彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:サッカー( 68 )


2010年 05月 11日

23人の侍

W杯南アフリカ大会に向けたメンバーの発表!(ぉぉ

…ということで、レッズサポとしては阿部ちゃん&長谷部は選ばれて良かったなぁというのと、
達也はダメなのかよorzというのと…

一番のサプライズというか、疑問符がつくのは、GK川口選手の選出ですかねぇ。
万全でありさえすれば、実力的にも実績、経験を考えても、十分選ばれるだけの選手だとは思うのですが、
今年公式戦に出ていない(ですよね?)選手が、第3GKという、さりげなく重要なところで選ばれるというのは、
なんかわざわざ不安な点を自ら作り出しているような。
第3GKに出番が回ることなんてそうそうないですが、まったくないとは限らないですし。
今から不吉な話をするべきではないですが、リスクとしてどうなんですかね…
補充の効かない開幕後にどちらかが怪我でもしてしまえば、なんてことを考えると…
そういえば、BS1で早野さんも言ってましたね。
「ピッチ外ではそれでも良いが、ピッチ内になったらどうなのか」って。

選ばれた選手は次のナビスコには出られないわけで(そもそもジュビロの試合はありませんが)、
そうなると実戦の機会というと、次の日韓戦くらいなもんですからねぇ。
流石に現地入りしてからの試合は、楢崎、川島両選手のどちらかでしょうから、
例え何分間であっても日韓戦には出すん…ですよね、岡田監督?
今後のことを考えても、広島の西川選手あたりが良かったのでは…と思ってしまいますが。

あとは、やっぱり達也のことが。
大久保選手が選ばれれば、似たタイプの達也はないということでしょうが…
フィンケさんも、試合後の会見とかで何度となく達也のことは言及してましたけど、
意図的に途中交代でブレーキかけてたようなところもあったと思うので、
それだけW杯にかける思いというのはあったでしょうから、不選出は残念ですね…

まぁ、そんな事言っても、頑張ってたのは達也だけじゃないってことはわかってます。
W杯に出たいと願っているのも達也だけじゃないってことも。
結局、大久保選手、もしくは他のFWを差し置くだけの「何か」を、岡田監督に残せなかった結果なのかなと。
今後の達也のモチベーションがやや心配ではありますが、
あの大怪我を乗り越えたほどの選手ですから、これで終わるような彼ではないと信じています。

阿部ちゃんは…ドイツ大会の遠藤選手のようなことにならないようにと。
ここ最近、呼ばれるだけ呼ばれて使われませんでしたから、
岡田監督は本当に必要としてんのかという気もしてましたしね。
ただ、代表だとどうしても便利屋という扱いになってしまいますからね。
出来れば、ボランチで見てみたいものですが。

あとは…そうですね。
DFの顔ぶれを見て、CBがパワー系ばっかりだなぁと。
スピード系のCBもいないとまずいんじゃないかと思うんですが、じゃぁ誰かいるんですかねぇ?
レッズサポとして思い浮かぶのは坪井…でも、正直今更ですからね。
あとは暢h…いや、なんでもありません(^^;

さて、色々と好き勝手言ってきましたが、選ばれた選手は全力を尽くして欲しいですね。
やっぱりあの選手だからダメだったんだよとか言わせないようなプレーを期待します。
ぶっちゃけ、勝てるとは思ってませんが(ぉぃぉぃ
でも、観る者に何かを感じさせる戦いはできるはずだと思っておりますので…

人気ブログランキングへ
[PR]

by warubee | 2010-05-11 00:05 | サッカー
2008年 05月 15日

15th Anniversary

お久しぶりでございます。
もう一月以上も筆が止まってしまってましたね。
まぁ、色々書きたいことはあったりしたんですけど、なんとなくでここまで来てしまいました。
一応温めてあったりはするんで、それはまたオフシーズンにでも、ということで。

さて、今日はJリーグの誕生日なんですね。
なんかすっかり忘れてましたが。
もう15年ですか、早いですなぁ。
当時ブログ主は中学に上がったばっかりでしたかね。
まぁ、実際は開幕のときはリアルタイムに触れてはいなかったんですけども。
前も書いたかわかりませんが、7月7日の浦和ー鹿島戦をテレビで見て以来、ということになりますが。
しかし、まさかあれから15年経って、シーチケ購入したり、遠方アウェイに新幹線乗ったりして遠征するような人間になるとは、
想像だにしておりませんでしたけどねぇ(^^;

