<   2005年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 28日

投手王国見る影もなし

あぁ、なんだか貧打とか言われていた時期が懐かしいわい。
少なくとも、あの頃は守り勝つ野球が出来ていたと思うんだけど。
今は、打線はそれなりに打つが、取られる点も計算できなくなってるからねぇ…

昨日、松坂が味方を批判して記事になったけど。
確かに、今年の守備はひどすぎるとは思う。
でも、投手陣だってひどすぎる。
今年のライオンズ投手陣で、実力発揮してるといえるのは、勝ちに恵まれない松坂と、
対照的に援護に恵まれてるけど内容も良い西口と、唯一の先発左腕でがんばってる帆足。
この3人くらいではないですかね。
それ以外の先発は頭数という感じでしかないし、リリーフ陣なんて…
特に森の調子が悪すぎますね。
中継見ていても、あんなのは全然「彼のボール」じゃない。
球速もあと10キロは出ますよ。
最も誤算なのはクローザーの豊田ですかね。
成績だけを見れば、そこまで悪くはないけど、去年までなら彼が出れば
もはや勝ったも同然って感じだったのに、今年は全然安心できません。
挙句、ひじが悪いとかで2軍に行ってしまった…(;´Д`)
替わりにクローザーに入るであろう森は前述のとおりだし、
期待していた小野寺も、先日の楽天戦の様な事があったりでパッとしないし…

松坂のときはともかくとしても、平均すれば打ってると思うんだけど。
むしろ、投手が簡単に点をやりすぎることのほうが問題だと思う。
1点取られたらそこで、2点取られたらそこでと、最小に抑えていかなきゃいけないのに、
いとも簡単に、気前よくビッグイニングをプレゼントしてますからね。
今日の日ハム戦だって、3点専攻しておいて、あっさり5点取られて逆転されたし。
あれがせめて同点で止められていれば、まだまだチャンスはあったものを…
しかも、カブレラに中村と、チームに勢いが出る二人の本塁打だったんだし…
あとは味方が点を取って、よし、いける!って思った矢先にあっさり四球絡みで失点したり、
なんてことも多すぎますね。
確かに、リーグ最多のエラーですから、恨み節もわかりますけど、
昨日の松坂だって、結局決勝点は自らの押し出しだったんですから、
そういうところも考えてものを言わないと。
彼は、自らの発言の持つ影響力を考えたほうが良かったのではないかなぁと。

まぁ、まだシーズンは半分残っているし、一つでも上を目指していってもらうしかないんで…
常套句ですけど、「一戦一戦大事に」戦っていくしかないんですよね…
でもやっぱり、投手のほうが情けないと思うなぁ…
こんな程度の投手陣じゃないと、ファンは信じているんですから…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-06-28 23:38 | 西武ライオンズ
2005年 06月 26日

…どうなってやがんだよ(゚Д゚)

何で楽天にあんなに負けるかねぇ…ヽ( ´ー`)ノ<自嘲気味
楽天が弱いってのは、成績が如実に物語ってるんですよ。
そんなところに、10試合終えて5割っていうのはなんですか。
しかも、この2連戦は内容も最低です。

今日なんて、14安打して、さらに相手がくれた四死球が実に13個。
(ちなみに、内敬遠が5つ。敬遠=弱虫とか言わないが、ここも「弱さの現われ」なんだけど)
四死球を1塁打相当として考えれば、27安打してる計算なんですよ。
…これなら、普通勝ちませんか?
初回から、中村の満塁弾で最高の出だしと思ったら、先発涌井が3回持たずにKO。
まぁ、これはルーキーだから、まだ仕方ないとしよう。
(本当は、ローテ任せてるんだから試合作ってくれなきゃ困るし、その力はあるはず)

次に、4回裏に逆転したと思ったら、その裏(5回表)にあっさり逆転を許した宮越。
点をとった直後は何が何でも抑えるって言うのが野球の鉄則なんですがねぇ…
まぁこれも、楽天打線に勢いがついていたといえなくもないが、直前の3回表を
見事三者凡退に討ち取っているんだから、その流れも切れたはずなんだが…

