カテゴリ:浦和レッズ( 214 )


2005年 05月 31日

埼スタ、ガラガラだったなぁ…

浦和レッズとドイツ・ブンデスリーガ所属のハンブルガーSVの一戦。
あれほど空いてる埼スタっていうのも、珍しい光景でしたねぇ。
まぁ、火曜日の夜だし、相手も微妙なところだったし(マテ
高原はいないし、ムペンザもマハダビキアもいない、他の代表クラスもいない…
あんまり見所無いだろうと思ってたんですが。

結局のところ、最後の30分くらいしか見てないんですけど、
流石のレベルの高さは見えましたね。
特にディフェンス。
エメを止めるには、軽々しく飛び込まないことだと言う日本のDFがいますが、
今日の場合、飛び込んで、かつ奪われてって場面がいくつか。
あぁ、ギドもこんなスライディングで奪ってたよなぁって感じ。
なにしろ、ガタイが良いですから、小柄な選手が多いレッズは、結構吹っ飛ばされてましたね。
自分から当たりに行って逆に飛ばされてましたし…
スピード自体はそんなに感じなかったから、かわせば置いていけるんでしょうけどね…

レッズも結構若手主体でしたが、横山とか細貝あたりは、可能性を感じさせてくれました。
特に横山は良かった。
Jでも、度々スーパーサブ的役割を果たしていて、何かやってくれそうな雰囲気を
身に着けつつありますね。
しかし、レッズはこういう選手が良く出てくる。
福永、岡野、田中達也…そして横山。
まだスタメンでって言うレベルではないけど、少ないチャンスに活躍できるって言うのは、
やっぱり何か持ってるなって感じです。
ただ、ちょっと気になるのは、彼をどう育てていこうとしているのか。
本来FWの筈ですが、エメ、達也、永井に割って入るのは難しい。
ではMFか、となると、左サイドは三都主がいるし、平川もいる。
トップ下となると永井、長谷部、山田…
ボランチは彼の場所じゃないと思うから、どうも居場所が無い。
色々こなせるのは良いんだけど、変に器用貧乏にならないで欲しいと思うんですけどねぇ…
レッズには貴重なレフティーなんですから、大きく育ってもらいたいものです。

さて、今年は他にもスペインのFCバルセロナと、イングランドのマンチェスター・Uとの
対戦があります。
バルサはチキことベギリスタインの縁だし、マンUは昨年のボーダフォンカップで
対戦が中止になってしまったお詫びの来日って感じですし。
だから鹿島はついでなのさ(゚▽゚)(ぉぃ<わざわざ敵に回すようなことを…
世界の超一流相手にレッズがどこまでやれるのか、楽しみです(^^)

人気blogランキングへ

↑ランキングに参加しています。くりっくぷりーずm(__)m
[PR]

by warubee | 2005-05-31 23:40 | 浦和レッズ
2005年 05月 11日

夢は夢として…でも。

浦和、フィーゴ獲得へ

いやぁ、ビックリしましたこのニュース。
相変わらず犬飼さんは飛ばしてくれますねぇ…
今年はたいした補強が無くてどうなるんだと思っていたら、
ここに来て藤田獲得宣言に続き、まさかフィーゴとは。
昨年も、スペインリーグが休みのときだけロナウジーニョをレンタルで、
なんて話してましたが…
(さすがにアレは冗談だろうなと思いましたけど)

しかし、年俸はともかく、このくらいの移籍金だったら払えますね。
山瀬をマリノスにもって行かれたぶんの移籍金がほとんど残っているはずですし。

しかし、そこで一つ気になること。
そう、藤田獲得の件との絡みですよ。
藤田がジュビロを出たいといったのは、ひとえに出場機会を求めてのこと。
そこに、レッズが山瀬の後釜として藤田に白羽の矢を立てたわけで、
お互いの思惑が一致した形になっているわけですが、
そこにきてこのフィーゴ獲得のニュース。
あんまりフィーゴについて詳しくは無いんですが、おそらく藤田と似たような
ポジションなのだろうと思います。
そうなると、藤田に迷いが生じてくるのではないか。

「俺を必要としているといってくれているが、もしフィーゴが来たら、俺はどうなる?」

と思うのが普通でしょう。
もちろんプロなら、フィーゴを向こうにまわしてポジションとってやる、位の気概がほしいですが、
自分と重なるようなポジションの選手に同時に食指を伸ばすようなチームに、
果たして行きたいと思うのかどうか。
僕が藤田の立場なら、本当に必要とされているのかと疑問に思うでしょう。

まぁ、僕自身はフィーゴ獲得はあんまり現実的でないと思っているんですが、
こういう話が出てくること自体、藤田に対して失礼ではないかと。
別にVIP待遇で迎えろとか言うんではないです。
ただ、今いる選手とのポジション争いは当然のこととして、
どうして平行してこういう話を出してしまったのか。
藤田のことは別にしても、いまいるメンバーの中に藤田とフィーゴが入って、
いったい誰が抜けるのかっていうのも問題ですよ。