あの頃は、レッズをもちろん応援はしていましたが、他のクラブにも結構関心持ってた気がしますね。
代表がW杯予選を戦っていたと言うこともあるんでしょうか。
確か、最終予選直前には、サポーター同士で、お互いのクラブ所属の代表選手に声援を送っていた、
なんてこともあったらしいと聞き及びますが、今だとちょっと考えられないですかね(^^;
今みたいに、クラブサポ、代表サポなんて垣根もなかったですよねぇ。
あったのはサッカーファンというのだけだったような気がします。
自分自身、あれだけ代表に一喜一憂できることってもはやない気がするんですが、
それはそれで寂しい気もします。

Jリーグが出来て、W杯本線出場が夢からノルマにすらなってきました。
クラブレベルでも、昨年のレッズと川崎のACL予選突破がきっかけになったかどうか分かりませんが、
今年もガンバが見事予選突破を果たしましたし、鹿島も現在優位な位置にいます。
今後は決勝トーナメント進出はとりあえずノルマみたいな感じになってきそうです。
Jリーグの効果みたいなものは確実に表れていますねぇ。
ただ、それはJリーグだけじゃなくて、それまでの冬の時代を支えてこられた方々の努力の甲斐あってのものなのでしょう。

そういや、今度こんなDVDが出るそうで。
これはなかなか面白そうだなと思うんですけどね。
レッズのだけでなく、他所のクラブのもちょっと見てみたいかもしれません。

15年でここまで来て、次の15年後には、いったい日本サッカーはどの位置にいるんでしょうね。
2050年にはW杯優勝というのも今はまだ夢のまた夢ですが、15年後には多少なりとも現実的になっているのでしょうか。
クラブレベルでも、世界のサッカー少年が日本のあのクラブでプレーしたい、と憧れを持ってくれるような、
そんなクラブが出てきてくれていればいいなぁと思ったりしますね。
それが浦和レッズなら尚良いな、とも(^^;

もう何年かで、高卒ルーキーがJ開幕当時生まれていないという時代になるのかと考えたら、
たかが15年、されど15年ですなぁ。
なんか、もうちょっと思い出話でもしたかったんですけど、いざとなると思い浮かばないですね(^^;
そっちはまた機会を見てということで。

何はともあれ、今度の15年も、日本サッカー界にとって実り多きものとなりますように…

…去年の年末もこんな言い回し使ったなぁ(^^;

人気ブログランキングへ
[PR]

by warubee | 2008-05-15 23:45 | サッカー
2007年 05月 15日

Jリーグのお誕生日

おめでとう、Mr.ピッチ<違うから

「5月15日は?」と問われて「Jリーグ開幕の日」と出てくる人がどれくらいいるんでしょうかねぇ。
実際ブログ主も、今日まで気付いてませんでした(^^;
それにしても、もう14年ですか。
93年には中学生だったブログ主が今や社会人の端くれやってるんですからねぇ…
当時からサポーターやってる人は、どこのクラブを応援しているにせよ、
多かれ少なかれ天国と地獄を味わっていると思います。
本当にいろんなことがありましたし、これからも数々のドラマが生まれていくのでしょう。

93年の5月15日のことを思い返してみると、まだそのときはサッカーに興味は無かったんですよね。
野球は好きだったから、西武ライオンズの試合はよくみていましたけどね。
あの頃のライオンズの強さはそりゃもう異質でしたからね。
って、サッカーの話に戻しましょう(^^;

試合はみていなくても、それなりに情報のようなものは勝手に入ってきた感じでした。
今でこそ、なんかおまけみたいにニュースで扱われてますが、当時はJリーグバブル絶頂でしたからね。
興味が余り無かったので、特に応援するクラブもなかったわけですが、どうやら浦和にあるクラブが弱いらしいと言うことは知っていました(^^;
オフシーズンの「珍プレー好プレー集」のような番組では、ゴールシーンの特集でよくレッズのGKが映ってたりして…
田北のことを、「一番忙しかったGK」なんて紹介してた記憶があります。
この手の番組は、プロ野球ではお馴染みですが、当時の川淵チェアマンが、
「一生懸命やっている選手を笑いものにするとは何事だ」と怒って、以後放送を認めないことになったと言う話があるそうです。
今にして考えてみると、至極正論だと思いますね。

