彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 20日

前半戦終了

プロ野球はオールスター前の最終戦を終え、いわゆる前半戦を終了しました。

いやぁ、ストレスたまる日々ですよ…
いろいろとやってくれますからねぇ、今年のライオンズは…
比較的スロースターターなチームではありますが、まさかこの時期まで悪いとは。
何でですかねぇ…

まぁ、ひとつ挙げられるのは、投手陣が点をやりすぎってことですかね。
特にリリーフ。
先発も、松坂、西口、帆足の3本柱以外はダメダメなんですが、
それに輪をかけて中継ぎがひどい。
先日も、抑えで起用された大沼が大炎上したってこともありましたし、
これくらい点差があれば…と思っていても、あっさり3点くらいやっちゃうこともあるし…
とにかく、今は何点リードがあっても安心できませんよ。

打線はそれなりに打ってると思うんですよねぇ…
首位打者の石井を始め、カブレラ、和田が3割で20本越えてるし、
最近調子落としてるといっても、おかわり君こと中村も17本。
これは立派な成績ですよ。
あと、中島がやっと上向きになってきた。
昨年の活躍がフロックと言われないためにも、後半はガンガン打ってほしいですね。
20本、20盗塁くらいは、彼の力ならノルマだと思いますから。

投手の話に戻りますが、捕手のリードもどうなんだろうと。
先日のソフトバンク戦で、松坂が松中に3本浴びてサヨナラ負けしましたが、
いくら松中が昨年の三冠王で、素晴らしい打者だとは言え、松坂が3本も打たれるとは、
どうにも信じがたい。
その試合の映像見てないからなんともいえないが、配球に問題があったのでは、
というのはわかりそうなもんです。
聞けば、すべて直球を打たれたとか…
確かに、松坂の一番いい球は真っ直ぐでしょうが、打たれたなら次は配球を変えるとか、
もう少し何か工夫って物が出来ないものかと。
監督はそのあたりきちんと指導してるんですかねぇ…

ともあれ、後半は投手陣の奮起を期待したい。
豊田も戻ってくるでしょうし、涌井あたりに勝ち星も期待したい。
今はまだローテを守っているって言うだけですからね。
あと河原も、今のチーム状態だから使ってもらえてるだけだってことを、
もう少し自覚したほうが…
(わかってはいるんでしょうが)

元来、ライオンズ野球はスキのない、そつのない野球であるはずです。
以前もAKD砲のように華々しい打者はいましたが、守備はしっかりしていました。
相手に点をやらない上に、圧倒的な攻撃力をも備えていた。
今は明らかに打高投低です。
もう一度、ライオンズ野球の原点に返ってほしいものです。

出来ないことをやれとは言いません。
でも、最低限プロらしいプレーはしてほしい。
まだ高校生のほうが、がむしゃらさが伝わってくる分マシだと思える所もたくさんありました。
華麗なプレーを見せるのもプロなら、当たり前のことを当たり前にやってしまうのも、
またプロなんですから…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-07-20 23:39 | 西武ライオンズ
2005年 07月 18日

「田中達」大活躍

浦和レッズ 2-0 サンフレッチェ広島

柏戦で勝ったら行くの止めようと思っていましたが、
ものの見事に負けてくれたので、活を入れに(ぉ)埼スタへ…

今年はこれまでに3度行きましたが、すべて雨にたたられておりましたが、
今日はどうにか持ってくれました。
その代わりというか、ムシムシで…(;´Д`)
まぁ、勝ったから良いんですけども。

さて、タイトルですが、そのまま「たなかタツ」と読んでもらってもいいし、
「たなかたち」と読んでもらっても結構なんですな(ぇ
今日の先制ゴールは、田中マルクス闘莉王で、2点目が田中達也。
そんなわけで「田中たち」だったんですねぇ。
くだらないですねぇ(マテ

