<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 29日

いずれは負けるものだけど…

J1リーグ 第29節

ジュビロ磐田 3-2 浦和レッズ

うーむ…

「苦手の東海アウェー」だったり「苦手のヤマハスタ」だったり「闘莉王出場停止」だったり、
さらには「坪井負傷上がり」だったり「ロビー出場回避」だったりと、
色々と不安要素はあった試合ですがねぇ。
だからって、あの前半のグダグダっぷりはなんだよと。
監督インタビュー風にいうなら、「あれで自ら試合を難しくしてしまった」というところでしょう。

ただ、ある意味で勝負は試合開始前についていたともいえましょう。
坪井をあえて使ったことで、「結果的に」2失点目につながってしまったわけですからね。
カレンのポジショニングが良かったということもあるけど、坪井が完全に「歩いていた」状態でしたからね…
前々から思っていることなのですが、どうして「万全なバックアップ」を使わず、
「不安(定)なレギュラー」を使うんだろうかと。
といっても、ここまでの練習で状態をみて、坪井がもっとも良い働きが出来ると判断したから、
スタメンで起用したわけなんでしょうが…
「層が厚い」といわれるレッズですが、こういうときに思い切って使えないようで、
本当に層が厚いのかという疑問があるんですけどね…
相馬とか頭から使ってもいいと思うですけど…
まぁ次は闘莉王が戻ってくるんで、そこは好材料というか、安心というか。

ほかにも色々言いたいことはあった気がしますが、あんまり酷かったんで、よく覚えてません。
しっかし、現地にいるほうがよっぽど気が楽だねぇ…
テレビ観戦だと、もどかしくてしょうがありませんな。
というわけで(何が)、残り試合は全て参戦予定です。

あと、オフサイドのことですが。
正直、もう基準がわかりませんね。
川崎戦の時も書いたし、前京都監督の柱谷幸一さんも書いておられましたが、
(ついでに、TBSの副音声で加藤氏も言っていたっけ)
そろそろオフサイドカメラとか設置すべきではないんですかね?
特定の選手に密着するカメラなんか要らないでしょ。
別にそれで判定の要素にしろとまでは言わないけど、はっきりとわかるものがあれば、
負けた方だって納得いくだろうし。
それで明らかな誤審だったら、スポーツニュースとかでしつこく流してやればいいと思うし。
判定に一貫性が無いとか言う抽象的なことよりも、よっぽどわかりやすいと思うのですがねぇ。
審判の判定は絶対かもしれませんが、「聖域」にしてしまうのもどうかと。

※追記
あちらの23番さんの得点時は、アレが思いっきり残っていたらしいですね_| ̄|○
やっぱり、あの角度じゃわからん…
加藤氏じゃないが、もっとカメラ増やしてくれませんかねぇ…(;´Д`)<無茶なことを

さて、愚痴はこれくらいとして。
ここで代表戦による小休止をはさんで、次は埼スタでのマリノス戦ですな。
(天皇杯もあるけど)
いよいよ「あいつ」が来るのか…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-10-29 12:17 | 浦和レッズ
2006年 10月 26日

パリーグ勢4連覇

ファイターズファンの皆様、おめでとうございます。
来年こそは、我等がライオンズが覇権奪還させていただきたいと思います。

今回は、レギュラーシーズン(ホントこの表現があっという間に定着したなぁ)1位での勝ち上がりで、
なおかつ、中日もリーグ戦終了から極端にあいたというわけでもなく、
これまでの2年間のようになんやかや言われる事は無いでしょう。
(むしろファイターズの中継ぎ陣の方が、実戦感覚を危ぶまれていたくらいですからね)
そういう意味で、パリーグファンとしては嬉しいことです。

ですが、エールを送るのはここまで。
もう来年に向けての戦いは始まっていますし、ライオンズはじめ他の球団は、
既にスタートを切っております。
…松坂の穴をどうするかなんですけどねぇ(;´Д`)
「松坂資金で黒田獲り」なんて見出しも見かけましたが、まぁ無理でしょう(マテ

とりあえず、12月2日には埼スタで喜びを爆発させたいものであります。
(野球の話ではなくなってしまいました(^^;)

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-10-26 22:26 | 野球
2006年 10月 23日

