<   2005年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2005年 02月 28日

期待のルーキー

涌井“松坂級”だ 初登板150キロ

いやぁ、凄いですね。
ドラフトの時も書いてますが、個人的にダルビッシュ投手よりも涌井投手のほうを
評価していたので、こういう結果を出してくれるとなんだか嬉しくなってしまいます(^^)
まぁ、まだオープン戦の序盤ですし、イニング限定で思いっきりいけるって言うこともあるから、
あまり全てを鵜呑みにしてしまうのもどうかとは思いますけど、
能力が高い事は証明できたと思いますね。
他球団のスコアラーの間でも、評価急上昇らしいですしね。

現在のところ、先発ローテ候補は松坂投手ぐらいしか確定してませんからねぇ。
右の好投手は多いチームですが、十分開幕ローテのチャンスはあると思います。
まぁ、「好事魔多し」とも言いますから、油断せずに行って欲しいと思います。
[PR]

by warubee | 2005-02-28 08:40 | 野球
2005年 02月 24日

レッズに妹が(ぇ?

L1さいたまレイナスが浦和レッズに

これはオドロキでした。
まさか、吸収してしまうとは…

しかし、レイナスといえば、チーム発足当初は弱くてどうしようもなかったんですよねぇ…
当時はまだ、「浦和レディース」とかいう変な名前でしたし(マテ
それが、今ではリーグ優勝するほどの「強豪」ですからねぇ…
そう考えると、いろいろとレッズとの共通点はありそうです。
監督も、元レッズの田口貞則さんですからね。
田口さんも「浦和レッズ監督」と言う肩書きを図らずも手に入れる形になりましたな(ぉぉ
田口さんと言えば、現役時代は、レッズ男子(ぉ)のギド監督と鉄壁のDF陣を組んでましたし、
再びコンビ復活と言う事で、色々と協力し合えればいいと思いますね。

レイナスは、昨年リーグで優勝しましたが、経営は決して楽じゃなかったですから、
レッズに加わる事で、そういう意味の心配は全くなくなりましたね。
これで、選手も試合に集中できるし、場合によっては男子の練習に参加って事も
ありえないことではないと思いますし。
レッズ男子の試合と同日にやることで、満員の埼スタでプレーする機会も、
もしかしたら出てくるかもしれません。
結構夢が広がってきますね。

レッズにしか出来ない取り組みって言うのは結構あるはずです。
他チームの関係者さんには悪いですが、
バルセロナ、マンチェスターU、バイエルン・ミュンヘンという世界を代表する強豪から、
試合の申し込みが殺到するようなチームはレッズくらいなものでしょう。
逆に、レッズが切り開かなければいけない道と言うのもあるかもしれませんしね。

とにかく、今年も埼玉は熱くなりそうです(^^)
[PR]

by warubee | 2005-02-24 20:45 | サッカー
2005年 02月 24日

野球選手とか言う以前に。

阪神筒井投手、83キロ超の速度違反

何を考えているんだか。
F1レーサーにでもなったつもりだったんですかねヽ( ´ー`)ノ
どうやったら183キロで走れるんだろうか…
僕なら怖くてとても無理ですが。

しかし、先日のダルビッシュ投手の件といい…
野球選手の不祥事が多いですな。
阪神は、昨年の上坂選手の例もあったことだし、管理部長の譴責程度で済ませていいのか。

繰り返し言うけど、ルールは守りましょうよ…
スポーツ選手なら、ルールの大切さくらい、一般人よりよっぽどわかっていると思っているのは、
幻想なんでしょうか…
だとしたら、余りに寂しい事ではないですか?

もっと書きたいことがあったはずだが、呆れてしまったですよ…
[PR]

by warubee | 2005-02-24 20:30 | 野球
2005年 02月 21日

もったいない…

喫煙でダルビッシュ投手を謹慎

なんていうかなぁ…
本当に、「もったいない」って言葉しか出てきませんよ。
パリーグファンとして、今年のリーグを盛り上げてくれるはずの彼が、
こんな事になると言うのは、非常に残念です。