連敗中ですから、とにかく勝利がほしかった。
鹿島もマリノスもガンバも、負けやら引き分けで勝ち点伸ばせずにいましたからね。
そんな中で、今季好調の広島相手にほぼ完勝と言ってもいい勝ち方が出来たのは大きい。
まぁ、不満がないわけではありませんけど、とにかく勝ち点3が最優先だったので…

完封できたことも良かったですね。
最後のFKとか、相変わらず都築に助けられているとこは多いですが、
坪井も闘莉王も良かった。

攻撃面では、啓太が出場停止ということもあり、やや中盤をいじってきて、
ボランチに内舘と酒井という、「どちらかといえば」守備が得意な人が2人でしたから、
どうなるかと思っていましたけど、
(酒井は攻撃もいけるけど)
結果的に達也の2点目は酒井からの浮き球のパスでしたし、
心配は杞憂に終わってくれたかなと。

今日の個人的MVPは達也ですかね。
得点決めたっていうのもあるけど、やはりあの前線での運動量の豊富さ。
やっぱり、あれくらい動かないとダメですね。
動くことによって、相手のマークもはずれ、味方が使えるスペースも生み出せるわけですし。
それに引き換え永井は…
序盤は、彼らしいドリブルが見られたりしたので、「今日は良いほうの永井かな」とか
思っていたんですが、前半の終わりごろにはすっかり消えてしまいましたね。
挙句、後半自らピッチが出でてしまい、そのまま交代に…
彼が下を向くのは珍しいことではないですが、今日のはちょっとおかしいなと思ってただけに、
長引くような怪我とか出なければいいなと思いますね…
「元10番」が去り、貴重なFWの一角なのですから。
アレックスに罵声が飛ぶのは珍しくないですが(ぇ)、最近永井にも飛ぶようになった…
まぁ、アレックスのそれも、期待の裏返しなので…

欲を言えば、ベンチ入りした赤星とエスクデロを見たかったかなぁ…
もう少し余裕がある点差ならと思ったりもしましたけど。
まぁ、贅沢は言うまい。
ともかくこれで、中断前の最後の試合を最高の形で終われましたから、
またナビスコで勢いをつけて、一気に鹿島を追撃したいものですね。
ナビスコの疲れは残るでしょうが、真剣勝負が出来るというのもまたアドバンテージですし。
鹿の尻尾は近い…かな?(^^;

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-07-18 23:04 | 浦和レッズ
2005年 07月 14日

馬鹿があらわれた。

馬鹿はクラブハウスに卵を投げつけた。
馬鹿はクラブハウスに落書きをした。
馬鹿は満足そうに去って行った。
(某RPG風に(ぉ)

浦和レッズのオフィシャルホームページによれば、
クラブハウスが卵の投げ込みと落書きの被害にあったとか。
まったく…馬鹿としか言いようがない。
クラブに奮起を促したいなら、スタジアムに行ってブーイングするなり、
直接手紙や電話、メールを送ったり、あるいは要望書でも書いたり、
更にはココのようにネットで意見を述べたり、「オールザレッズ」に投稿したり(ぇ?
(埼玉のFM局、Nack5の朝ワイド番組中の1コーナーの事。ローカルネタですみません(ぉ)
とにかくいくらでも方法はあるはずなのに、何でこんな馬鹿な手段しか考えられないのか。
これじゃ、一部のFC東京サポと同じじゃないか。
同じレッズサポにこんなのがいると思うと情けなくなるね…
いや、訂正。
こんなのはサポーターじゃない、ただの暴徒だ。
そもそもこんなことしてチームが強くなるんなら、何も何億もかけて助っ人獲得しなくたって
良いってのに…
誰も苦労はしませんよ。
とにかく、クラブはきっちりと調査して、対応したほうが良いですね。
そもそも、これって立派な器物損壊じゃないかと思うんですけど。
5月の連休に大原を訪れて、ちょっと感動した身としては非常に許しがたい。

FC東京に関しても、ヴェルディのクラブハウスに落書きをしたことがあったし…
そのときにきっちりしておけば、先日のような傷害事件も防げたかもしれない。
今回の場合は、まだレッズだけで被害がとどまっていたから良いものの、
これが大宮のクラブハウスが狙われたものだったりしたら…ぞっとする。
ダービーで負けたあとだし、無いとはいえませんからね…