今度は、9回裏のサヨナラのチャンス。
赤田のラッキーな3塁打から、敬遠2つで満塁に。
これは作戦としては当然ですな。
ここでやっちゃいけないのが、三振、内野フライ、本塁でフォースアウトになるようなゴロです。
…やっちまったよ、首位打者が。
注文通りもいいところのピッチャーゴロですからなぁ…
その後の中村がサードへの併殺打で、あっという間に終わり。
ノーアウト満塁は点にならないとはよく言ったもの。
「最初の打者が肝心」って事らしいが、まさに地で行ってしまった。
1アウト取った時点で、相手はゲッツー狙いで楽になるんだからねぇ…
要は、ホームでアウトにならなければそれでいいんであって、
石井の力を持ってすれば、何とかなったのではないかなぁと。
あるいは、自分の判断でスクイズかます位のこともあっていいんじゃないですかねぇ。
もし、打者が高木浩之なら、やってたのではないかと。
三塁走者も俊足の赤田だし…と、いまさら言ってもしょうがないか。
ただ、そういう「機転が利く打者」がいないってのも現状なんだよねぇ…
打てないときはバントの構えでけん制、なんてことも出来てないし。
そういうところがライオンズ野球だと思うんだが…
いくら石井がハイアベレージだからって、所詮は4割にも届かないんだから、
確率が高いほうを選ぶのが当然なのではないかと。
どうやってとろうが、1点は1点なんだから…

んで、最後は10回表の打者・磯部の場面での星野のエラー。
これはもう言うことありません。
もっともっと守備練習してください。
投げ終わった投手は9人目の野手って言うのは常識ですから。

今日は、ラジオで中継聞いてたんですが8回のカブレラの同点弾の直後に、
中継終わってるんですよね。
いやぁ、あんな無様な試合展開になるとは、終わってくれて良かったですよ。
あんなもん、わざわざ聞かされたくないですからね。

もう、今更レギュラーシーズン優勝しろったって無理ですからそんなことは言いません。
幸い、プレーオフという制度があるんですから、今年は3位からの大逆転で、
大いに世間の非難を浴びようではないですか。
それで非難されるなら、ファンも一緒に悪人になりますよ。
でも、せめてプレーオフに出て恥ずかしくないゲーム差にはしましょうよ…(;´Д`)

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-06-26 23:31 | 西武ライオンズ
2005年 06月 23日

因縁の…新潟戦

7月3日の、埼スタ開催のアルビレックス新潟戦のチケットを購入しました。
今年2度目のゴール裏参戦です。
行かれる方、よろしくお願いしますですm(__)m
などと、とりあえずアピールしてみる(゚∀゚)<何をだ

埼スタでの新潟戦と言えば、思い出すのが昨年の2ndの第5節ですな。
それまで、レッズは負けなしの4連勝で、見事に開幕ダッシュに成功したわけですが、
その中心にいたのが、現マリノスの山瀬でした。
その山瀬が、この試合で靱帯断裂の大怪我を負ってしまった。
次のFC東京戦では、初の黒星を喫したばかりか、山瀬の代わりのトップ下が期待されていた、
長谷部までもが足の指を骨折すると言う非常事態に…
幸い、長谷部は短期間で戻って来れ、2ndの制覇に大きく貢献したわけですが…

この、山瀬の負傷と言うのが、今年のレッズのここまでの低迷の遠因になっていると
いえなくもないなぁと思うわけです。
先日、どこかで「調子の良いときっていうのは靱帯をやってしまいやすい」と言うような話を
聴いた記憶があるんですが、このときの山瀬がまさにそうでしたねぇ…
ここで彼は離脱を余儀なくされたものの、彼を欠いたままでもレッズは優勝。
そこに、山瀬は自らの存在に疑問を見出してしまったとかいうわけで、移籍に至る…と。
もし、このとき山瀬が怪我をしていなければ、レッズはCSをも制覇し、
今頃、レッズの8番は三都主ではなく、山瀬がつけていたのではないかと…

