彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:野球( 102 )


2007年 03月 28日

希望入団枠撤廃

たまには野球の話題でも。

西武ライオンズの「不祥事」を発端に始まったドラフト改革論議。
一部の球団を除き希望入団枠撤廃で固まっていましたが、
今日になって全球団の足並みがそろい、今年からの撤廃が決定したそうで。

まぁ、「止むなし」というところなんでしょうね。
とりあえずやってみるしかないというところはありますしね。
プロ野球の「改革」をみてると、なんか最初から完璧なものを求めすぎなんじゃないかと思ってしまいます。
プレーオフにしても、今でもいろいろ言われますが、それでも「面白い勝負」がより多く見られるようになったのも事実。
そもそも「捨て試合」に出来る試合数が多い競技ですからね。
これがサッカーなら、一つの負けが致命的になることもあるし、得失点差の問題もあり、
「1点差でも10点差でも負け数は1つ」ってこともないですからねぇ。
そんななかで全ての試合に全力を尽くせといってもなかなか無理なのだろうとは思いますが。
だからこそ、「負けたら終わり」な高校野球が人々を魅了するのでしょう。

さて、プロがこうして結論を出しましたからね。
次はアマ側ですな。
全てプロが悪いような物言いですけど、アマにだってこういう例がないとは言い切れないでしょう。
たとえば今開催中の全国高校野球。
去年だったか、野球留学について問題提起がありましたけど、もしもスポーツ推薦という形で、
学費を免除とかされて入学したんだとしたら、それも「ある意味裏金」ですよね。
今回の問題に触れたブログのエントリを読んでると、
「いっそプロが金を出し合った奨学金制度でも作ればいい」という意見があって、
あぁ、そういう考え方もあるよなぁと思いましたしね。
今回のライオンズの問題も、早稲田の選手に関しては、少なくとも名目は「学費の援助」だったわけですし。
奨学生(早稲田にあるかは知らないが)とどう違うんだということでしょう。

それとねぇ…
どうしてもよく分からないのが、何故希望入団枠撤廃を選手会が求めているのかということなんですよ。
既にプロに入った人たちが、なんでドラフト精度に文句言うのか。
今の選手会の「幹部」にだって、逆指名した人が大勢いるわけですし。
思いっきりうがってみると、狙いはFA取得年数の短縮化なんじゃないかという気が…
いや、単なる想像ですけどね。

ふー、それにしても、最近めっきり野球に興味がなくなったなぁ…
たまに上げるのがこんなエントリなんですからねぇ(^^;

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-03-28 22:53 | 野球
2006年 10月 26日

パリーグ勢4連覇

ファイターズファンの皆様、おめでとうございます。
来年こそは、我等がライオンズが覇権奪還させていただきたいと思います。

今回は、レギュラーシーズン(ホントこの表現があっという間に定着したなぁ)1位での勝ち上がりで、
なおかつ、中日もリーグ戦終了から極端にあいたというわけでもなく、
これまでの2年間のようになんやかや言われる事は無いでしょう。
(むしろファイターズの中継ぎ陣の方が、実戦感覚を危ぶまれていたくらいですからね)
そういう意味で、パリーグファンとしては嬉しいことです。

ですが、エールを送るのはここまで。
もう来年に向けての戦いは始まっていますし、ライオンズはじめ他の球団は、
既にスタートを切っております。
…松坂の穴をどうするかなんですけどねぇ(;´Д`)
「松坂資金で黒田獲り」なんて見出しも見かけましたが、まぁ無理でしょう(マテ

とりあえず、12月2日には埼スタで喜びを爆発させたいものであります。
(野球の話ではなくなってしまいました(^^;)

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-10-26 22:26 | 野球
2006年 09月 26日