初めてテレビで中継を目にしたのが、7月7日。
駒場での浦和レッズと鹿島アントラーズの試合でした。
この試合で勝った鹿島が、初のステージ王者となったわけですが。
別に意識して見ようと思ったわけじゃなく、なんとなくチャンネル回してたらやってたって感じですね。
ちなみにテレビ東京でした(ぇ
ただ、ちょうどその頃テスト前だか期間中だかで、流石にずっと見続けるわけにも行かないなぁってことで、
テレビの音声を聞けるラジオで続きを聞いていましたね。

まぁそんな妙なきっかけでサッカーって面白いなぁと思い始め、せっかくだからどこか応援してみようかというので、
それなら地元埼玉のチームだよなと言う実に短絡的な思考でレッズサポとなったというわけですねぇ。
あの時中継を見てなければ、今頃こんなブログもやってないでしょうね。

なんか、すっかり思い出話になってしまいましたね。
この14年間の日本サッカーの進歩たるや物凄い速度ですが、
それでもまだまだ世界のレベルとは開きがあります。
それを埋めるのに何年かかるか分かりませんし、もしかしたら永久に埋まらないかもしれませんが、
生きているうちに日本(というよりレッズ(^^;)が世界の頂点を極めるところを拝めれば嬉しい限りです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-05-15 22:41 | サッカー
2007年 05月 02日

これぞホーム・アドバンテージ

UEFAチャンピオンズリーグの準決勝、「元祖Reds」こと、リヴァプールがチェルシーをPK戦の末下して、
2年ぶりの決勝へと駒を進めました。
海外のサッカーを偉そうに語れるほど詳しいわけではありませんが、
リヴァプールのベニテス監督に「サポーターの力を借りたい」と言わしめたほどですから、
やはり彼らの作り出す雰囲気というのは相当なものなんでしょうね。
(逆に「今の」チェルシーファンはおとなしめだとか聞きますが、富裕層の人が多いことが影響してるんですかね)
浦和レッズにとっての埼玉スタジアムも、リヴァプールにとってのアンフィールドのような存在にしていければいいなと思いますね…

アンフィールドといえば、選手がピッチに出るときに通る階段に、「Thisi is Anfield」と掲げてあるそうですね。
リヴァプールの選手たちには勇気を与え、相手の選手たちにはプレッシャーを与える。
そういうのって凄くいいなぁと思います。
こうなったら埼スタにも、トルシエ階段あたりに何か書いたらどうですかね(ぇ
「Welcome to REDHELL」のダンマクでもいいですよ(ぉぃ

これは夢…というか妄想ですが、このままリヴァプールに欧州を制覇してもらって、
我がレッズもアジアを制覇し、クラブW杯の舞台で、日本のRedsが元祖Redsに挑む、
なんて場面を想像したりしますねぇ…
リヴァプールサポーターの「You'll never walk alone」には、
「You'll never walk "again"」なんて返してみたりして(^^;
(イングランドではそうやってるらしいと、元レッズの西野努さんが書いてました)

一度たずねてみたいと思う憧れのスタジアムとして、カンプ・ノウとか、サン・シーロとか、アリアンツ・アレナとかあるんですが、
(どういう趣味だとか突っ込まないように(^^;)
アンフィールドのその雰囲気の中に身を置いてみたいという思いもありますね。
それと同時に、今回のACLを通して浦和レッズの存在をアジアから世界に広めていって、
「いつか埼玉スタジアムに行ってみたいんだ」なんて思ってくれる人が一人でも多くなったら嬉しいですね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-05-02 22:33 | サッカー
2007年 02月 09日

嫌なニュースは聞きたくないものです

イタリアの観客(「サポーター」ではない)の暴動のこととか気合入れて色々書いたのに消えちった(;´Д`)

えーと、なんかキャンプ中の各クラブから、大怪我のニュースが聞こえてきますが、
もうすぐオーストリアに旅立つレッズの選手たちも、怪我だけには気をつけて欲しいですね。
あちらはシーズン中ですから、あんまり無茶はしてこないとは思いますけど。
慣れない人工芝ですし、あくまで親善試合ですから、アピールしたいあまり突っ走らないようにお願いしたいものです。