先日のJRの事故の後、JRの職員の人がいろいろ嫌がらせされたりしたようだけど、
何かといえば匿名で誹謗中傷したり、後ろから突き飛ばしてみたり、
ほんとになんでそんなことでしか抗議の意を表せないんだろうか。
やってる本人はきっと満足なんだろうね…
あ~ぁ、寂しい人生だなぁ…ヽ( ´ー`)ノ

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-07-14 23:57 | 浦和レッズ
2005年 07月 14日

絶句。

柏レイソル 3-0 浦和レッズ

………何これ。
明日の新聞記事は、「やはりレッズは「10番」頼みだった」ですかねぇ。
つーか、抜けたのはFWの選手なんだから関係ないんだが。

それにしたって、「勝っても17位」のチームなんかに負けるとは…
情けないとかいう以前の話だな、こりゃ。
こういうこと書いてると、大宮戦の時みたいに「見下すな」とか言われそうだが、
別に見下してるんじゃなくて、優勝狙うチームがこんな残留争いしようかって言うような
順位のチームに負けるなんてことは許されないんですよ。
せっかく鹿島が負けてくれたのに、同じスコアで自分たちも負けてどうする。
得失点差も含めて、まったく差は縮まってないってことじゃないか。
どのチームも、年に2度しか対戦できないんだから、自分たちで縮められるのは
最大で勝ち点6まで。
レッズは既に開幕で負けてるから、あと自力で詰められるのは勝ち点3だけなんですよ。
そこんとこわかってるんでしょうか。

監督の言うところの気持ちが入っていなかった選手っていったい…
やはり、60分に同時に交代したキャプテンと永井のことか?
永井はどうも、良い時と悪い時の差がはっきりしている感じ。
ノッていれば、昨年の2ndのヴェルディ戦のような、
マラドーナ張りのプレーを見せてくれるのに…
ポンテにマリッチが入れば、一番危ういのは自分だとわかってはいるようだが…

せっかくヴェルディ戦で稼いだ得失点差+7が、たった2試合で4も減ってしまった。
今年は長丁場な分、勝ち点もそうだが得失点差が結構明暗を分ける気がします。
降格した年のことを思い出せ…

次は、ホーム埼スタで広島戦。
今度こそ、無様な姿は見せてくれるな!

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-07-14 00:21 | 浦和レッズ
2005年 07月 11日

はぁっ!?なんでカタールなんか行くんだよ!?(゚Д゚)

浦和エメルソンが移籍!カタールリーグへ

なんなんだ、あの「背番号10」…
散々人をやきもきさせた挙句これですか。

個人的に、「背番号10」が移籍するのは反対しない。
でもそれは、Jリーグよりも更にレベルの高い欧州のリーグで、
各国の代表クラスの屈強なDF相手に勝負を挑む「背番号10」を見たいから。
そしてゆくゆくは、カナリア色のユニフォームに身を包んだ「背番号10」を見たいから。

それが何でカタールなんだよ。
なんでテレビや雑誌でも取り上げられないようなところなんだよ。

元スペイン代表のイエロいわく、「スペインの3部リーグより少しましなくらい」らしいから、
Jリーグのトップレベルを仮にスペインの2部リーグクラスとしても、
明らかに今より劣ったレベルのリーグでやるわけで、
そんな中でやったところで、「背番号10」にとってどれほど得るものがあるんだか。
カタールリーグのレベルは結局良くわからないが、きっと活躍はしますよ?
得点王くらい獲れるんじゃないですかね。
「現状」でも十分すぎるほど活躍できると思います。
でも、その分選手としての成長は止まるんじゃないですかね。
結局あいつは「お山の大将」でいたかっただけなのかねぇ…
どうも「背番号10」の発言を聞いていると、代表への思いが感じられない。
W杯がすべてのサッカー選手の夢であると思うのは、勝手な思い込みか?