とまぁ、別に新潟というチームに因縁があるわけではありませんが、
この対戦カードと開催地には大いに因縁が感じられます。
ただでさえ、中断から再開される初戦ですから、絶対にとりたいですね。
ナビスコでも負けてますし。
そういえば、昨年の対戦後に、敵将・反町監督がこんなことを言ってましたね。
「(首位にいる)レッズでさえあれほど走り回っているのだから、我々(新潟)は、
もっと走らなければ…」
もう一度原点に返り、人が動き、ボールが動く、アグレッシブな試合展開を期待します。
バルセロナ戦を無駄にしてはいけませんぜ(゚▽゚)ノ

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-06-23 00:40 | 浦和レッズ
2005年 06月 19日

交流戦も終わり…

まあ、とりあえずわが西武ライオンズは18勝18敗の5割で終えました。
というか、何で首位打者(石井義人)と、タイながら本塁打王(中村剛也)と、
さらには最多勝(西口文也)までいてこの程度の成績なのか、
そこが謎なんですがねぇ…

初めての交流戦と言うことで、賛否いろいろありましたけど、
やってよかったと思ってる人が多いのでは?
苦々しく思ってるのは、巨人戦が減ったセリーグの球団経営者くらいですか。
いかに自らの魅力を高めるのが大事かわかっただろうと言いたいが。
そもそも、ライバル球団に頼った経営なんて、ただの怠慢だろうにさ…ヽ( ´ー`)ノ
まぁ、その話はそれくらいで。

とにかくパリーグファンとしては、セリーグしか見ない人たちに、
パリーグにもこんな素晴らしい選手がいるんだということをアピールできたのが嬉しい。
この感覚、セリーグファンにはわかるまい…
あと、セリーグ、いや、特定球団のことしか知らない解説者の勉強の機会にもなったでしょう。
いや、誰とは言いませんがね。

総合成績では、パリーグのひとつ勝ち越しでしたけど、楽天がいたことを考えても、
パリーグの勝利といっても差し支えないでしょうな。
見たか、パリーグの実力!(゚▽゚)ノ(ぉぉ
新庄が、日ハムへの入団会見で「これからはパリーグです」なんて言ってましたが、
まさにそのとおり。
少なくとも、巨人人気が落ちたって関係ありませんからねヽ( ´ー`)ノ<またその話題か

何か新しいことやろうとすれば、ぶーたれる人はいますけど、
やってみないと問題点ってのは洗い出せませんからねぇ。
何事も、机上の空論ではいけませんよ。
思わぬところに問題点はあり、問題かもと思ってたことが、意外と良かったりしますからねぇ。
慣習を大切にするのもいいが、後ろばかり見てる時代は、もう終わりと思った方が…

わがライオンズ、なんとかリーグの3位はキープしましたし、来週からの後半戦、
巻き返しを期待したいですねぇ…
投では涌井、打では中村、この2人の若獅子に大いに期待します。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-06-19 21:44 | 野球
2005年 06月 15日

まだまだ世界は遠い

さいたまシティカップ
浦和レッズ 0-3 FCバルセロナ

いやはや、見事にやられました(^^;
正直、1点くらいは取れるんじゃないかと思ってたんですがねぇ…

ずっとテレビの前で「いやぁ、上手いわぁ…」と繰り返してましたよ(^^;
先日対戦したハンブルガーSVが「強さ」を感じさせるチームなら、
今日のバルセロナは「速さ」と「上手さ」でしょうか。
速さと言っても、選手個々の局面でのスピードなら、レッズも負けていないと思うんですが、
判断の早さとか、パス、ポジショニングの的確さ、すべてを総合した速さでは、
バルセロナがやはり1枚も2枚も上手だなぁと思いましたね。
まぁ、さすがはリーガ・エスパニョーラで優勝するチームだなと。
方や、日本ですら優勝できていないレッズですから、考えてみれば、
これくらいの差があるのは当然なのかもしれません。