ところで、清水が戸田選手の怪我の補償をロッソ熊本に求めるとかそうでないとかいうニュースが。
だったらレッズも、達也の補償を柏に求めてよかったということなんですかね?
優勝争いの真っ只中にエースFWを奪われるのと、シーズン前の大事な時期に期待の新戦力を奪われるのと、
それぞれの立場は違えど大打撃には違いないし。
(公式戦は勝負の場だから(ある意味仕方ない)というのは、「理解」はできても「納得」はしかねますし)
あの時はレッズサポの方がやや暴走気味だったから、逆にこっちが批判されることもありましたけどね。
(ダービーでのブーイングすら鬱陶しいとか言われたし)
思うところは今回の清水サポーターの方と同じだと思います。

いずれにしても、怪我のニュースというのはどこの選手の話であろうとも聞いて気分のいいものではありませんしね。
全治3ヶ月と聞きますが、6月23日に日本平でやるときはちょっとまだ無理でしょうかね。
ともあれ、順調に回復されることをお祈りしております。

しかし上村は…
色々苦労話も聞こえてきて、良いイメージを持ちつつあったのに、今回の件で完全に嫌われたでしょうね…
唯一の救いは向こうがJFLだということくらいか…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-02-09 23:41 | サッカー
2007年 01月 31日

2度目の「裏切り」

元ブラジル代表のロナウドがACミランへの移籍決定だとか。
11億という移籍金の額も驚きですが、よりによってミランかよというのが正直なところですかねぇ…

レアル・マドリードに移籍する前は、ミランと同じくミラノを本拠地とするインテルにいたわけですから、
なにもわざわざミランに行かなくてもというか。
しかも、インテルを出たときのサポーターの印象は最悪だったようですからね。
大怪我で長く戦線を離れていて、それでもサポーターは復活を願っていたのに、あっさりとスペインに行ってしまった。
移籍した直後には、スタジアムにとか、そんな感じの横断幕も掲げられたとか。
一時期復帰説が流れたときも、「裏切り者をリスペクトする気はない」などという横断幕が出たらしいですし。
インテルの会長でさえ不快感を隠していませんし、とにかく本当にロナウドの印象は最悪なようで。
それから考えればレッズサポーターの「リセット君」に対するブーイングなんて、まだ可愛いもんで<比較するな

んで、タイトルに2度目のとしたのは、インテルに所属する前はスペインのバルセロナにいたわけで、
間にイタリアを挟んだとはいえ、最大のライバルである、レアル・マドリードの一員としてスペインに帰ってきたわけですから、
まぁ当時も色々あったんじゃないかと想像するわけですが。
(あくまで想像なので。当時のことは良く知りませんし)
これからのミラノダービーはどんな感じになるんだろうか…(^^;

日本でも今オフ、レッズの阿部獲得をはじめ、主力級の移籍が多かったですが、
海外に見るほどの因縁にまで発展するというのはあんまりないですね。
いや、別にスタジアムが荒れればいいと思っているわけではないですよ(^^;
ただ、「あの選手が行ったからって、あのクラブを応援する気にはなれない」とかいうコメントを見ると、
なんというか、やっぱり日本人には良い人が多いなぁと。
自分なんて、どんな思い入れがあろうとも、レッズから出た瞬間にある意味どうでも良い選手となってしまいますからねぇ。
あの選手が行ったからそこのクラブを、なんて考えは初めからないし、そういうことを考える必要もないと思うし。
それだけ日本のファンは「選手の立場」というものを考えてあげてるんだなぁと思います。
(もちろんそれは大変すばらしいことだとは思いますが)
でも、選手には選手の立場があり、サポーターにはサポーターの立場があるわけですから、
もっとシビアに、出て行った奴には問答無用でブーイングだ、くらいでもいいとは思うんですが、
(もちろん、その時々の状況には因りますよ)
それはあくまで私見ということで…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-01-31 22:26 | サッカー
2006年 12月 22日

ピンサポの意見も吸い上げてくれてますか?

