トップの一角かなと思ってました。
マリノスの左には攻撃力のある選手がいますから、そこに暢久を当てるのかとか思ってました。
まぁ、結果的にうまく行ってくれたので良かったです。

今日は朝から雨が降り続いていたので、非常に滑りやすく(まだ受験シーズンじゃないですよね(^^;)なっていましたね。
あのキックの名手都築でさえ、足元の不安定さゆえか、弾道が乱れていたほどでしたし。
とはいえ、ロングボールの応酬のようなゲームにはならなかったのですね。
まぁ、スリリングだったのは良かったのか悪かったのか(^^;

それにしても、得点シーンは素晴らしかったですね。
今は「あちらの10番」になってしまった彼が膝を怪我したとき、代わりのトップ下が誰かというとき、
ひそかに「永井とか結構良いんじゃないかなぁ」と思っておりました。
いや、彼はなかなかスルーパスとか上手いんですよ。
元がFWだからシャドー的な役割も果たせると思うし、結構面白いと思ってたんですが、
まぁ今は右サイドのほうが適しているとは思いますが。

さて。
ガンバと川崎が負けたという話も伝わってきましたが、そんなことは気にする必要もありません。
相手が勝とうが負けようが、自分たちが勝てば良いだけの話…と前も書いた気がしますが、
どうもそう思われない方も大勢いらっしゃるようで。
まぁ喜ぶのは自由ですが、それで油断されては困りますよ、と。
兵法(何?)にも、相手をわざと勝たせておいて、勝ちに驕り油断したところを一気にたたく、
なんてのがありますからねぇ。
ってか、1試合で勝ち点3しかもらえないのにそんな危険なことする意味は無いんですが、
まぁくれぐれもご油断召されるなって事で。
とにかく目の前の試合を一つ一つ勝っていくこと、その上で相手が負けるかとかは、
それはあちらさんの問題なので、我々には関係ないです。
「最短でいつ」とかの星勘定はスポーツマスコミにでも任せておけばいい。
間違っても、「これで楽になった」なんて思わないでほしいです。
去年のレッズだって、何度と無くあった「もうだめだ_| ̄|○」から、
最終的には2位になれたのだということをお忘れなく。

…なんで説教なんかしてんでしょ?(^^;
いやね、我慢したほうが喜びは倍増って言うでしょ?<そんなこと言いません

というわけで、次は今季最後の遠方アウェーとなる名古屋戦ですね。
4月の対戦では、引き分け(というか危うく負けそうだった)でした。
あの時は、引き分けにもかかわらず本当に悔しかったですねぇ…
あの頃から自分自身意識改革が始まったような…ってどうでも良いことか。
ともあれ今季最終遠征、楽しい気分で家路に着きたいものでありますが。

あと一つ。
ついでのように書くことでもないんでしょうが、後半20分頃に、永井が競り合いで負傷し、
いったん外に出た後戻るとき、マリノスのGK榎本選手がしばらくプレーをとめて、
永井を戻すようにアピールしていたように見えました。
(永井の方を指差していたように見えたので)
まぁ、ただ単に出しどころが無かっただけなのかもしれないんですけど、
そうだとすれば、殺伐とした雰囲気の中でも、フェアプレーを垣間見られたということで、
個人的に嬉しく感じたことを付け加えておきます。
いやあの、相手を誉めるななんて言わないでくださいよ?(;´Д`)

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-11-11 21:37 | 浦和レッズ
2006年 11月 08日

レッズの未来を担うのは…

浦和レッズユース所属の金生谷(かなおや)君が、ザスパ草津へ入団するそうですね。

今年は、早々と新人獲得は中京大中京の伊藤君のみに絞ったとかで、
ユースからの内部昇格も見送るという話が出てきていたので、
こういう話が出てくると、もちろんレッズの選手として頑張って欲しかったにせよ、
やはり嬉しいというかホッとするというか…
でも、きっと来年の名鑑とかで、「前登録チーム」が「浦和ユース」とかなってるのを見ると、
きっと寂しくなるんでしょうね。
まぁ色々経験して、いずれはレッズのユニフォームを着てほしいなぁ、などと身勝手なことを
考えたりもするわけですが(^^;

しかし、なかなかレッズの育成も軌道に乗りませんね…
まさか、U-16カルテットの昇格まで待てというのでありましょうか…(;´Д`)
去年はあれだけ強かったジュニアユースも、今年はあんまり芳しくないようで。
(まぁ、ずっと追っかけてるわけでもないんで、詳しくはわからないのですが)
千葉戦の前だかにやってた試合を見ましたが、確かに上手いんですけど、
なんというか、ただ上手いだけという印象しかなかったというか…
ポゼッションを意識しすぎなのか、ゴール前でもなかなかシュートを打たなかったりで、
なんとなくトップチームを見てるようで歯がゆかったことを覚えています。
(あれがトップの試合だったら、間違いなく大声のひとつも上げたでしょうが(^^;)
相手チームは、どんどん前に出て、とにかく縦に速く、ひたすらゴールを目指すという感じで、
そっちのほうが見てて面白いなと思ってしまったくらい。
あんまり多くを要求するものでもないのかもしれませんが、去年のイメージがあるだけに、
なんか寂しかったですね。