まず一つ越えた。

J1リーグ 第28節

浦和レッズ 2-2 川崎フロンターレ

一応、録画してあったものを見ました。
特に、判定に疑問に思った点を重点的に(ぉ
前半のハンドは、ワシントンに押されたからで、PKになったプレーも、ギシが完全に
引っ掛けてるのもわかりました。
後半のバックパスもどきは…クリアが後ろに飛んでしまったとも言えますな。
(昔レッズが、高く蹴り上げたボールをバックパスととられたことがあったけど、昔の話)
だが、たった一つだけはどうにも納得がいかない。

映像の角度が悪いからアレだが、あのオフサイドは違うんじゃね?(ーー;)
(海外の試合中継でよく見る気がするけど、オフサイドラインに線を引いてくれないかなぁ)

そうか、これが「何か」というやつか(ぇ

閑話休題。
埼スタで抱いた感想は、「同点にされるまでは今季最高だったのに」でしたが、
改めて冷静な状態で映像を見てみると、それほど押されっぱなしという感じでも無かったですね。
お互い持ち味を出した好ゲームだったんだろうと思います。
双方、一瞬でも隙を見せたらやられるという、良い緊張感があった気がします。
第三者だったら、きっともっと楽しめたんでしょうけどねぇ(^^;

ワシントンの先制点、あれは何ですか?(^^;
映像で見てみると、ものすごい体の使い方でしたよね。
あのでかさでアレが出来るんだから、そりゃ日本人はちょっと敵わないよなぁ…
ああいうのを見ると、日本人のDFが海外でやるのはまだ厳しいのかもと思ってしまう。

川崎の2点目も素晴らしかったですね。
あそこでニアに飛び込むかーって感じでした。
シュート自体も素晴らしいものでしたし、さすが代表に選ばれるだけはあるというものです。
啓太や長谷部も、もっともっと前線に顔出して欲しいものですよ。
それにしても、あの一連のプレーで、アレは見切りをつけられた感じがしますな。
ところで、相馬のブログでいろいろ書いてありましたけど、彼のモチベーションを高める事を
ギドが狙ってやったんなら、ギドはたいした名監督ですよ。

で、この後。
川崎の「気の緩み」につけこんでの、あっという間の同点劇でしたね。
いつまでもコーナー付近でこれ見よがしに喜んだりしてるから、天罰が下ったんだな、
などと妙な毒を吐いてみたり(何)
まぁそれはともかくとして、川崎サポさんも含め、「これでいける!」と思ったことでしょう。
しかし、こちらもそう簡単に負けるわけにいきませんからねぇ。

その後は、お互いなんとしても勝ち点3を獲らんものと、凄まじいまでの攻撃の応酬でした。
レッズの選手も、このころになるとかなり足が止まってましたから、
中盤で川崎の選手をフリーにすることが多くて、自由にドリブルさせてしまいましたね。
恐らく、この時間帯の印象が強かったから、押されてた印象があったのでしょうが。

結局そのままタイムアップ。
レッズからすれば、当然勝ち点3を獲るに越したことはありませんでしたが、
川崎という相手を考えれば、御の字といえなくもありませんでした。
いや、その時はもちろん「勝ちたかったよなぁ…」と思ってたんですけどね(^^;
もちろんガンバが翌日に敗れるなんて事は想定外だったわけですし。
あくまで結果論としてよかったというだけのことですが。
それでも、選手たちは十分に戦う姿勢は見せてくれたんだろうと思います。
とはいえ、やはり勝っていないわけですから、満足とはいえません。
もちろん選手たちもそうでしょうけどね。

しかしまぁ、色々と「怨念」のあるチームではありますが、やっぱり川崎は強いですな。
今年4試合戦って7点も取られてるわけですからね。
こういう新興勢力が出てくるのは、Jリーグにとっても良い事だと思います。
レッズも、常に上を目指していかないといけませんね。

あー、そういや東京の某選手が、「上位いじめ宣言」みたいな事言ってましたが。
そんなことにしか目的を見出せないのも悲しいことですねと、また毒を吐いてみたり(マテ
ガンバには去年優勝させてあげたのでとか書いてありましたが、
ならば、04年のナビを獲らせたお返しを今してもらいましょうかねぇ?(・∀・)ニヤニヤ
あっ、そういや、マリノスにも03年のお返しをしてもらってないぞ(何