まぁ、僕も写真週刊誌のやり方には嫌悪感ありますけどね。
今回の件だって、どうせ盗撮まがいな事やってたんだろうし。
でも、そんなこと差し引いても、タバコの害を考えれば、
ダルビッシュ君本人にとって、損にしかならなかったはず。
もしも、吸わなきゃ一日もたないって程のヘビースモーカーなら、
そっちのほうが問題です。
とにかく、これを機会にタバコはやめるべきです。
個人の嗜好に口出ししたくはないけど、今後の彼のことを考えれば、百害あって一利なし。
引退してからいくらでも吸えばいいんだから、少なくとも現役の間は、
もはや吸うべきではないでしょう。
それでなくても、以前も彼は喫煙問題で騒がれたんですから。

記事を読むと、「練習は寮内に限られる」とあります。
この「寮内」が、寮に付属しているであろう練習場とかも含まれるのかは判りませんが、
いずれにしても大きく出遅れることは間違いありませんね。
(それでなくても出遅れていたんだから)
走り込みとか、投球練習とか満足に出来るとは思えません。
これで、開幕一軍は少し遠のいたと言えるのでは…

何より、これで彼に悪いイメージが付くことが一番心配ですよ。
未だに江川さんの「空白の一日」とか、桑田投手の件もそうだし、
プロ入時の事って結構後々まで残りますからね…
(まぁ、今回はプロ入りしてからですが)
別に聖人君子になれとはいいませんが、未成年の喫煙は、スポーツ選手とかいうことを
抜きにしても、やっぱり問題でしょう。
以前も書きましたが、スポーツ選手である以上は、ルールは守らないと。
(一般人でももちろんそうですけど)
それは別にプレーの中でのルールに限りません。

ダルビッシュ君には、良くも悪くも、自分が注目される存在であるって言うことを、
もう少し自覚してほしいなと思います。
せっかくあれだけの能力と素質と可能性を持っているんですから、
変な事でつぶれたりしたらもったいないですよ。
ともかく、これを糧にして、悪いイメージを一掃するような活躍を期待します。
こうなったら、実力で黙らせるしかありませんからね。
もちろん、実力ついたからって、何してもいいって意味ではありませんが…
[PR]

by warubee | 2005-02-21 00:02 | 野球
2005年 02月 20日

だから、「普通」って何さ?

「普通の子」と凶行に落差 専門家、精神鑑定を

周囲の人には普通の子として映っていた…ですか。
毎度おなじみの常套句ですな。
そりゃ、普段から問題があった子でした、なんて言うわけないでしょうが。
(訴えられて、「訴状を見てないのでコメントできない」と言うに等しい脊髄反射的返答ですな)
いじめがあったか無かったかっていうことも色々言われているようですが、
事実はどうあれ、こうなった以上、いじめてましたなんていう人がでてくるわけないでしょうが。

んで、「普通の子」ってなんなんですかね?
僕はこれと、「最近の若者は」って言う言葉に相当な嫌悪感持ってるんですけどね。
前も書いたけど、普通の子とか言うのは、大人がその子の個性を理解できていないだけ、
って言う気がするんですけど。
最近は小学校の運動会とかで徒競走やると、ゴール直前で一旦止まって、
全員で手を繋いでゴール、なんてアホくさい事やってる所があるらしいですね。
なら、最初から運動会なんかやんなきゃいいのに。
「勉強はちょっと苦手だけど、走るのは得意」って子は、そこで個性を奪われる。
(昔だってそういう子はクラスに何人かいたはずなのに、何故今はダメなのか)
そして、「勉強が苦手」って言うだけになる。
競争がダメって言うなら、成績表も、受験も廃止されないとおかしいでしょうが。
ゆとり教育なんかより、没個性教育の問題をよっぽどどうにかしてほしい。

さっきもテレビでやってたが、ゲームとの関係。
これだって、短絡的に決め付けるのはおかしいですよね。
確かに、「『最近の』少年犯罪」との因果関係は無視できないかもしれない。
でも、そんな事を言う大人が子供の頃って、そもそもゲームなんて、
今に比べてどれほど普及していたでしょうか?
子供の頃からゲームに親しんでいるのは、別に今の子供たちの罪じゃないです。
作っているのは大人なんですから。
今の大人たちだって、もし現代の子供だったとしたら、
「ゲームの影響で犯罪に走った」とか言われかねないんですが?
独創性が足りない日本人において、漫画・アニメとかゲームとかの「コンテンツ産業」は、
世界で認められているものであると言うことも、まず理解しないと。