高校生ドラフト

いやー、驚きましたねぇ(ぉ

何がって、いわずと知れた八重山商工の大嶺投手です。
ホークスが一本釣りかといわれていましたが、土壇場でマリーンズが「強行指名」。
しかも、引き当ててしまうんだからスゴイとしかいえません。
もしや、王監督にWBCでごっそり持っていかれて、シーズンに影響させられた
意趣返しなんだろうか、なんて妙な考えも浮かんできたりしたんですが(^^;
まぁ、それは穿ちすぎなんですけどね。

ワタクシ、なぜか今頃夏休みでして(何<既に秋です
んでテレビ中継を見ていたんですが、思わず「おおっ?」と言ってしまいましたからね(^^;
ドラフトのサプライズといえば、良くも悪くも(ぇ)ライオンズのお家芸みたいなところは、
昔からあったんですけどね。
去年の銀ちゃんしかり、一昨年の涌井しかり。

そのライオンズは、地元埼玉、鷲宮高の増渕投手獲得を狙いましたが、
くじ引きの末ヤクルトにもっていかれてしまいました(;´Д`)
報道では、「お母さんがヤクルトレディー」なので縁があるなんて言ってますが、
埼玉出身なのは縁にならんのでしょうか…といったところでしょうがないんですが。
まぁ、その代わりというか、同じく埼玉、埼玉栄の木村投手を獲れましたからね。
せっかく地元出身で良い選手がいるんだから、こういう時は積極的に行って欲しいです。

駒大苫小牧の田中投手は楽天ですか。
なんとなく、日ハムが引かないかなとか希望(?)してたんですけどね。
まぁ、これはこれで戦力均衡の理念にかなっているのかもしれませんが(ぉ
なんというか、創立間もないベンチャー企業に入ったようなもので。
今後、自分の手で強くしていけるというのは、魅力なのではないかと思います。
だんだん楽天も手ごわくなってきますね。

中日に決まった堂上選手は、これこそまさに縁ですね。
確率3分の1、しかも「残り物」でしたからねぇ…
将来は、兄弟で中軸を、なんてことになるでしょうか。
他所様のことながら楽しみであります。

さて、大嶺投手に戻りますが。
今は戸惑っているところでしょうが、まぁ焦ることは無いんじゃないですかね。
(そんなことは言えた義理でもなんでもないんだけど)
考える時間はまだまだありますし。
話を聞いて、設備とかも見せてもらって、周りの人の意見も聞いて、
その上で自分が最も納得できる結果を出せばいいのだと思います。

高卒で即戦力になれる選手なんて、そっちのほうがどうかしてる(ぇ)んで。
まずは焦らずに、プロで一年戦えるだけの体力をつけていって欲しいものです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-09-26 17:15 | 野球
2006年 08月 03日

負けるまで 優勝候補だ 参加校

夏の全国高校野球の組み合わせが決まりました。
いやぁ、いよいよ夏本番って感じです。

なんと言っても注目は、横浜ー大阪桐蔭でしょう。
ここで当ててしまうのがもったいないくらいです。
個人的には横浜を応援しますが、大阪桐蔭の中田選手が、
どれほどスケールアップしたかも楽しみですね。

我が埼玉代表の浦和学院は、4日目の登場で、相手は石川の金沢高校ですか。
まったくもってどんなチームかはわかりませんが、
そもそも甲子園に出てくるようなチームで弱いところなんかありませんからね。
毎年、今年こそはと思っているのですが、今年はどうなりましょうや。

去年の話ですけど、開会式が8月6日ということで、
選手の発案で黙祷をささげようというのを、なんやかや理由つけて認めなかった、
なんて話がありましたな。
(まぁ、いろいろ事情はあったようだけど、細かいところまでは覚えていない)
今年は、選手の自主性に任せてということになっているとか記事で見たような。
まぁ、それはそれで良いんですけどね。
「愛国心」は押し付けるのにね(マテ
おおっぴらに「内閣総理大臣」と記帳して靖国神社に行くのはいいのにね(マテマテ