さて次は、ヤマハスタジアム(だっけ)でジュビロ磐田戦ですか。
ここはちょっと参戦できそうに無いんですけどね…
(そのかわりというか、名古屋は行く予定です)
闘莉王が出場停止なのも気になるところですが、磐田に対するイメージとして、
あんまり長身FWに当ててくるとかいうイメージは無いんですよね。
まぁ、実際のところは良く知らないだけではあるんですが。
だから、空中戦という意味での心配は、あまりしなくてもいいのかなと少し思ったり。
坪井はまだ無理だと思うので、ギドが誰を使うのかが楽しみです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-10-23 23:33 | 浦和レッズ
2006年 10月 16日

奴に乗られる馬も大変だ(^^;

J1リーグ第27節

浦和レッズ 2-1 アビスパ福岡

闘莉王の趣味が乗馬だという話です(ぉ
あんな大男を乗っける馬というのは、さぞかしタフなんでしょうな。
まぁ、競馬とは違う話なんでしょうけど。

さて、またも消化不良で。
後半開始早々のワシントンの得点で、「これで大量点もいける」と思ったものですが、
なかなか思惑通りに運ばないもので、逆に福岡の粘りの攻撃に1失点。
試合後、闘莉王は失点シーンのビデオを見て、
「これじゃ優勝なんかできない」と言っていたようですが、まさにそのとおりと思います。
自分のように、ゴール裏から叫んでるだけのサポーターの端くれなんかよりも、
実際にプレーしてる選手のほうが、そんなことはわかっているはずなのですが、
あんまり表に見えないような気がするので、大丈夫なのか?と思ってしまうわけですが。

勝ち点3が最優先って言うのはわかるんだが、「勝ち点3取れたからよしとしよう」
で終わってはいけないと思うんですね。
「とりあえず勝ち点3はとった。でも、こうしたらもっと良かったのでは?」
というところが大事ではないかと思うんですが…
なんだか、ここのところ(というかW杯終わってからずっと?)
そんなことばっかり言ってるような気がするんですな。
今回の福岡戦も、相手は残留懸かってますから必死で来るから難しいのはわかる。
でも、思い返せばレッズだって、「必死」だったときがあったわけで。
しかし、それが「空回り」してJ2降格してしまったわけでもありますしね。
ならば、今回の対戦でも、「気合を空回りさせるような試合展開」にできなかったものかと。

そりゃ口で言うのは簡単だといわれるのはわかっております。
でも、力及ばず降格していったクラブを見るにつけ、
「悪くなってから言い出しても、本当は遅い」のではないかと思ったりするのです。
「まだ立て直せる」とか、「次がある、次勝とう!」とか言ってる時はもう…と。
というか、99年のレッズがそうだったような気がするし。
落ちるのはあっという間ですからね。

さて、暗い話はこの辺にしておくとして。
次節はまた大きな山、川崎戦ですね。
さすがの闘莉王も、攻撃参加は自重するでしょうから、
(そうとも言い切れないのがあの選手なんだが(^^;)
やはり前線の、ワシントン以外の選手の得点を期待したいですね。
久々にロビーのゴールも見たいねぇ…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-10-16 22:15 | 浦和レッズ
2006年 10月 11日

連覇への道

また停電かよ@インド
後半から「俺たちの長谷部」が登場。
今度こそ誰かさんに邪魔されないコースに決めてしまえ。

さて、天皇杯の4回戦以降の組み合わせが発表されましたね。
レッズの4回戦は、「静岡FC」との対戦となりました。
静岡FC…正直、初めて存在を知りました(^^;
流行の「地域名+FC」なパターンですね。<流行かどうか知らんけど
…○○○なだけではないかとも思うが、それは言ってはいけません(何
相手のマイナーな選手に対して、「知らねぇよ!」とかやじってる人がいますがね。
個人的に、ああいう無意味なヤジはホント嫌いなんですが、
(「××(選手名)、○ね!」とかも。ヤジですらないし。)
今度はチーム自体知りませんのでね(^^;