なんか本線からずれた気もしますけど。
ともかく言っておきたいのは、下の世代を育てるのは、上の世代であると言う事。
ゲームに親しんでいるのも、メールがコミュニケーションの中心になっているのも、
ただ単に、「与えられた環境に適応しているだけ」って言う考えは持ったほうがいいのでは。
例えば、子供が食べ物を粗末にするので、贅沢だと叱ったところで、
子供にとってみれば、食べ物は「あるのが当たり前」なんですよね。
だから、食べ物の大切さを説かれても、いまいち実感がわかないでしょう。
でもそれは子供が悪いのではなくて、飽食の時代に生きている以上、「ある意味」で
当然の感覚と言えるんじゃないかってことですかね。
そういう日本を築いたのは、大人たちなんだから、どうして子供ばかりを責められようか、と。
それが意図した、しないにかかわらず、善し悪しにかかわらず、
(もちろん、今の豊かな日本を築いた功績は忘れるべきものではない)
上の世代が下の世代を一方的に非難できるはずがない、と言いたいわけです。
(20年も空けば、もはや無関係とはいえませんな。)
長々と書いてきてそんな程度の主張ですが(^^;

最後に、とある漫画のセリフから。

「外国に行って、自分が外国人であるということを認識する事は多い。
だが日本は違う。
「自分が日本人ではない」、と強く認識させられるんだ。」

どう思いますか?
[PR]

by warubee | 2005-02-20 11:35 | 雑談
2005年 02月 16日

ルールは守るためにある

スポーツ

上原更改へ メジャー移籍話し合いは継続

やっと「解決」しましたね…
まぁなんにしろ、上原投手には気持ちを切り替えて、シーズンに臨んで欲しいものですが。

しかし、アレですな。
現行のポスティングシステムの制度の中身の是非はさておいて、
井川投手の事も含めた今回の件で、一つだけいえる事がありますね。
これを契機にして、ポスティングシステムの改正、あるいは新たな制度の制定と言う事を
話し合うのは大いに結構なんですが、
「今の制度がおかしいんだから、メジャー移籍を認めろ。認めない球団が悪い」
って言うのは、どう考えても通りませんね。

例えば、バッターが
「ストライクは3つ取られただけでアウトなのに、ボールは4つにならないと出塁できないのは
明らかに不公平で、これはルールがおかしいんだから、ボール3つで一塁に歩かせろ」
とか言ってるようなもんだと思うんですがね。
適当な例かどうか知りませんけど(^^;

そもそも、スポーツ選手って、ルールを守る生き物だと思うんですが。
それは、プレー上だけの話ではありません。
確かに現行の制度はおかしいかもしれない。
でも、だからと言ってないがしろにしていいという理由にはならないはずです。
選手として、脂の乗った時期に行きたいというのも判らないではないですが、
メジャーにだって、クレメンスとか、ランディ・ジョンソンとか、シリングとか、
あの年でバリバリ活躍してる人がいるじゃないですか。
上原投手の場合、身近に工藤投手という生きた見本だっています。
上原投手は今年で29歳らしいですが、もう自分の限界を決め付けているのでしょうか。
井川投手に至っては、まだ26ですよ。
彼の村田兆治さんは、33歳で手術して、35歳で復活、そして今もマスターズリーグで
140キロの球を投げているではないですか。
「彼らは体の出来が違う」なんて言ってる様だと、メジャーに言っても通用しないのでは?

ボストン・レッドソックスに移籍したデニー投手の受け売りですが、

「『Never Too Late』 人生遅すぎることはない」

この言葉を、彼らに贈りたいものです。

PS.僕はメジャー移籍自体は容認派である事を付け加えておきます(^^;<自己フォロー
[PR]

by warubee | 2005-02-16 19:58 | 野球
2005年 02月 15日

それでいいのか…?

小論文、コンピューターで自動採点 入試センターが試作

どうですかね、このニュース…
なんか最近、国語力の低下がどうのと言っていますが、
そういってる傍らでこういうニュース聞くと、この国は何を目指して、
教育を行っているのやらと思います。

まぁ、確かに大学の側にも採点の苦労はあるんでしょうが…
それにしたって、マークシート方式の4択問題ならともかく、
自分の考えを書いた小論文を、機械に採点されたくないだろうと思うんですよね。
大体、何のための小論文かってことですよ。
そんな、ある決められた範疇での文章が書ければいいって言うんなら、
別に試験なんかやることないじゃないですか。
論文って言うのは、自分の考えを述べてこその論文であって、
そもそも正解不正解なんてあるもんでもないと思いますし。