「沈黙は金」とか、「口は災いの元」とか言いますが、さらに「二兎を追うものは一兎をも得ず」
なんてことになりはしないかと、少し心配です。
まぁ、何の策も無いフロントよりはいいのかもしれませんけどねぇ…
しかし、こういうニュースが出ると、また金満クラブとか言う人がいるんだろうねぇ。
そういうこと言う前に、まずどこからその金が出ているのか、きっちり理解してほしいですね。
「浦和レッズが浦和レッズとして」稼いだ金なんですから。
親会社の三菱の援助受けてないんですから、まさにプロチーム。
悔しかったら、まず独立採算を実現してみろってなもんですな。

まぁ、長くなりそうなんでこの辺で(^^;

人気blogランキングへ

↑ランキングに参加しています。くりっくぷりーずm(__)m
[PR]

by warubee | 2005-05-11 23:11 | 浦和レッズ
2005年 05月 05日

大原グラウンドに行ってきました。

連休最終日と言うことで、前々から一度行ってみたかった、
浦和レッズの練習場、大原サッカー場へ行ってきました。

JR与野駅で降りて、てくてくと約20分ほど歩く。
陽気が良かったせいで、やや汗ばむほどでした。
あちこちで、混んでいるとか脅されていたので(何)、周辺も人がいるのかと思いきや、
案外そうでもなかったので、ちょっと拍子抜け(ぉ
こんなもの、コミケに比べれb(以下略)

門から中に入ると、早くも椅子を並べたりして場所取りしている人が多数。
選手が来るのでも待っているのかなーとか思いつつ、その脇を抜けグラウンドのほうへ。
おー、キレイなもんですねぇ。
昔は酷評された練習場の設備ですが、これだけ整っていればプロといえましょう。

その横にはフットサルコートもあったりして、子供の日だって事で子供に開放してたりしました。
とりあえずあちこちを慣れないデジカメでパシャリパシャリ(何
それから、クラブハウスのサポーターズカフェへ。
03年のナビスコ、昨年の2ndの優勝カップとか、ボーダフォンカップの時にもらったと思われる
マンチェスター・ユナイテッドの選手のサインが刻まれた銀の皿もあったりしました。
ファーガソン監督やら、ガリー・ネビル、ルーニーなんかのサインも刻まれていてちょっと感動。

そんなこんなやっているうちに練習開始の時刻に。
試合翌日と言うこともあってか、主力組みはランニング中心の軽めの調整だった模様。
45分ほどでさっさと切り上げていたようで(ぇ
トップと逆周りで走ってきたサテライト組の中に、期待のセルヒオ・エスクデロ発見。
ありゃたしかに16には見えないわな(^^;
とりあえずトップの練習が終わったので、サテライトそっちのけで(ぉぃぉぃ)、入り口の方へ。
レッズの場合、ここで選手にサインをもらえたり、サイン入りのポストカードをもらえたりする
場合があると言う話だったので、あわよくばもらってやろうと待機。
こっちがメインの目的だったとか言うことはありませんデスよ?(゚▽゚)<信用ならんなぁ
で、並んでいると、警備員の人がハンディマイクで…

「本日は子供の日ですので、お子様に優先でポストカードを…」

ナンデストー!?(;´Д`)
おいおい、そりゃねーでしょ…とか思っていたら、
あちこちからも、「何で今日は子供の日なのよー?」とか、理不尽な疑問の声が(爆)
そうこうしているうちに、トップバッターとして内舘登場。
思ったより人気あったんだね<失礼
ですが、子供の列に配り終わると、手持ちのカードがなくなったのか、帰ってしまった…
その後も、永井やら都築やら達也やら岡野やら闘莉王やら山田やらが出てくるものの、
子供たちばっかりに配っててこちらには回ってこず。

やっぱり、一番人気は長谷部でしたが、結局もらえず終い。
申し訳なさそうに頭下げつつ帰っていく姿が印象的。
そりゃアンタ人気出るわ(^^;
子供たちを羨んでいるうちに、やっと一枚もらえました。
GK加藤順大選手のカード。
レッズユース出身の期待のGKです。がんばれー(^^)
で、これだけ(失礼な)じゃちょっとなぁと思ったので、とりあえず2周目。