それより気になるのは、会場ですなぁ。
駒場、埼スタ、埼スタ、国立(?)、国立と。

全部ホームじゃんか(爆)
準決勝がどこになるかはわかりませんけどね。

なんつーか、アンチな方々が喜んで飛びつきそうなネタですねぇ(マテ
ああいう方々はどこからだってケチつけてきますからね。
…って、あまり言うと怖いのでやめておきますが(ぉ
そういや、今のところ「天皇杯の呪い」とは無関係ですね。
準優勝の清水も、上位争いに食い込んできてますしね。
ま、いまさら蒸し返したりはしないんでしょうが。

できれば、愛媛FCと当たりたかったなぁとおもうのですけど。
千島と南の凱旋になったでしょうからね。
残念ながら逆のブロックになってしまいました。
愛媛サポーターの方には申し訳ないが、さすがに決勝まで残るのはきついでしょう。
まぁ、いつぞやのザスパ草津みたいな例もあるし、ジャイアントキリングの見本市、
みたいなところもある大会ですからね。
…とか言ってて、こっちが足元すくわれないようにしなきゃいけないんですけど(^^;

準々決勝までのチケット発売が、福岡戦のある15日なのはちょっとと思うけど、
まぁそれは仕方ないですかな。
駒場から携帯経由でなんとか手に入れたいと思います。
いやぁ、便利な世の中(何

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-10-11 22:34 | 浦和レッズ
2006年 10月 09日

アビスパ福岡相手に憂さ晴らし決定?

パシフィックリーグ・プレーオフ第1ステージ

西武ライオンズ 1-6 福岡ソフトバンクホークス

やっぱね、悔しいんですよ。
例え、スタジアムには足を運ばないようなヘタレライオンズファン(何)であってもね。

しかしまぁ、中継ぎがあれだけ崩れれば、しょうがないですかね。
かつては投手王国なんていわれましたけど、今は確実に安心できる先発は、
松坂、西口の両投手くらいなものですしね。
涌井が一本立ちしたといっても、まだ今年結果を残しただけですし。
来年以降どうなるかわかりませんからね。
もちろん、今年以上の活躍をしてくれるとは信じていますが。
そういう意味からも、希望枠で岸投手を獲れたのはなかなか大きいのではないかと。
巨人との争奪戦を制する、なんて、ちょっと前では夢のような話でしたからねぇ(ぉ

以下、ちょいと毒を吐きますのでよろしくお願いしたいのでありますが(何
いや、悔し紛れのことなので、暴走してもお許しを、と(^^;

今回のプレーオフですがね。
ホークスの場合は「王監督のために」、ファイターズならば「新庄のラストステージを飾ろう」、
といった具合に、大義名分というか、錦の御旗というか、そんなものがあるんですが、
ライオンズにはないんですな。
もし、仮にライオンズが勝っていても、明日のスポーツネタは、おそらくホークスだったでしょう。
「王監督に届けとばかりに奮闘したが、今一歩届かなかった。」とかなんとか。
野球に詳しくない奥様方が見るようなワイドショーでは特にそんな感じではないかと。
(すごい偏見、といえばそうだけど)
元横綱の貴乃花が、怪我を押して武蔵丸と優勝決定戦に臨んだことがありましたがね。
あの時も、恐らく「勝っても負けても貴乃花」だったでしょう。
なんとなく、あのときのことを思い出してしまったりして…
あの「感動した!」だかなんだかいう台詞も、空々しく聞こえたもんですが。

2年前にライオンズが2位から日本一になったときにはいろいろいわれましたけどね。
今回、もしホークスが日本一にでもなったら、誰かおかしいといってくれますか?
結局は、「王監督にささげる優勝」で、良かった良かったで終わってしまいそうな、
そんな変な予感がするのでありますよ。

とはいっても、別にホークスの勝利にケチをつける気は毛頭ありません。
「この3試合に限れば」、力の差はあったなと思いましたしね。
こういう大舞台できっちり力を発揮できたルーキー投手には脱帽でした。
それに引き換え…とは言ってはいけないことなんですけれど。
まぁ、一人のライオンズファンとしては、プレーオフに対する興味はなくなったと。
どちらが勝つにせよ、日本シリーズとなれば、パリーグ代表として応援しますが。

そんなわけで、この屈辱はサッカーで返させていただくとしましょうか(ぉ
まったく、良いタイミングで福岡戦があるというか。
負けたくないという思いを新たにさせていただきましたからね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-10-09 21:29 | 西武ライオンズ
2006年 10月 07日