しかしまさか、このまま「ハイサヨナラ」ってことはないだろうね?
最低限のけじめとして、とにかく来日して、大原に行ってチームメイト・関係者に挨拶し、
そして18日の埼スタあたり(つーかそこしかない)でサポーターにもきっちり挨拶すべき。
それができなかったら、最低の外国人として記憶に残ってしまいますよ?
「背番号10」が札幌に来たとき、J2で対戦しましたが、
駒場での試合で「背番号10」が退場になったにもかかわらず、
いつまでも外に出ようとしないので、「こんな選手、レッズには要らん(`□´)」と思ったことを、
ふと思い出します。
あの時以来「背番号10」に対する印象は最悪でした。
だから、伸二の後釜で来たときは「えっ、何であんなやつを!?」と思った。
しかし徐々に活躍し、人間的にも成長してきて、評価を改めた。
欧州のクラブからのオファーも「浦和が好きだから」と断ったとか聞いたし、
日本が好きといって帰化を考えているとかも聞いて、単純に喜んでました。
そして去年の大活躍。
一部で「エメル尊教」なんてものが出来るくらいサポに愛されていたのに、
こんな去り方をしては、これまで築きあげてきたものが完全に壊れますよ。

「レッズなんかでやってられない」ってんならそれでもいい。
「こんなやかましいサポーターとはやってられない」ってんならそれでもいい。
「ドイツ人の監督の下でなんかやってられない」ってんならそれでもいい。
「もっと金払いが良いところへ行きたい」ってんなら、それでもいい…
まずは顔を見せろ。
そして自分の言葉で説明しろ。

これで、今年は山瀬、アルパイが抜け、今また「背番号10」が。
山瀬のときも最初は「裏切られた!」と思いましたが、今は「頑張れよ」と思えます。
(それでもレッズ時代の映像を見るたびに「まだ遅くない、帰って来い!」と思ってるが)
しかし「背番号10」の場合、このままなら一生「裏切り」と思い続けるでしょう。
「帰って来い」なんて、社交辞令でも言えそうにない。

とにかく挨拶に来い!
そしたら史上最大級の大ブーイングで送り出してやるからさ…

…とまぁ。
名前を書かずに「背番号10」とか言ってるあたりに怒りの度合いを感じてくれればと…
しかし、どうも怒りきってない気がするなぁ…
甘いかなぁ、やっぱり…(;´Д`)
しかしまぁ、ちょうどいい。
空いた背番号10はさっさと新外国人のポンテにあげてしまいましょう。

最後にこの言葉を。
「お前のためにチームがあるんじゃねぇ。チームのためにお前がいるんだ」

…残念だ。

追記。
今知ったんだが、奴(ついに「奴」呼ばわり)め、もうカタール入りしてるそうな…
んじゃ、挨拶なんか来るわけねーじゃん。(゚Д゚)ケッ
なんだよなんだよ、レッズでは遅刻常習の癖にそんなに素早く移動しちゃってさぁ。
しかも、「本人の移籍希望」って何?
そんな話聞いたこともなかったよ…
100年の恋も冷めるって奴だね、これは…
もういいや、どうでも…
せいぜい夢をありがとうとでも言っとくかい?ヽ( ´ー`)ノ

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-07-11 22:44 | 浦和レッズ
2005年 07月 10日

「勝つ展開」だろ?

浦和 1-2 大宮

なんだよ、もう…(;´Д`)
前半終了間際に闘莉王のゴールで1点差に迫り、
後半は都築がPK与えるも、自らこれをストップ。
こういう時って、勝てないまでも引き分けには持ち込めると思うんだが。
そういう勢いがつく試合展開だったはずで、こういう劇的なことをやったときのレッズは
結構強いと思っていたんだがなぁ…

前フリが長くなったけど、今季三度目の観戦。
何でまた雨なんだよ…(;´Д`)
別に雨は嫌いじゃないが、こういうときの雨は鬱陶しくて仕方がない。
レッズが勝ってればまだ良かったんだけど、購入したMDPまで濡れたとあっては…