しかし、要はこの経験をどう今後に生かすかです。
ある意味、負けて当然なわけで、ギド監督も「今日のテーマは学ぶことだ」と言っていましたし。
昨年も、アテネ五輪期間中にイングランド遠征して、
アルゼンチンのボカ・ジュニアーズにボコボコにされて、
それが2ndに活きて、初のステージ優勝に結びついたってところもありましたからね。
今回もそうなってほしいと思います。
特に今年は、エメルソンはじめ、ボールの持ちすぎが目立って、
得意の早い攻撃に結び付けられない場面が多々あるんで、今日のバルセロナの、
攻撃の組み立て方なんて、非常に参考になったのではないでしょうか。
なので、この試合にエメが出ていないのは非常に残念なんですよねぇ…
彼の個人技がどこまで通用するかも見たかったし、何より彼の意識が変わってくれればと、
そういう面の効果も期待できたと思うんですが…
まぁ、奥さんの体調不良では仕方ないとは言えますけど。
7月のマンU戦には出られるのかなぁ…

内容的には完敗でしたけど、選手個々を見れば、随所で良い動きしてました。
特に若い選手がいいですね。
途中出場の細貝、横山なんて凄くよかったと思います。
細貝はなかなか良いスルーパス持ってるし、横山は思いっきりの良いプレーしてたし。
先日のナビスコ・新潟戦でデビューした赤星、残念ながら怪我の近藤も含め、
レッズの将来は明るいなぁと思いますよ。

それにしても、バルセロナのチキことベギリスタイン・TDとは、
かつて選手として所属したと言う縁があるんだから、誰か若手を2,3人、
留学とかさせてもらえませんかねぇ…
凄く良い経験になると思うんだが。
今日も、途中から21歳くらいの選手が出てましたけど、やっぱりレベルの高さを感じました。
ああいうの見ると、やっぱりまだまだ世界との差は大きいですね。
ここ10年の日本の躍進自体、奇跡みたいなもんだと思いますけど、
スペインはじめ、ほかの欧州・南米の強豪と張り合える日は、いつか来るのでしょうか…
もちろん、くると信じたいです。
そして、そのときの代表の中心がレッズの選手であれば、嬉しいんですけどね。

人気blogランキングへ

↑ランキングに参加しています。くりっくぷりーずm(__)m
[PR]

by warubee | 2005-06-15 23:50 | 浦和レッズ
2005年 06月 12日

「レッドスター」

レッドスター=赤星(アカホシ)。
と言っても、阪神タイガースの赤星選手ではありません。
浦和レッズのルーキー、赤星貴文選手のことです。

静岡の名門、藤枝東から今年レッズに入団した、期待のルーキーで、
今日のアルビレックス新潟とのナビスコカップ予選リーグに出場しました。
いやぁ、実に良かった(^^)
左右両足で出せるパスや、簡単に取られないキープ力。
とてもルーキーとは思えないプレー振りで、3-0で負けたと言うことを忘れてしまいました。
もう少し早く出場機会が巡ってきていれば、ワールドユースという芽もあったんでしょうが…
まぁ、今後いくらでも代表のユニフォームを着る機会はあると思いますからね。

ところで、アルパイですよ…
実際にどんなプレーで警告受けたのか見ていませんから、そこはなんともいえませんが、
ひとつ思うのは、彼はもう日本でやるべきじゃないのかもしれません。
いや、別に出て行けって言ってるんじゃないですよ。
こんなに、出ては退場を繰り返しているようでは、得る物なんて無いでしょうと言うこと。
アルパイ本人にとっても、レッズにとってもです。
そもそも、去年はここまで酷くなかったですからねぇ…
大分戦で退場になったときも、「何でこの程度のプレーが警告なんだ!(`□´)くわっ」
って言うところがありありと見えましたからねぇ…
審判の判定は絶対です。
でも、それならせめて「均一な判定基準」であって欲しい。
あの試合は特に酷かった。
アルパイが警告で、ネネが退場なら、相手も退場になっておかしくなかった選手がいたのに、
結局警告だけでしたからね…
明らかなPK見逃しもあったし。

