彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 26日

高校生ドラフト

いやー、驚きましたねぇ(ぉ

何がって、いわずと知れた八重山商工の大嶺投手です。
ホークスが一本釣りかといわれていましたが、土壇場でマリーンズが「強行指名」。
しかも、引き当ててしまうんだからスゴイとしかいえません。
もしや、王監督にWBCでごっそり持っていかれて、シーズンに影響させられた
意趣返しなんだろうか、なんて妙な考えも浮かんできたりしたんですが(^^;
まぁ、それは穿ちすぎなんですけどね。

ワタクシ、なぜか今頃夏休みでして(何<既に秋です
んでテレビ中継を見ていたんですが、思わず「おおっ?」と言ってしまいましたからね(^^;
ドラフトのサプライズといえば、良くも悪くも(ぇ)ライオンズのお家芸みたいなところは、
昔からあったんですけどね。
去年の銀ちゃんしかり、一昨年の涌井しかり。

そのライオンズは、地元埼玉、鷲宮高の増渕投手獲得を狙いましたが、
くじ引きの末ヤクルトにもっていかれてしまいました(;´Д`)
報道では、「お母さんがヤクルトレディー」なので縁があるなんて言ってますが、
埼玉出身なのは縁にならんのでしょうか…といったところでしょうがないんですが。
まぁ、その代わりというか、同じく埼玉、埼玉栄の木村投手を獲れましたからね。
せっかく地元出身で良い選手がいるんだから、こういう時は積極的に行って欲しいです。

駒大苫小牧の田中投手は楽天ですか。
なんとなく、日ハムが引かないかなとか希望(?)してたんですけどね。
まぁ、これはこれで戦力均衡の理念にかなっているのかもしれませんが(ぉ
なんというか、創立間もないベンチャー企業に入ったようなもので。
今後、自分の手で強くしていけるというのは、魅力なのではないかと思います。
だんだん楽天も手ごわくなってきますね。

中日に決まった堂上選手は、これこそまさに縁ですね。
確率3分の1、しかも「残り物」でしたからねぇ…
将来は、兄弟で中軸を、なんてことになるでしょうか。
他所様のことながら楽しみであります。

さて、大嶺投手に戻りますが。
今は戸惑っているところでしょうが、まぁ焦ることは無いんじゃないですかね。
(そんなことは言えた義理でもなんでもないんだけど)
考える時間はまだまだありますし。
話を聞いて、設備とかも見せてもらって、周りの人の意見も聞いて、
その上で自分が最も納得できる結果を出せばいいのだと思います。

高卒で即戦力になれる選手なんて、そっちのほうがどうかしてる(ぇ)んで。
まずは焦らずに、プロで一年戦えるだけの体力をつけていって欲しいものです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-09-26 17:15 | 野球
2006年 09月 21日

経営情報開示

タイトルが思いつかん(;´Д`)
実は、本文よりタイトルに力を注いでいたりするのになぁ(お待ちなさい

戯言はさておき、Jリーグの各クラブの、05年度経営情報が開示されましたね。
我が浦和レッズは、トップの収入、利益となりました。
某紙では、「金持ち」なんて軽い言葉でかかれちゃいましたけどね。
まぁ、「金満」じゃないだけマシか<またそういうことを言う
メジャーリーグのように、「贅沢税」でも払えば、少しは収まるんだろうか(何

それにしても、改めて見ると、この入場料収入はすごいですな。
自分もそのうち少しでも貢献できたかと思うと、サポーター冥利に尽きるというものです。

数は力…とは言わないけど、「数を集められること」は力だと思うわけですよ。
毎試合、スタジアムが満員になって、入場料が入ってグッズも売れる。
そうなれば、スポンサーも向こうから寄ってくる。
当然、入場者数が多ければ、人の目に触れる機会も多いですからね。
番組が2つあれば、視聴率の高そうなほうに行くのは当たり前といえましょう。
それらの理由で収入が増え、選手補強にもつぎ込める。
単純なマネーゲームだったら、レッズより強いところはありますが(ぉぃぉぃ)、
相馬のように、満員のスタジアムでプレーしたいという選手にとっては、
この上ない魅力になるわけですよね。
それで良い選手を獲得でき、戦力が向上して、強くなってファンが増える。
で、またチケットが売れてグッズが売れて…と、良い循環になってると思います。

まぁ、とりあえず言いたいことは、単純に「あそこは金があるからね」で
片付けて欲しくは無いということですかね。
なんでそんなに金があるのかということも考えて、語って欲しいものだと。
まぁ、そのことは何度と無くここでも書いているわけですが。
三菱自工との損失補てん契約も解除して、今後は誰にも助けてもらえない状況で
やっていかなければいけないわけですし。
逆に、常に勝ち続けていかないと、何を言われるかわかったものではありませんしね。

そういえば、マリノスも近々…とどこかで読みましたね。
そういうクラブが増えていって、理想は全クラブが…なんでしょうけど、
なかなかそうは行かないでしょうね。
※追記
ってか、考えてみると、後発のクラブは親会社なんて無いのが当たり前なんですよね。
清水とかもそうだと思うし。
そういうクラブが頑張っているんだから、実業団時代の下地があるところは、
もっと頑張らなきゃいけないんでしょうけれども。