まぁ、そんな政治家のセンセイの思惑は置いといて。
3年生は最後の夏ですからね。
悔いのないように、というのは簡単ですが実際は難しいでしょう。
自分ごときが言えた義理ではないですが、今後の人生おくる上で自信につながるような、
「何か」をつかんでもらえたらいいなぁとおもいます。

うわ、なんかカッコいい事言ってる(゚∀゚)<この一言で台無しだ(ぉ

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-08-03 23:10 | 野球
2006年 08月 02日

現場を離れてこそ出来ることもあります

福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督が、今日退院されましたね。
さっきニュースで会見を見ましたが、少なくとも見た感じはお元気そうなので良かったです。

入院されたときのエントリに、「そろそろ後進に道を譲られては」と書きました。
そういや、毎日新聞のサイトで似たような記事を見たなぁ(^^;
まさかここを見たのでは<そんなわけありません
でも、やはりというべきか、ご本人は早く現場に戻りたそうな感じでしたね…
まったく、いつ野球連盟のお偉いさんが、
「これで北京五輪(もしくは次回のWBC)は安心だ」とか言い出さないかと心配なんですが。

で、ふと思ったんですが、コミッショナーってのは、やはり相当な激務なんですかね?
勝手な偏見でしょうが、どうもろくに仕事もしてないような…というか、
お偉いさんの引退後の名誉職みたいなイメージしかないもんで。
もし体調面で無理がないようなら、この際王さんにコミッショナーに就任してもらったり、
なんてのはどうなんだろうかとか。
長嶋さんでもいいのですが、どこぞの「終身名誉監督」とやらの立場で、
プロ野球界全体のことをどうにかするって言うのもちょっとアレだと思うので。
生涯現役もいいですが、王さんだからこそ、現場以外で出来るってことも、
言い換えれば現場にいて出来ないことも出来るんじゃないでしょうか。

まぁ、勝手な妄想ではありますが。
妄想ついでですが、今年李承燁が55本の壁破りそうになったら、
「バースの恨み」とか発動されるんでしょうかねぇ?(゚∀゚)ニヤニヤ<一言余計だ

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-08-02 22:36 | 野球
2006年 07月 06日

いつまでも「ON」に頼るな

たまには野球ネタでも…って、野球の話題のときは毎回こんな出だしのような(ぉ
気のせいですね、きっと(^^;

福岡ソフトバンクホークスの王監督が、胃の手術を受けるために入院されましたね。
まぁ、長年アレだけの激務である(らしい)監督業を続けてこられたわけですから、
具合の悪いところの1ヵ所や2ヶ所くらいはあるはずで。
今はゆっくりと静養なさっていただきたいものであります。

ですが。
無事快癒された暁には、どうされるんでしょうか。
また監督に復帰されるんでしょうかね…
他所のチームのファンとして、無責任な立場で言わせてもらえれば、
この機会に後進に道を譲られたらいかがかと思うのですけどね。

別に、それでホークスの力が落ちればなどと黒いことを考えてるわけではありません。
いい加減、「ON」から脱却しないとダメなのではないかと思っているだけです。
サッカーの時期日本代表監督といわれるオシム氏は、
日本人指導者の育成にも着目しているようで、日本人のアシスタントコーチの入閣が
ほぼ確実と言う状況です。
野球界も、そろそろそういった時期に入っているのではないですかね。

わがライオンズの伊東監督や、横浜の牛島監督、そしてなんといっても、
ヤクルトの古田選手兼任監督など、若い世代で有能な指導者は確かに出てきています。
しかし、いざ代表という話になると、どうしても「ON」が最有力になる。
08年の北京五輪に長嶋監督で、なんて話を聞くと、
「もう少し考えたらどうですか?」なんて思ってしまいますよ。

何年か前のアンケートで、長嶋氏に対するイメージとして、
「一茂さんのお父さん」というのが最も多かったとか。
もうそういう時代になりつつあるんだと言うことを、わかった方がいいのではないかと。
なんにせよ、困ったらONでは、進歩がありませんよ。