確かに、審判に文句言うのはいいこととはいえません。
ただそれなら、文句も言えなくなるようなレフェリングをしてくださいよと。
明らかにおかしいと言うのがわかっているのに、それでも文句言うなと言うのはどうか。
野球で言えば、ど真ん中でボール宣告されて、文句言うなと言えるのか。
レッズの某選手の言葉を借りれば、選手は命かけてやってるんです。
審判もプロになる時代なんだから、同じく命かけるくらいのつもりでやってもらわないと。
以前、甲子園球場のグラウンドキーパーの人のインタビューを読みましたが、
「ひとつのイレギュラーが球児の運命を変えてしまうかもしれないから、
そんなことが起こらないようにと、グラウンドの整備を行っている」
というような事が書かれてました。
仮にもプロと名乗るなら、これくらいの心構えはあって欲しいんですが…
まだJリーグの舞台ならいいかもしれませんよ?
でも、W杯に呼ばれたときに、そんなバカバカしい誤審してるようだと、
日本の審判ってのはダメだなぁなどと思われてしまうんですから。
結局は自分に跳ね返ってくるんですからね・・・

人気blogランキングへ

↑ランキングに参加しています。くりっくぷりーずm(__)m
[PR]

by warubee | 2005-06-12 00:30 | 浦和レッズ
2005年 06月 08日

柳沢が鈴木に見えた…

あの髪形は似合わないと思う(ぇ

まぁ、とりあえずW杯出場が決まったようで、良かったですね( ´ー`)
個人的にはどうでも良いことではありますが。

「神の目」には、茨城のエンジ色のチームしか映っていないようですからねぇ…ヽ( ´ー`)ノ
結局コンフェデも、今のメンバー中心で行くんでしょ?
なんか、「すべての選手に可能性がある」なんていってたけど、とても信じられない。
確かに、今年の鹿島はリーグで首位だから、そこから大勢選ばれるのはわかる。
でも、去年はどうだった?
2ndで優勝したレッズからは、三都主だけだったじゃないですか。
(坪井は「代表で壊された」からねぇ)
永井も、達也も、山田も、啓太だって、選ばれても別に不思議じゃなかったはずです。
長谷部と闘莉王なんて、Jリーグのベストイレブンに選出されてるんですよ?
普通、ためしに合宿に呼んでみてみるか、くらい思わないですかねぇ?
それでダメだと思ったら、次から呼ばなければ良いんですから…
大黒だって、「代表しか見ない人」には、突然現れた救世主とか思われてるかも知れないが、
昨年のJリーグで、日本人として最も点取った選手なんだから、選ばれて当然。
むしろ遅かったくらい。

そんなことがあるから、あの神様はどうも好きになれません。
アピールが足りないって言うつもりかもしれないが、そもそもそんな場を与えてないでしょ。
長谷部と闘莉王もそうだけど、才能ある若手っていくらでもいるはずですよ。
彼らを「発掘」するのも、代表監督の重要な使命ではと思うんですけど…
試合が終われば、あっという間にブラジル帰ってるし、決まったチームしか観に行かないし…
鹿島なんか今更見るまでも無いでしょう、もはや知り尽くしてるんだから。
優勝しても選ばれなかった以上、今のレッズから選ばれる可能性は極めて0に近いから、
ますます興味がなくなるってもんですな。
啓太はすごい成長してるし、都築はここのところ絶好調だし、山田は円熟味すら感じさせるし、
イラン戦は消化ゲームなんだから、誰か新メンバー選びましょうよ…
(もちろん、レッズに限らずですよ)
「ウィニングチーム・ネバーチェンジ」という言葉はあるが、
「チェンジする機会を逸した」のは監督の責任でもありますからねぇ。
その気になれば、試す場はいくらでもあったんだろうに…

しかし、年々代表への興味が薄れるなぁ…
考えてみると、米国大会予選のときはかなり入れ込んでましたねぇ。
んで、フランス大会予選のときはそれなりに喜んでましたよ。
でも、今思えば、あれは岡野のゴールに対する喜びだったのか…
ずっと「使え、使え」って念じてましたからねぇ(^^;

まぁ、「結果を残した」以上、解任論とか言うつもりはありません。
なにより、キャプテンが替えるつもり無いでしょうからね。
でもなんか、インタビュー聞いてて思ったんですけど、
目先の結果にこだわるなみたいなこと言っておいて、一番目先のことにこだわってたのは、
ほかならぬ監督だったような気がします。
まぁ、結果を残すことが仕事だから、仕方ないのかもしれないけど、
ドイツ大会が終わった後、アテネ五輪世代よりもっと大きな「谷間」が出来てはいないかと、
なんだか不安に思ってしまいます。
フランス大会で岡田監督が三浦カズを外して小野伸二を呼んだように、
日韓大会でトルシエが中山と秋田を呼んだように、
何か一つ「サプライズ」を期待したいものです。
ぜひとも、「おっ、やるなジーコ(^^)」と思わせて欲しいですねぇ…