Jリーグの「スタジアム観戦者調査報告書」なるものの、06年版が出ました。

まぁ、他所のことはわからないので、レッズのところだけを重点的に見てみましたが…
男性が6割以上だったり、リピーター率がやはり高かったりするようですねぇ。

驚いたのは、「同伴者」の項で、一人というのが1.8%しかいないということ。
自分は主に一人、いわゆるピンサポという奴なので、こんだけしかいないのかと。
ってか、このアンケートって、おそらくコンコースとかでやってたんでしょうね。
あんなところにいてアンケートに答える余裕があるのは、団体の花見客くらいでしょ?
自分の場合は、殆ど入場してからは席にいますからねぇ。
ボーイズマッチ見たり、MDP読んだりしてるわけですが。
言い方は悪いけど、効率を求めれば、団体さんに協力仰ぐのが一番なわけだし。
混雑してるスタンドをうろちょろされたりすれば、まぁ邪魔者扱いされてしまうかもしれませんしね。
あくまで推測ですが、もしそんな感じなら、我々ピンサポの意見はどうなるんだろうか…
レッズのスタッフらしき人がアンケートとってるのもたまに見かけますが、
ちゃんと満遍なく客層を網羅しているんでしょうかねぇ?
色々ご苦労はおありでしょうから、あんまりえらそうなことはいえないんですけど。
ちなみに「平均同伴者」は7.4人。
それだけ、安定した観客動員が見込めるわけですが、その分席取りに色々と問題も…
って、それは言うところが違いますけどね。

あと、他所で少し気になったのは、平均アクセス時間というやつ。
多分、スタジアムまで何分くらいですかということかと思いますが、鹿島が89.8分というのは驚きです。
ほぼ1試合分ではないですか(^^;
今年カシマスタジアムにはお邪魔しましたが、確かに車で無いときつい感じがしますね。
何より、試合前に疲れてどうするんだということなんですが…
東京駅からバスを出したりと、工夫はされているようですが、果たして。

あとは…チケットをドコで入手したかという話で、シーチケが約7割で、招待券がなんと0%(!)
まぁ、前述の通り、調査対象の選定にもよるんでしょうから、なんともいえないところですが。
人数的には、埼スタで回収できたのが348だそうで、それが適当な数かどうかということもありますよね。
団体さんにまとめて配っちゃえば、例えば同伴人数とかが偏ることは明らかだし。

ともあれ、アンケートなんてものは、結果を踏まえてどうするかが重要なわけで、
この結果を元に各クラブのフロントには頑張っていただきたいものであります。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-12-22 00:00 | サッカー
2006年 12月 13日

うぃーあーさんを呼びましたかな?(・∀・)

インテルナシオナルが国立ホーム化計画(日刊スポーツ)

ふーん…
なるほど、ユニフォームの色が赤と白なんですね。
それで、日の丸と同じだから、日本人にもっと来て欲しいと。
スタンドが赤と白で染まったところを見たいというのですか。

…アレ?
確かどこかに、ユニが赤で、パンツが白なクラブがありませんでしたっけ?
確か浦和のあたりに…(・∀・)

まぁ、ふざけるのもこのくらいにしておかないと怒られてしまいます(^^;<誰に
でも、あれですな。
確か決勝が17日のはずですから、16日に埼スタで行われる天皇杯を見学(?)、なんて予定は無いのかな?
でも、大事な決戦前日に、そんな寒空の下に出てくるわけにも行かないか。
というか、レッズがどうということは無く、日本のサッカースタジアムの雰囲気を味わってもらいたい気もしますね。
あ、でも、バルサのTDやってるチキことベギリスタインは来てるんだろうか?
来てるのであれば、是非埼スタにも足を伸ばして欲しいものですが…

クラブW杯といえば、去年は何故か決勝を見に行ったんだったっけ。
「レッズつながり」ということで、リバプールを応援してたんですけどね。
結果はまぁ残念だったですが。
なんというか、本当に一年があっという間だなぁ…

まぁ、そんなことはともかく、埼スタの今季最終戦を、福岡ー磐田にするわけにはいきませんし、
ギドと元日の国立に行くためにも、気合入れなおして福岡戦に臨みたいものです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-12-13 22:36 | サッカー
2006年 12月 10日

日本版チェルシー?