「このときの主人公の気持ちは、なんて言われたって、本人じゃないから判らん」
なんていう人もいますけど。
(個人的には、そういう「文章の裏」を読むのがまた面白いと思うんだが)
そんな、「表面だけ整って」いれば正解とされるような文章を書く訓練をさせられた世代が、
やがて日本の文壇を担っていく事を考えれば、本当にそれでいいのかと。
今、「ゆとり教育論争」がありますが、この件に関してもそうなるような気がしますよ。
そうなった場合、悪いのはこの世代でなく、そういう教育をした世代だってことを、
キッチリ理解してほしいが、果たしてそんな考えがあるかどうか。

「受験英語」って言う言葉がありますけど、「受験国語」って感じになりはしないかと、
妙な心配をしてしまいます…
でもまぁ、なんだかんだ言ったって、まだ日本語も怪しいような小学生に、
英語を教え込もうとしているくらい、母国語に対する愛がない国ですから、
別に驚くような事でもありませんかね。ヽ( ´ー`)ノ
まったく、「愛国心」が聞いて呆れる…
[PR]

by warubee | 2005-02-15 21:05 | 雑談
2005年 02月 14日

世界一治安の良い国…だったのに

ニュース・評論
<小学校乱入>17歳少年が教職員3人殺傷 少年は口つぐむ

また起きたかという感じですなぁ。
しかし、本当に怖い世の中ですねぇ…
それでも、世界にはまだまだ怖いところがあるとは思いますが、
今の日本も十分怖いと思いますね。

動機とか事件の背景は、まだ詳しいことは出て来ていませんが…
まぁ、どうせ聞きたくもない理由なんでしょう。
彼にもかわいそうな部分はあったのかも知れんけど、
だからって殺して良い理由にはならんでしょう。

なんか、先日読んだ「韓非子(かんぴし)」と言う本(書物?)の事を思い出しました。
これは、中国の戦国時代を生きた「韓非(かんぴ)」と言う人物が書いたものです。
(「~子」というのは、「~先生」とか、あるいは「~全集」みたいなニュアンスですかね)
彼の著作を読んで感動した秦の始皇帝が「この作者に会えたなら死んでも良い」
(実際会いましたが、死にませんでしたね(ぇ?)
と言ったとか、あの有名な諸葛孔明が、主君に写本を贈ったとか、色々伝説があります。

内容と言えば、「国を治める上で最も重要なものは法術である」とか、
「功績あるものには厚い恩賞を、罪を犯したものには厳罰を」とか、
まぁ、内容は難しいですが、呼んでみると現代に通じる部分があったりして、
非常に面白かったです。
文庫化されたのとかが図書館とかにあるかもしれないので、もし興味がおありならどうぞ。
(「守株(待ちぼうけ~♪)」とか、「矛盾」とか言う言葉の出展もここらしい?)

で、何が関係あるのかというと、
「刑罰とは、罪を犯したものに対して行うのでは意味がない。善良な市民に罪を犯させない事が重要である。」
と言っているって事なんです。
これを読んで、おお、なるほどと思ったんですが。
「目には目、歯には歯」っていう、ハンムラビ法典の有名な言葉がありますが、
これは「罪に応じて刑を下す」って言う発想ですよね。
対して韓非子では、こんなエピソードが紹介されています。
(原文に忠実とはいきませんが、大意はこんな感じ)

「昔、灰を道に捨てると死刑という法があった。これは、灰を捨てた事自体が死刑に当たるのではない。
灰を道に捨てれば、通りがかりの誰かに降りかかるかもしれない。
そうなれば、殴り合いのけんかになり、どちらかが殺されるかもしれない。
つまり、誰もが守る事の出来る『灰を捨てない』ということを徹底させて、
殺人と言う犯罪を未然に防いでいたのである。」と。

また、こうも言っています。

「罪を犯したものに対して刑を行うのでは、死人を取り締まるようなもので意味がない」

つまり、罪を犯す前に抑止する事が、法律の真の存在意義だというんです。
なんか、これを読んで凄く納得してしまいました。
今の世に置き換えるなら、さしずめ

「赤信号で止まらなければいけないのは、通行者に恨みがあって止めているのではない。
誰もが守れる『赤で止まる』と言う事を守らせる事で、交通事故と言う更なる不幸を
予防しているのだ」とか言えましょうかね。