しかし、こんなこと書いてると「めでたい日に水をさすな」とか言われそうですが、
僕は別に喜んでないんで(マテ
アジアを甘く見ているわけでもありませんし、ドーハもジョホールバルも知ってる人ですから、
予選の難しさもわかってますが、欧州ほど厳しいわけでもあるまいし、
いちいち予選で喜んでられないでしょうというのがホンネです。
それなら、なおさら書くなって話なんでしょうけどねぇ…(^^;

最後に一言。
みなさん、Jリーグも観ましょうよ…ね?

人気blogランキングへ

↑ランキングに参加しています。くりっくぷりーずm(__)m
[PR]

by warubee | 2005-06-08 22:04 | サッカー
2005年 06月 07日

禊はすんだのカイ?(゚∀゚)

<渡辺恒雄氏>巨人会長就任内定 わずか10カ月で返り咲き

戻ってくるんですか、あの御大が…
プロ野球界挙げて、新たな道に進もうと(表向きは)努力しているこのときに、
旧体制の象徴のようなこの人がお戻りになるとは…

まさか、自分が一線退いたから、今の巨人の体たらくがあるなんて、
思ってるのではありませんかねぇ?
だとすれば、今のライオンズの体たらくも堤さんのせいに出来るんですが(^^;

あの人が戻ったところで、後戻りすることはあっても、先に進むことは無い気がするんですが。
そりゃぁ、多大なる影響力は認めますから、ある意味でプロ野球界をまとめていける、
とは思うんですよ。
そういう意味じゃ、あの人は貴重な人物ではあるんですよね。
(今の球界にそんな人はいない。その点は認めざるを得ない)
問題は、その方向性ですよ。
なんか、今の交流戦の盛り上がりを見て、
「だから1リーグにしろと言っただろ?今からでも遅くない、来年からやるぞ」
なんて言い出しそうで怖いのです。

何より気になるのが、まだドラフト改革の方向性が見えていないときに戻ってくること。
結局このままじゃ、改革なんて絵に描いた餅になりそうで…
人気球団の理論を振りかざすのは止めていただきたいものです。
前も書いたが、もはや「企業努力」では追いつかないくらいの格差が生まれてるんです。
それなのに自由競争にしたら、もう6チームくらいしか生き残れないんじゃないかと。
確かに、今の地位を築いたのは企業努力の賜物だったかもしれない。
でも、それをやったのは今のフロントじゃないんですから。
ソフトバンクだってそうだ。
ホークスが今人気球団なのはダイエーの功績、それこそ企業努力であって、
ソフトバンクは(まだ)何もやってないに等しいんですから。
それなのに、孫さんってば現行のドラフトが弱いところに合わせるのはおかしい、
なんていうんですからね。
ドラフトなんてものは、戦力均衡がそもそもの目的なんですから。
弱いところにあわせるんじゃなく、全体の底上げと考えれば。
それに、甲子園の優勝投手が必ずしもプロで活躍できるわけではないんだし。
縁あって獲った選手をどう育てるかって言うところが、それこそ企業努力でしょう。
秋山さんはドラフト外だったし、現巨人の工藤だってドラフト6位だったんですからね。
ホークスみたいに、「自由枠を活用」して即戦力ばかり獲ってるところには、
そんな「企業努力」はわからないかもしれませんが?ヽ( ´ー`)ノ
…こんなこと書いてたら怒られるかな?(^^;

すぐ話がズレるなぁ(^^;
まぁ、企業努力という点では、楽天のほうがよっぽど努力してると言えますよ。
少なくとも、巨人戦に頼ることしか考えてないセリーグの球団よりは…ね。

人気blogランキングへ

↑ランキングに参加しています。くりっくぷりーずm(__)m
[PR]

by warubee | 2005-06-07 22:52 | 野球
2005年 06月 06日

契約期間内だから仕方ないのかなぁ…?