いえいえ、レッズにはアブラ様のような強力なオーナー様も、気前の良い親会社も付いておりませんので<なんだこの挨拶
第一、あそこのクラブカラーは青だし(ぉ

久々に試合の無い土日で、FF6@GBAなどやりつつ、なんとなくまったりとしてみたり(ぉ

まぁ、レッズの試合がなくとも、色々とネタはあるもんで。
天皇杯やら、入れ替え戦やら、移籍の話やら…

・札幌が新潟に勝利@天皇杯
札幌サポさんの心境は、このまま一気に頂点まで行っちまえというのか、
それとも、いっそ来年のリーグに取っておいてくれ、というものなのか、よくわかりませんが。
札幌といえば日本ハムな一年でしたからね。
昔、札幌の親戚を訪ねたとき、あちこちでコンサドーレの旗を見たのはちょっと嬉しかったですが。
レッズがJ2でボコられたのも今は昔か…

・浦和、ジェフ千葉・阿部にオファー
その試合(↑)を自腹で観戦して(させられて)いたらしい、ジェフ千葉の面々。
そのジェフの最重要人物(何)阿部選手にレッズがオファーという話題が、まさしく降って沸いてきましたね。
名古屋が、という話が出たときは、さもありなんって感じでしたけど…
しかし実際、獲れるんでしょうか?
移籍金が3億で、総額4億だ、なんて話も出てますけど、金に変えられない価値はあるでしょうし、
ジェフからすれば、ユースからの生え抜きのチームリーダー。
監督を協会に奪われ、GMも移籍といううわさがあって、かつ阿部選手まで、となれば…
そりゃ、素晴らしい選手ですし、来てくれれば嬉しいですがね。
今年のオフは、他サポさんがウチの「影」に怯える事になりそうな予感が(^^;

・J1・J2入れ替え戦、神戸がJ1復帰
ウチもナビではアウェーゴールで泣かされましたからねぇ…
というか、「知らなかった」のは論外だとは思いますけど。
来年は横浜FC、柏、神戸がJ1に上がり、京都、セレッソ、福岡がJ2降格ですか。
こうしてみると、いかに「最初の一年」が重要かというのがわかります。
一年でJ1に戻れるか、一年で降格せずに耐えるか。
2年目で2位に食い込んだ、川崎という素晴らしい見本もあります。
そう考えると、来年以降の甲府は楽しみだし、来年以降のヴェルディはどうなるんだろう。
でもね、レッズとて「どん底」から這い上がったクラブであることをお忘れなく。
「あいつらは金があるから」ではなく、「あいつらにできて俺らに出来ないはずが無い!」
くらいに思っていただきたいものでありますが。

・セルヒオ、日本への帰化申請へ
はいはい外人6人外人6人(爆)
いやまぁ、そういうことを言って来る人がいるだろうということですが。
プロ野球であれば、ある程度日本で教育を受けた人は、外国人枠の制限から外れるというのがあるようですが、
だとすればレッズユース育ちのセルヒオも…と言いたいですが、サッカーはそうは行かないもので。
ナビ予選のFC東京戦で「公約どおり」プロ初ゴールを挙げましたが、今年は怪我もあり「それだけ」という感じでしたね。
どうせなら、コネでメッシとか連れてきて…いや無理か(^^;
来年は、達也とセルヒオのチョコマカ2トップが見られるかも?<妄想

昨日の雨を見て、「天皇杯が今日でなくて良かった」と思ったことは内緒だ(^^;

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-12-10 11:01 | サッカー
2006年 12月 06日

日本にとっては願ったり?

こんな記事が。

ブラッター会長がシーズン変更を主張(スポーツ報知)

ちょっと前に、Jリーグも秋・春制への移行を考えたらどうだろうという話がありましたが、
もしこの記事の通りに実現すれば、勝手に向こうがあわせてくれるということで、
日本にとっては非常にありがたいことでしょうね。
2月下旬から11月末ということは、ずれても1週間程度ですからね。

でも、そうなるとワールドカップの開催時期とかも変更になるのかな?
真冬のワールドカップとか…寒そうだ(^^;

まぁ、こういうことは、「政敵」の反対でつぶれることもままあることで(^^;
ともあれ、欧州とカレンダーが合うのは歓迎なので、頭の片隅にでも、
この記事のことは留めておくとしましょうか。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-12-06 01:30 | サッカー