う~ん、いつにもましてまとまりが無い文章だ(^^;

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-09-21 00:09 | サッカー
2006年 09月 16日

明日が休みでよかった

J1リーグ第23節

浦和レッズ 2-1 サンフレッチェ広島

この疲れを引きずって仕事行きたくないですからな。

あー、えーと。
正直、どう申し上げればよろしいのやら、わかりませんな。
こんな内容でも、どうにか勝ち点3を取れたことは最大限評価するにしても、
いったいいつになったら、こんな低調な内容から脱してくれるんでしょうか。
でも、低調であったとしても勝てているんだからやっぱりいいのか?
いやいや、「勝てたからオールオッケーだよね」みたいなんじゃ、やっぱダメだろ…
それとももしや、これが実力なのか?(;´Д`)
…などと、ぐるぐる回っておるわけです。

ゴール裏では、「劇的さに酔いしれて」おられる方々が大勢いらっしゃったようで。
自分は天邪鬼ですからねぇ。
勝ったからいいってもんじゃねーだろとか思ってしまうわけですよ(;´Д`)
劇的な勝利なんてものは、優勝が決まるときくらいだけで十分です。

では、何が悪いんだといわれると、技術的には素人ですからねぇ…
ただ、なんというか、流れてないんですよね。
序盤の良かったときは、「パス回しが目的になってる」なんていわれるくらい、
そりゃ美しいパス回しが見られたものですがね。
今じゃ、どこかできいた「各駅停車」状態ですよ。
パスして、受けて、とまって、周りを見て、動いていないから、ドリブルして、最後は取られる。
そんな印象ですな。
出来るはずなのに何故やらないのか、それとも何かの理由で出来ないのか。
一週間調整したから、疲れは言い訳にならないはずなんだが?

一応自己フォローしときますが、別に広島をナメてるとかじゃないですからね(^^;
どこが相手だろうが、やらなきゃならないことをやってないと思うから、
こうやって苦言を呈しているわけでございますが。

まぁね、何より大切なのは勝ち点3だというのは、そりゃわかってます。
でも、こんな内容見せられたら次はどうなるんだよと思ってしまうわけで。
その「次」は、4月にアウェーで敗れた清水戦です。
今日敗れて勝ち点8差に後退したとは言え、4位につけてますからね。
そんな強敵を迎えるのに、こんな試合内容だったら…
まぁ、心配性だといわれるのがオチかもしれませんけど。

なんつーか、ジーコジャパンみたいな気がするんですよ。
本当は危うい状態なのに、どうにかこうにか奇跡的に勝っているから、
その問題点を洗い出すのを先送りにしてしまっているだけというか。
ミーティングで、いったいどんな反省をしているんだろうか…
マズイ試合した後の気持ちの切り替えはやたら早いのに、
攻守の切り替えはやたら遅いのも気になりますしね(ーー;)

最近じゃ、勝利の「We Are Diamonds」も歌う気になれないんですよね。
とりあえず、納得できる勝利が見られるまでは封印の方向でと思っとりますが。
別に無理して歌うこともないと思うしね。
願掛けするには、好きなものを断つとか言いますけど、まぁ自己満足で(^^;
さっさと次の清水戦でその封印が破れてくれるといいんですけど(ぉ

あとは、選手個々についての感想を少し。

山岸…まぁ、ああいうこともある。それ以外で何度も助けてもらったし。
坪井…誕生日、は関係ないだろうけど、今日もナイスディフェンス。
闘莉王…久々のゴール。アレをもう一度やれといっても無理でしょうね(^^;
堀之内…ウェズレイ相手に苦労してた。
アレックス…アシストは決めたが、裏を取られすぎでは。
達也…さすがにキレがなくなってる。
ポンテ…もう少しかかりそうかな。
暢久…まだまだ。もっと出来ます。

あーもう、ホントスッキリしねーな!(゚Д゚)(ぉ

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-09-16 23:42 | 浦和レッズ
2006年 09月 14日

イエモッツ改造計画発動?

家本政明主審が再研修を課せられたそうですな。

まぁ、今更かよというのが正直なところなんですけど、
こういうところに、Jリーグの体制が変わった効果というか、そんなのが出てるんでしょうかね。
犬飼元シャッチョの魔の手(なんで「魔」なんだよ)が伸びたということか。
思えば、まだレッズの社長時代、そんな感じのことも匂わせてましたしねぇ…

そもそも、あの人の判定に一貫性がないのは今に始まったことでもないですからね。
勝ったのに後味悪かった、昨年のホーム川崎戦とか。
あ、あの時は「何か」主審だったけ(マテ

どこのクラブのサポーターにも、あの主審との相性は悪いなと思う人はいるでしょう。
レッズで言えば、柏原、岡田両氏とか。
(そこに西村氏とかも入るんだが、最近お目にかかっていないですね)
逆に、あまり評判よろしくない上川徹さんには、個人的に悪いイメージというのは、
そんなには無かったりするんですよね。
家本氏の場合は、おそらくどこのサポーターに聞いても、
反感持ってるんじゃないかと思ってしまうんですが(^^;