ジュビロ磐田オフィシャルHPの、右近社長のコメントを見て愕然としました。

「今回名古屋グランパスエイトへの移籍につき、クラブ間合意に至ったことを本人に伝え、本件の最終結論と致しました。」

そうだったのか…
ということは、藤田本人はレッズを望んでいたのかもしれないのに、
強引に会社が決めたことだったんですね?<あえて毒っぽく言うが
やっぱり、「契約期間内」では、クラブに決定権があるんですかねぇ…
でも某紙によれば、残留か名古屋かの二者択一を迫ったとも。
それはちょっとあんまりでは?
もともと、ジュビロで出場機会が得られないって事で始まった話なんだから、
ここまで来て残留の線は無いでしょう。
そうなれば、実質名古屋行きしかなかったわけで…

記者会見では、終始硬い表情だったらしいですが、その本音やいかに。
まぁ、ジュビロサポーターの事とか考えれば、あまりにこやかにも出来ないのでしょうが、
そこにはなんとなく煮え切らないものがあったのではないかと感じてしまいます。

最後に一つ負け惜しみなんぞ。
名古屋サイドは、「親会社(ホントはそうは呼ばないが)」のトヨタのお偉いさんが出張ったとか。
こんな妙なところで親会社に頼っているようじゃ、まだまだですな。
早くレッズのように独立しなされヽ( ´ー`)ノ

人気blogランキングへ

↑ランキングに参加しています。くりっくぷりーずm(__)m
[PR]

by warubee | 2005-06-06 22:07 | 浦和レッズ
2005年 06月 05日

…結局名古屋かよ ( ゚Д゚)ケッ

名古屋が藤田獲得を発表

…なんじゃ、そりゃ。

まぁ、名古屋もレッズに感謝してほしいですな。
レッズが藤田を欲しいと言い出さなきゃ、こんな流れにはならなかっただろうし。
結局は、レッズの影響力のなせる業って言うか…
ジュビロとしても、レッズにやるくらいなら名古屋にって感じなんでしょうな。
まぁ、せいぜい名古屋で頑張ってくだされ。
埼スタでのブーイングをお楽しみに♪(゚∀゚)ノ
…などと毒づいてみる。(ぉ

…ってか、埼スタでの名古屋戦って終わってんじゃん。
あちらさんはナビスコでももう負けてるし…
つまんねーの(゚Д゚)ケッ
向こうのホームでブーイングしてもなぁ…

まぁ、来ないと決まった以上は、もはやどうでも良いんで。
あとは、名古屋での活躍が藤田選手の望む結果(代表)に結びつくようにと、
とりあえず祈ることにします。
ただ、結局は誰が決めたことなのかってことなんですけど。
藤田選手が、せめてもの義理というか、ジュビロに残すものとして、
移籍金が一番高い名古屋を選んだとか、そういうことならいいんですよ。
あるいは、名古屋の話に一番惹かれたとかね。
せめて「本人の意思が尊重された」ものであって欲しいなぁと思うわけです。
仮に、本人がレッズ入りを望んでいて、フロントが強引に名古屋に決めたとかだったら、
それはどうかと思いますなぁ。
(まぁ、ウチのフロントも突っ走るところあるから、反感買うのはわからないでもないんだが)
ジュビロのオフィシャルに、「本人に確認して」とは書いてあるが…
経緯を考えれば、どうしても邪推したくなる。
まぁ、自業自得と言われればそうかもしれんけど。
(フィーゴ獲得報道とか、冗談でも出すべきじゃなかったし)

日本人が大好きな「義理の物語」と、欧州辺りじゃ当たり前の「ビジネスライク」な話と。
今後は、こういうケースがもっと増えてくると思いますが…

いずれにしても、こうなれば長谷部に頑張ってもらうしかない。
大宮戦の前半のようなプレーを心がけてもらえれば、
必ず良い結果がついてくると思いますからねぇ…
どちらにしても、どん底は脱した感じですから、大丈夫だと思いますけどね。

人気blogランキングへ

↑ランキングに参加しています。くりっくぷりーずm(__)m
[PR]

by warubee | 2005-06-05 21:21 | 浦和レッズ