ちょっと脱線しましたけど。
トップの若手も、どうも期待はずれな状況ですからね…
チャンスをつかめない選手が悪いのか、チャンスを与えない監督が悪いのか、
なんてことは結局は鶏卵論争にしかならないような気もしますが。
次のマリノス戦では、坪井、堀之内が欠場の可能性ありということで、
今度こそ細貝の出番か…と思ったらウッチーがいるんですな(^^;
(別に内舘不要論者でもなんでもないんで、あしからず)
監督として勝ってるチームを動かすのが難しいのもわかるが、啓太くらいでも、
既に若手から中堅クラスになってきていますからね。
決して世代交代を考えるのが時期尚早とは思えないので…
それに、普段出てない人が出るとリズムが云々とか言ってたけど、
ここまで使ってこなかったのは監督ではないのかい、とツッコミ入れてみたり(ぉ
そこで、若手が不甲斐ないからだとか言ってしまうと、鶏卵論争になるんですな(^^;

長々と書いた割に何が言いたいかわからないいつもの調子ですが(ぉぃ
第三者がしたり顔(見えないけど)で「レッズは育成が下手。外から獲ってくるだけ」なんて
書き捨てたりしているのを見ると、苦々しくなるわけでねぇ…
んな事はアンタなんぞに言われなくてもわかってんだよと反論しても空しいですし(^^;
来年になったら嫌でも若手使っていかなきゃいけないときが来ると思うし、
なんとかして試していって欲しいものですが…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-11-08 22:28 | 浦和レッズ
2006年 11月 05日

番狂わせはありませんでした

第86回天皇杯 4回戦

浦和レッズ 5-0 静岡FC

まぁ、終わってみれば予想通りの結果でしたね。

普通にやればこうなるのはわかってはいましたが、それを普通に出来ないのが、
またレッズというチームでもあるので(^^;
いや、去年の山形戦の前科もありますからねぇ…
なにかの事故ででも先制されてしまったらというのもありましたし。

そんな心配をよそに、4分であっさり先制。
ただ、その後は取れそうで取れないという展開で、なんともイライラしました。
中盤でかなり自由にさせてくれていたので、いつもよりもドリブルが目立ってましたね。
今後当たる相手はあんなに甘くないんで、この試合で上手く行ったとはいっても、
余計なイメージは引きずらないでほしいものですが。
しかし、久々に長谷部のいいドリブルからのゴールを見た気がします。
(ゴール自体相当久々だと思いますし)
彼には、ああいうプレーをどんどん狙って行って欲しいものです。

ハーフタイムに入り、バックアップメンバーの練習を見る。
しかし…ちょっとがっかりしました。
ハーフライン付近に細貝、右に大山、左が相馬、中央に横山がいて、
後方から展開してサイドに開き、最後横山に合わせるというのをやっていたんですが、
クロスは合わないし、シュートも入らない。
多分一本も決まらなかったと思います。
前日のギドのコメントはどうだろうと思ったものですが、ああいうのを見せられると、
う~む…と思ってしまいました。

後半開始から、堀之内に替えて内舘投入。
なんで細貝じゃないんだよと思ったのは自分だけですかね…?
その後も、酒井、相馬が投入され、期待された若手トリオの出番はナシ。
そのことに関しては色々な考え方があるんでしょうが、
来年になれば嫌でも彼らを起用しなければいけない場面というのは必ずあるわけで…
リーグとACLを両方フルメンバーで臨むというのは、どう考えても無理がありますからね。
ホント、ますますジーコ時代の日本代表が重なって見えます。
試せるときに試さないで、イザというときになったら「彼らは経験が無い」とか言って…
教育リーグの話もすっかり聞かなくなりましたし、サテライトも残り一試合。
彼らの経験の場はどうなる?
佳境を迎えるリーグ戦、一戦必勝の天皇杯に「それ」があるとはとても思えないのですが…
友ちゃんが出たのが、4点目をとった後でしたから、それだけ開いていれば、
ある程度テストの場にしたって良かったはず。
それを相手を甘く見ているとかいう話にされてしまうなら、永遠にテストなぞ出来ないです。

…なんか試合の話から外れてしまいましたが。
正直、彼らを見るのを楽しみにしていたということもあったので…
監督の決断なので、受け入れるほかは無いんですが…
とはいえ、ハーフタイムのあれを見せられては、使えないのもある意味納得…
でも、どこかで割り切って使うことも必要とも思いますし。
難しいところですかねぇ…

5回戦の相手は福岡に決まりましたが、これはまだ一月も先の話ですからね。
あちらさんが入れ替え戦に出場する可能性もあるので、日程も不確定。
まぁ、こちらとしては待ち受けるだけですが。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-11-05 22:52 | 浦和レッズ