まぁ現代では、昔と違って、すぐに死刑にするって言うわけにはいかないと思いますけどね。
でも、この本を読んだ後では、我が思想がすっかり塗り替えられてしまったような。
今、死刑廃止論と言うのがありますが、そういう人たちにも読んでもらいたいかも。
(読んだ上で、主張を展開するときの参考材料にしてもらえれば)
ただ、一つ誤解してほしくない点がありますが、「韓非子」では、
「民を過酷な法律で縛って弾圧しろ」と言っているわけではないんですよ。
こういうことも書かれています。

「刑を厳しくすれば、民を苦しめるだけであると言う人がいるが、
刑を厳しくする事で、犯罪者が減り、また、起こりうる犯罪を未然に防ぐ事も出来る。
もしも刑を軽くすれば、法律を甘く見て犯罪がかえって増える事になるだろう。
はたして、どちらが結果的に民を苦しませる事になると言えるのだろうか。」と。

少年法の改正って言う問題もありますが、
「少年法で守られてるうちにやっとけ」なんていうドアホがいるって事は、
やっぱりある程度(かなり?)刑を厳しくして抑止力にするって言う、韓非の思想は、
案外今の世にも生きるんじゃないでしょうか。

PS.本は図書館に返してしまったので、細かいところで違ったりしますが、
あんまり揚げ足とらんでください(^^;
[PR]

by warubee | 2005-02-14 21:43 | 雑談
2005年 02月 09日

代表の試合ってそんなに面白いですか?

2006年サッカーW杯ドイツ大会・アジア地区最終予選

日本 2-1 北朝鮮

久々に代表の試合を見ました。
最も前半だけですが。
なんか、「北朝鮮って結構いいチームだな~」って印象が強いだけだった気が。

僕にとっては、「レッズ>>>>>>>代表」ですから、
別に応援するというでもなく、三都主がふっ飛ばされるたびに
「あぁ、壊すな~(;´Д`)」と思ってましたねぇ。
これまでも、シドニー五輪の予選で小野が大怪我、
昨年もアテネ五輪の予選で闘莉王が怪我したし、A代表のクロアチア戦で坪井も…
あんまり代表に良い思い出がありませんで。

というか、ジーコがレッズの選手選んでくれませんからねぇ。
昨年のJリーグで最も攻撃力のあったレッズから、三都主だけっていうのは何故か。
「所詮エメルソン頼みのチームだろ」とか思っているのか…
でも、鹿島の小笠原ー鈴木コンビと、レッズの長谷部ー永井(田中達也)コンビでは、
決して遜色ないと思えるんですが、贔屓目ですかね?
思えば、ナビスコの決勝で2年連続で浦和ー鹿島になったとき、ジーコがゲストでしたが、
鹿島が勝ったときは、試合後やたらと喋ってたくせに、
レッズが勝ったら、殆ど喋らなかった気がしますからねぇ。
いや、ただ単に放送時間の関係かもしれないが…

永井だって、かつて選ばれたときより数段良くなっているし、山田はトップ下経験して、
プレーに幅が出てるし、長谷部はベストイレブンに選ばれたんだから、
代表に呼んだって良い筈なんですが。
それとも、「今更新戦力をテストする余裕は無い」とでもいうのか。
だとしたら、今までもテストしてこなかったツケでしょうが…と言ってやりたいもんですが。
どうもこの話になると怨念がこもりますな(^^;

まぁ、ともあれこれで一勝。
内容はともかくこれで一勝。
これでドイツへ一歩近づきましたかね。
[PR]

by warubee | 2005-02-09 23:45 | サッカー
2005年 02月 07日

高いのか安いのかわからんが

ソフトB-巨人戦、最高入札12万1000円

どうなんですかね、こういうのは…
なんか、ファンにまで貧富の差をつける気かと言いたくもなるんですけどねぇ。
まぁ、この12万で落札されたものは、16人入れるボックス席だとか言うんで、
一人頭で割った場合は約7500円ってことで、そこまで法外とは思いませんけど、
本当に16人で見る人がいるのかどうかって事もありますし。
そんな大人数で来るのは、会社の接待辺りしか思いつきませんが。
相撲の升席みたいにお土産とかついてくるんですかねぇ?
いずれにしても、たかが野球の試合をそこまで払ってみたいかどうかってトコですか。

ま、どうせ一般庶民にそんな豪華な席は必要ありませんけどね。
ネット裏よりも外野席のほうが楽しいですからネーヽ( ´ー`)ノ
[PR]

by warubee | 2005-02-07 20:13 | 野球