再研修を経て復帰となれば、10月の第2週くらいから復帰になるんでしょうかね。
そういや、21日に埼スタで川崎戦があるんですよ。
昨年のこともあるし、よもやその試合の担当に…なんてことは無いと思いますが。
いや、アウェー鹿島戦でジョージを割り当てるという信じられないことをしてくれるJリーグだし、
大いにありえるかも…(;´Д`)
今度は「レッズを勝たせたくない何か」になるんじゃなかろうか…

まぁ、なにはともあれ、今が最悪なだけに、少しでも良くなってくれれば(^^;
ってか、これ以上悪くなるようなら、審判の適正を疑いますがね。
(どんな試験結果だったんだろうかとふと思ったりする)
もうとっくに疑ってる癖にというツッコミは無しで(^^;

「悪いときは喜ぶんだ。悪い後は良い。必ず良くなるんだからな」

なんてな文句がどこかにありましたけどね。
まだ33歳で先は長いんだから、この苦い経験を良い方向に活かして欲しいですな。

…アレ、なんでこんな好意的になってるんだ?(^^;
散々エコパでわめき散らした人間とは思えませんな(マテ

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-09-14 00:01 | サッカー
2006年 09月 10日

満足はしていない

J1リーグ第22節

大宮アルディージャ 0-2 浦和レッズ

よく勝てたものだと思いますよ、いやホント。
たまたまこういうスコアにはなりましたが、逆でもおかしくなかった。
もっと早い時間帯に2点目が入っていれば、もっと楽な展開にはなったんでしょうが。

鹿島戦以来で久々に試合を見ましたが、相変わらず運動量が少ないですね。
今日は大宮のマークがしっかりとしていたというのもありますが、
それ以前にマークをはがそうとか、スペースを作ろうという動きからして、
少なかったように思えました。
(気づかないところでは、もちろんやっていたんでしょうけど)
だから結局、
「出しどころがない」→「後ろでまわす」→「パスミス」→「奪われる」→「ピンチ」
みたいな負の連鎖がたびたび見られたような気がします。
ワシントンはどっかり構えているタイプだと(勝手に)思うから、永井や暢久に、
そういった動きをやってもらいたかったんですが…

今日良かった選手といえば、やはり坪井でしょうか。
本来、DFの選手が目立つのはあまり歓迎ではないんですが…
今日は(いつもだけど)本当に安定していて、安心してみていられましたね。
ネネがベンチに入っていたという要因もあったと思うのは、穿ちすぎでしょうか(^^;
後は山岸ですね。
後半はシュートの雨にさらされましたが、よく踏ん張ってくれました。
あと、長谷部も大分良かったのでは?
後半に良いミドルもありましたし。
ああいう思い切りの良さも彼の持ち味だと思うので、もっと見たいプレーですね。

それにしても、「今年の2試合のみ」で判断する限り、大宮との差はそれほど感じません。
2試合とも、半分ラッキーみたいな先制点と、前がかりになった終了間際の得点ですし。
そういうチャンスを逃さないのが強さだとも言えますが…
このままだと、「さいたまには浦和だけ~♪」なんて歌ってられなくなりますよ…

あと、大分大宮サポさんも増えてきたように見受けましたね。
去年の初めごろなんて酷いものでしたけどねぇ…
今日見た限りでは、6:4くらいでレッズサポって感じに見えましたけどね。
(バックスタンドも結構きれいに半々に分かれていた感じだったし。遠目だけど)
まぁ、アッパーが開放されれば、また違ってくるのかもしれませんけど。
レッズ戦だから行くっていう人が多かったとしても、
それだけ潜在的なサポーターがいるという証明にもなるわけですし。
近くに座ってた人で、「大宮サポーター少ねーなー」なんて言ってた人がいましたけど、
そんな事言ってると足元すくわれかねませんし、人様のことをどうこう言う前に、
自分たちがまずやることがあると思うんですよね。
実際、今日のようにきわどい試合をしてしまったわけですし。
勝ったからいいや、なんてのでは進歩も何もないわけですから。

今は負けたとしても「次があるから」なんて言えるかもしれないけど、
終わってみれば「あの試合がなぁ…」っていうのは、昨年痛いほど経験してますよね。
確かにいくら振り返っても過去は変わらないけど、
「変えたくなる過去」を作らないために、今をどうするかっていうのが大切なのでは、と。
うーん、柄にもないことを言ってる(^^;

とにかく今出来ることは、毎試合勝ち点3を獲ること。
そして、次も獲るためにどうすればいいかを、必ず整理して次に進むということですかね。
それは勝っても負けても同じことだと思いますよ。
次の広島戦も、強力2トップがいますから、決して侮れません。
今度こそ正真正銘のホーム埼スタで、すっきりと家路につける勝利を見たいものです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-09-10 23:55 | 浦和レッズ