まぁ、雨のせいで負けたわけではないんで。
前節、ヴェルディをどん底に叩き落した攻撃がこの日は不発。
ただし、チャンスは十分にあった。
わかりきったことだが、決めるべきときに決めておかないと。
終盤、自然と「都築(の頑張り)に応えろよ!」と叫んでおりましたよ。
2失点はセットプレーと見事なミドルからだったので、都築の責任とも言いがたかったし、
何よりPK止めてますからね。
あれで意気に感じて同点、逆転を期待していたんですが…
相手GKの攻守もあったとはいえ、やはり煮え切らない思いがします。

何より悔しいのが、相手が大宮だったということ。
どこに負けても悔しいことに替わりはないが、特に大宮には負けたくなかった。
いや、負けてはいけないと言い換えたほうが適当か…
試合前のコメントで啓太が、「さいたまのチームはレッズだというところを見せ付けたい」
といっていたんだけど、まさに同感。
5年、10年経ったならわからないが、今はまだ「大宮ごとき」に
遅れをとるわけには行かないんだが…

生で敗戦を見たのは、スタジアム初観戦のとき以来。
試合後の選手の挨拶でブーイングかましたのは初めて。
負けたときこそ拍手をという人もいるだろうけど、やっぱりダメなときはブーイングだと思う。
(人の考えにとやかく言うつもりはないが)
「お前らこんなもんじゃないだろ!?(`□´)」という思いがこもっていますからね。
ただ、都築にだけは拍手でしたけど。
さて、獲得が噂されるポンテ選手は、レッズサポをどう感じてくれましたかね?
(とか言って、見に来てたかは未確認なんだが(^^;)

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-07-10 00:37 | 浦和レッズ
2005年 07月 09日

それが現実

野球とソフトボールが五輪種目から除外されましたね。
結局のところ、世界的に見て野球ってのは「そんなもの」だったってことですか。
世界中で人気だと思ったら大間違いだってことですな。
アメリカでは、「私はプロ野球球団のオーナーだ」って言えば威張れるかもしれないが、
欧州やアフリカでは、「なんですか、それ」って言われるんでしょうね。

日本では、Jリーグ始まるまで「野球だけ」って言う状態だったけど、
世界を見回してみれば、圧倒的にサッカー人気が高いですからねぇ…
アメリカにしたって、4大スポーツっていうくらいで、決して野球だけではなかった。
さらに、最近ではMLS(メジャーリーグサッカー)を加えて5大スポーツなどと
呼んでいるとかいないとか?

アメリカが一戦級のメジャーリーガーを出さなかったってことが要因の一つとされてるけど、
それを言ったら日本だってそうですな。
前も書いたけど、まず代表の強化ありきのJリーグと、企業の宣伝ありきのプロ野球とじゃ、
そもそものスタンスが違うんですよね。
それがいつの間にか、「一致団結して世界を目指してます」みたいな感じに
すりかわっているような気がするんだが。

巨人の渡辺会長が、もっと世界大会をやれば良いなんていってるようだけど、
もっとも五輪派遣に強硬に反対したのはあなたではなかったのか…?
むしろ、積極的だったのは堤さんのほうだったと思うんだけどねぇ…
どうして日本人は、こうもあっさり主張を翻せるんだか不思議でなりませんな。
まぁ、それはいいとして。

いきなりW杯の開催決めて、さらに形式で紛糾しているような野球界と、
FIFAというしっかりとした国際連盟があるサッカーと。
最近ではサッカーに学んでいることも多いようだけど、本当に共存共栄を考えないと。
アメリカが5大スポーツなら、日本だって野球とサッカーの2大スポーツで良いじゃないですか。
視聴率が落ちるとか言う前に、「過去の遺産」で稼いでる視聴率なんかあてにしないで。
交流戦で最も期待したのは、それぞれのチームが自らの魅力で人気を得ようと、
考え方を変えてくれることだったんですが。
そうすれば、巨人戦が減ったとかなんかでギャーギャー言うこともなくなるし。
一部の人気球団に頼ることがなくなれば、自然と発言力も平等になっていくだろうし…
とにかく、考えることは多いですよ。