坪井キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(マテ

めぐり合わせで悲しい思いしてるんで、せめてこれはもらえるといいなぁと思っていたら、
どうやら手持ちのカードが尽きてしまった模様…
おいおい、またダメなのかよと思っていたら、近くにいた警備員さんから新たな束をもらって、
こっちに来ました!
坪井のカードもらっちった~♪(゚▽゚)ノ□<すっかり気分はミーハー
とりあえず、「頑張ってください!」とだけは言えました(^^;
ちょっとそっけなくだけど、「どうも(^^)」と返してくれました(嬉)
いやぁ、すっかり舞い上がってしまった(^^;
子供のときにこういう経験すると、すごくいい思い出になるんだろうなぁ。
案外「子供優先」は正解だったかも。

その後も、期待のルーキー、赤星、近藤両選手のカードもゲット。
きっと将来、このカードは高くなるぞw<売るなってば
で、この辺でそろそろいい頃合の時間になってきたので、帰ろうかどうしようか迷って、
とりあえずもう一周並んでみることに。
しばらく待って、友ちゃんこと酒井登場!
サポからも「友ちゃんだ~♪」と…人気者ですな。
個人的にも結構好きな選手だったので、また舞い上がりモード。
ここで勢いに(と言うか調子に)乗って…しまったのが良くありませんでした_| ̄|○(ぇ

どうやら、ひとりだけ選手が残っているらしいのだが、一向に出てこない。
気づけば既に6時で、歩いて与野駅まで帰らなきゃいけないこともあったし、
どうしようかと思っていましたが、せっかくここまで待ったんだからと執念で足の痛みに耐える。
6時を15分ほど過ぎたでしょうか、ついに最後の選手登場…堀之内だ!(ぉぉ
思わずあたりから「やっと出てきたか…」の拍手がもれる(^^;
まぁ、待ったかいがあったと言うものです。

そんなこんなで、帰り着いたのは7時過ぎでした(^^;
でも、楽しかったですよ。
撮った写真も載せたいんですけど、やり方が良くわからないんで…
サイズがでかすぎるらしい_| ̄|○ガクリ
カード配ってる長谷部の写真とか、結構良く撮れてると思うんですけどねぇ。
しかし、啓太のカードは欲しかったなぁとかとか…
まぁ、それは次の機会にということで。
ともあれ、行ってみてよかったです。
なんとなく、日曜日の「西武ライオンズ球場」の外野スタンド芝生席を思わせる雰囲気でした。
坪井のカードは家宝にしますよん♪(゚▽゚)ノ(ぉぉ

人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。くりっくぷりーずm(__)m
[PR]

by warubee | 2005-05-05 21:28 | 浦和レッズ
2005年 05月 03日

今更ながら、名古屋戦のこと。

浦和レッズ 3-0 名古屋グランパス

いやぁ、名古屋相手にこんな快勝、いつ以来ですかねぇ…
去年のナビスコで達也のハットトリックとかはあったかと思いますが、
リーグ戦となると、トンと覚えが無い。
思い出されるのは、まだ監督が現役のころ、瑞穂で4-2で勝った時か。
このときは、福田ーバインのホットラインですばらしいゴールがありましたから、
余計に印象に残っていると言う…

まぁ、そんな過去の話ばかりしていてもしょうがないんで。
セレッソ戦では、最低の試合内容で、ジュビロ戦は内容は良かったものの結果は出なくて、
それで今回の名古屋戦は、内容も良くて結果も出ました。
まったく、やりゃできるじゃないか(ぉ

何より良かったのが、昨年の強いときに見せたあのプレスの復活。
あれが出来れば、どのチームとやってもそれなりの試合が出来るはずです。
(よく選手が言う、「自分たちのサッカーが出来れば」というやつ)
あちらさんにも「アルパイが出現」(ぇ)したりしましたが、そんなことが無かったとしても、
別に勝敗は動かなかったでしょうな。
しかし、彼は「前例」があるって事をわかっていなかったのか?
(そんなものがなくても警告だってことくらいわかってないと)
まぁ、レッズとすれば、相手がイラつくくらいの試合を出来たと言うことでしょうか。
こんな試合が出来ていれば、藤田の獲得話なんか出てくるはず無いんですがねぇ…
後は永井の得点が欲しいですな。
藤田を獲得したとすれば、最もあおりうけそうな選手だと思いますし…
本人もそれを意識してしてかどうか、かなり「結果」を欲しがってた様に見えましたね。
(まぁ、FWなら当たり前ではあるんですが。達也も点取ったし)

なんにしろこの一試合だけ良いサッカー出来てもしょうがないんで。
次の神戸戦は、相手も最下位だし、確実に取っておきたいところですな。
…川崎戦もセレッソ戦も、戦前はそんなこと言ってたはずなんだけどなぁ(^^;
強いチームには好ゲームで、格下と思われるチームにはあっさり。
そんな悪癖が戻ってきたのではないかとなんだか心配になりますが…

人気blogランキングへ

↑ランキングに参加しています。くりっくぷりーずm(__)m
[PR]

by warubee | 2005-05-03 03:57 | 浦和レッズ