勝ったのは「浦和レッズ」ですから

Jリーグ第26節

浦和レッズ 2-0 ジェフ千葉

マスコミの皆さんは、あれこれ代表と結びつけて記事を書きたいようですが。
「浦和ジャパン」が「千葉ジャパン」を下したということで、ご満足いただけましたでしょうか?
…俺にとっちゃ、代表なんて関係ないんだがね。
それに、レッズは代表がオシム体制になるまえから上位争いしていましたからね。
それはオシムが教えたものだったのでしょうか?
あの天皇杯決勝の、マリッチのゴールに結びつくすばらしいパス交換なんて…
って、結局そんなの覚えてないんでしょうが。
ま、ここで吠えたところでしょうがないんだけど(ぇ

さて。
なんつーか、「珍しく」岡田主審に助けられた面もあったかなと。
遠目だったのでよくわかりませんでしたが、一発退場は少し厳しかったような気も…?
あとでスパサカでも見て確認してみましょうか。

なのに、約75分も数的優位な時間があって、これですかというか。
ちょっと前から比べれば、格段に足は動くようになっていると思いますが、
やっぱりまだ物足りなさを感じますね。
相手は10人で、スペースがあいていることくらいはわかるはずなのに、
そこを使おうとしないし。
まぁ、ギドいわく、「ボールをしっかりキープできていた」そうなので、
そのあたりは考え方の違いってやつなんですかねぇ。
でも、たった1点しかリードがない状態で、そんな落ち着いてもどうかと。
1点くらい、ラッキーパンチとかでどうにもなってしまったりするものですからね。
実際、バーだかポストだかに助けられたところもあったし、紙一重ではあったと思いますよ。
なんにせよ、もう少し「数的優位」を印象付けるような事があればよかったのになぁと思ったり。

なんだか、あんまり書くことも思いつかないんでこんなもので。
あ、久々復帰のネネは良かったと思います。
坪井もしばらくかかりそうですからね。
ってか、坪井怪我→ネネ登場って、04年と同じパターンですね(^^;
ということは、このまま優勝?(ぇ

あとねぇ…ガンバが勝った負けたで、いちいち騒いでる場合じゃないと思うんですけど。
とりあえず、少しだけ優位には立ったかもしれません。
でも、今の段階で喜んでみたってしょうがないんじゃないかと思うんですが。
どっちにしたって、残り試合全勝を目指すことには変わりはないんだし、
ガンバだってこれ以上躓くとは思えないから、落とせない状況なのはこれまでと同じ。
そのためにやるべきことは、、ガンバの負けを喜ぶんじゃなくて、レッズが勝つために、
それぞれができることをやるってことじゃないんですかね?

スタジアムに来る以上、それはもう個人の趣味とか娯楽として片付けちゃいけないと思う。
都合がつかなかったり、遠方に在住だったりして、こられない人はごまんといます。
そういう人たちの思いも背負っているんだということを、今後は強く意識して、
ゴール裏で声を張り上げて行きたいと思っております。

とまぁ、何やらひとしきり語ったところで(ぉ
今日の試合前、とあるつてで福岡戦のチケットを譲っていただきました。
なので、諦めてましたが次も参戦であります。
いやー、とりあえず屋根が邪魔にならないところに陣取りたいものですな(^^;

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-10-07 21:33 | 浦和レッズ
2006年 10月 02日

そういや、totoの予想で「0」にしてた解説者がいたぞ

J1リーグ第25節

京都パープルサンガ 1-5 浦和レッズ

タイトル長ぇよ(ぉ
すんません、ネタ切れっす(;´Д`)(ぉぃ
誰とは言いませんが、まぁ、なんつーか見くびられたもんだとは思いましたが、
ここ数試合の内容ではね…などとも思ったり。

閑話休題。
微妙に遅めな京都戦レポです。
いや、京都から戻ってみたら、ノートPC内蔵の無線LANがイカレてまして(^^;
何かの怨念じゃあるまいかって感じだったものですからね?<「ね?」って…

まぁ、一言で言ってしまえば、大勝ですね。
内容も、ここ数試合から考えれば、ずいぶん良かったと思います。
まぁ、相手が相手なんで、あんまり喜べないところはありますけど、
昔からこういう「格下」の相手にこそ、てこずっていましたからねぇ…