サッカーはボールさえあればどこでも出来ます。
野球だって、ちょっと太い木の棒と、ボール、あとはベースの代わりになる紙でもあれば、
それこそどこでだってできるでしょう。
野球は金がかかるなんていってる人がいたようだが、普及にもそんなにかかるかどうか。
昔は三角ベースとかでやったんでしょ?
そう考えれば、まずやってもらうことからはじめれば、きっと好きになってくれると思うんですが。
サッカーのゴールシーンもエキサイトですが、野球だって豪快なホームランや、
150キロ超の剛速球で見事に三振を奪ったりと、魅力はいっぱいあるんですから。

なんにしろ、まずは統一された世界連盟を作らないとと思うんですが…?
ここが「野球」の正念場だと思いますよ。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-07-09 10:19 | 野球
2005年 07月 04日

Jリーグ再開

浦和 2-1 新潟

行ってきました、埼スタ。
ナビスコの大宮戦に続き、雨中での観戦となりましたが、
まぁ勝ったので良しとしよう。

今日の相手、新潟のサポーターは、「賑やかである」事で有名ですが、
今日実際見てみると、なかなかだなぁと思いますね。
一部でタダ券ばらまいてるとか悪評も流れてますが、
質自体もそんなに悪くないのではと。
というか、埼スタまでくるくらいだから、あそこにいたのは特別熱い人たちであったとも
言えなくないんですけど。

今日から、「エメル丼」なる弁当が、埼玉県内のファミリーマートで販売されているんですが、
スタジアムの外でも売っていたので、戦略に乗せられているとわかりつつ、
話の種にと食べてみました。
………冷たくておいしくなかった(;´Д`)<ナンデスト
温かければ、もう少しおいしかったんでしょうが、外で売ってるから仕方なかったのかねぇ…
それと、スタジアム販売分には、ステッカーがつくんですが、その写真が、
浦和の伊勢丹のアレ…
すなわち、エメがまだ合流していないときの集合写真。
右上に、小さく丸で囲ってあって、その中にエメだけがっていう…
エメがいないのに販売するのもアレだし、そういう写真を使うのもアレだし…
なんだかなぁと思ってしまいました。

さて、試合内容ですが、前半はあんまりよろしくなく。
一応ボールはまわせていたし、時折サイドから良い攻撃もあったようだけど、
どっちかといえば持たされていた感じで、最後の出し手が見つからない状況。
挙句、前半40分という、良い時間帯(by原博美(ぇ)に、絵に描いたカウンターから一発。
この時点では、どうなることかと思いましたよ…
ほとんど危ないシーンがなかっただけに、この一点はもったいなかったという感じでしたね…

そんなわけで後半。
「ゴールで俺たちを熱くさせろ!」というサポーターの声援に応えるかのように反撃開始。
キャプテン山田のラッキーともいえるミドルで追いつくと、
6分後には、右サイドからの低いセンタリングに、達也がうまく合わせて逆転成功!
♪カモン、スーパー達也~♪(ぉ
この2点目が秀逸だったと思いますねぇ。
相手DFよりも一瞬速くボールに触り、ニアサイドに押し込むというか、流し込むというか…
まるで、先日見事な敗戦を喫したバルセロナ戦で、ラーションが見せたゴールのような…
達也の身長で、高いボールを競り勝とうなんて、ちょっと無謀ですが、
足元に早いボールが来れば、相手も対応しづらいですからね。
そこに一瞬のスピードで入り込めば、今日のゴールのようになると。
今後はもっとこういうシーンが増えるといいんですがねぇ…

さて、これでレッズは4位浮上となったわけです。
エメのこととか、噂される新外国人のこととか、色々ありそうですが、
ともあれ好スタートを切ったといえるでしょうね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-07-04 00:11 | 浦和レッズ