長いシーズン、必ずお得意様、悪く言えばカモを作る必要はありますからね。
去年で言えば、ヴェルディだったわけですが。
(勝ち点6、得点11、失点1の得失点差プラス10を頂きましたw)
おかげで、去年は2位に入れたわけで。
今年は、言ってみれば京都がお客さんになってくれたわけですね。
レッズの攻撃陣も、メンツを見れば協力ですが、ガンバほどの爆発力はありませんので、
ここで稼いでおけたのは良かったですね。

それにしても、微妙なゴールが多かったですな。
(オフサイドか微妙という意味ではないのであしからず(ぉ)
闘莉王の先制点も、達也の3点目も、相馬シェフの5点目も…
シェフがブログにていわく、「あ、ん??入った??」って、まさに同感(^^;
とりあえず喜んどくか?って感じでしたね。
しかし、みんな祝ってやりなよね(^^;
そのかわりというか、平川と暢久のゴールは本当にすばらしかったですね。

このところ、特に目に付いたのが攻守の切り替えの遅さ。
サイドから攻撃しようという意図は見えても、エリア内に誰もいないことが多くて、
サイドでうまくチャンスを作っても、結局クロスをあげられずじまいになってしまったり。
京都戦も、そういうシーンはたびたびありましたけど、まぁ改善されてはいたかなと。
あと、良かったと思ったのは、ゴール前での積極性ですかね。
相馬の得点もそうだし、決まりこそしなかったものの、
達也にも積極性が戻ってきたなと感じました。

やっぱりシュート打たないことには始まらないし、打てば何が起こるかわかりませんからね。
誰だったか、京都の選手で、「浦和は攻撃を完了させていた」みたいなコメントしてますが、
シュートで終わるのは攻撃の基本ですしね。
ワシントンがいない分、みんなで点を獲るぞという意識があったのが良かったのでしょう。
別に、ワシントンがいたってそういう意識はあっていいんですけど。
どこぞの教育番組じゃないが、「仕上げはワシントン」で良いとは思うが、
そればっかりだと、キツイですからね。

あとは、やっぱり心配な坪井の怪我ですね…
残り数分だったから良かったけど、交代枠も使い切ってましたからね。
あのドサクサで警告も出ていたみたいだし…
まぁ、おかげで代表に呼ばれずにすんだので、じっくり治して欲しいです。
彼がいないのはきついけどね…

えーとそれから。
初西京極だったので、その感想とかを好き勝手に。

・とりあえず、「電光掲示板」は寂しいと思った。
・同じ陸上競技場でも、駒場よりピッチが遠いですね。むしろ国立に近い印象。
・「場内は禁煙です」と堂々と注意していた係の人に拍手。
・皆さん、その思い酌んでやってくださいな(^^;
・メンバー紹介してたDJ風のアナウンスが、なにやら息も絶え絶えだった…?
・パーサ君とやら、なかなか挑戦的でした。
・「角田」選手にブーイングしようか迷った(爆)
・黒部に対してだけすごいブーイングが。
・デカ旗はなかなかに見事だったと思います。
・さりげなく、石井俊也が200試合出場。おめでとう。
・字数制限があるんだろうけど、「タナカ.タ」はどうかと。一瞬ファ○スタかと思ったし。
・試合後、レッズの選手たちが挨拶にスタンドに向かったとき、京都サポなはずの人たちが、
 一目見ようとしてか大移動してたけど、それってどうなんだろうか。
・↑ってか、「サポーターズシート」のアツイ人たちとは違うんで、アレなのか?
・京セラあたりで、オーロラビジョンは作らないんでしょうか(マテ

なんか変な話になってきた(^^;
ともあれ、次はフクアリで完敗したジェフ戦ですね。
監督交代してから低調でしたが、ここに来て調子を取り戻しつつあるようです。
ただ、今回は代表に多く呼ばれていますね。
それが影響するか…はわかりませんが(^^;
そろそろあちらがレッズに対して持っているであろう、得意意識を打破しておきたいですし。

今年こそ、勝利の女神の前髪をつかんで離したくないものですね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-10-02 23:36 | 浦和レッズ