お二人とも心から野球を愛されている方ですから、打診されれば嫌とは言わないでしょう。
でも、不吉なことを言うようですが、どうしても昨年亡くなられた、
仰木さんのことが頭をよぎったりもするんですよね…
だいぶ回復されたようですが、長嶋さんだってああなってしまったわけですし。

なんというか、批判を恐れずにぶっちゃけて言ってしまえば、
いつまでも「古い時代の象徴」にすがるってるなということでしょうか。

昔と違って、テレビで巨人戦以外も見ることが出来るようになり、
特にパリーグは北海道から福岡まで、バランスよく散らばって、
それぞれの地域で応援対象がある時代ですから、ONのような国民的スターは
もうなかなか生まれないと思いますが、それはそれで正しい姿だとも思いますしね。
サッカーの中田ではありませんが、自ら退いてくれでもしない限り、
いつまでたってもON頼みから脱却できないと思います。
今はそれでよくても、いずれ絶対困るときが来るのではと思いますが…

別に、王監督に悪意があってこんなこと書いてるわけではありません。
ずっと敵として「王ホークス」を見てきて、年々手強くなるのを肌で感じてましたからね。
(昔は、ホークス戦となれば試合前から「勝った」という妙な自信があったくらいです。
今は当然そんなものはありませんがね)
きっと、長くチームを任せた方が仕事できるタイプなのでしょう。
(むしろ一発勝負なら長嶋さんの方が強いかも)
文句なく名監督の一人として数えられると思います。
だからといって、いつまでも頼っていて良い訳ではありません。
多分自分と同世代(松坂世代(^^;)の人は、そんなに思い入れも無いと思いますし。
正直、なんでそんなにONにこだわるのかもわかりません。
代表に選ばれてる選手はどうなんだろう。
一人の野球人として尊敬はしてるんでしょうけど…

とりあえずONを監督にしとけば、仮に惨敗に終わったとしても、
表立って批判する人もいないだろう、なんて打算が働いているのでは、
などと勘ぐってみたりして…って、それはさすがに言いすぎか(^^;
ともあれ、無事に全快されることを願っております。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-07-06 22:49 | 野球
2006年 03月 19日

3度目の正直。

WBC、まずは決勝進出が決まってよかったです。
決勝当日はセレッソ戦で埼スタに行ってるので、見られないと思いますが、
ともかく全力で出来ることをやってください。
それで負けたら仕方が無い。
ただし、妙な余力だけは残さないようにお願いします。

今日のキモは「3番・イチロー」ですねぇ。
このブログでも、「赤星さえいればイチローを3番に使いたい」と書いたことがありますが…
王さんより早く考えていたわけですな(マテ

まぁ、それはさておき。
日本が先制してからは一気に流れが傾きましたけど、
それまでは一進一退で、どっちに転ぶかわかりませんでしたね。
韓国のレベルは確実に上がっていますよ。
いつまでも、胡坐をかいているわけには行きませんね。

決勝の相手は、アマ球界最強といわれるキューバ。
「アマ最強」と言っても、キューバにプロリーグが無いからというだけの話であって、
メジャーに行けば通用どころか大活躍する人ばかりですからね。
先発はおそらく、我がライオンズの松坂でしょう。
アテネ五輪のときは、打球を腕に当てながらも好投しましたからね。
もちろん、キューバもそのことは覚えているはずですから、あの時の雪辱をと思っているはず。

あとは、王さんに一つお願いが…
なんとか、和田ベンちゃんを出してくれませんかねぇ…
アテネでもキューバ戦でホームラン打ってるんですし…
このままだと、何しに行ったのかわかりませんよ…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-03-19 18:21 | 野球
2006年 03月 18日

根来節。

【WBC】根来氏「判定は長い目で」

結果も見ずに航空券キャンセルしかけたって言うところも許せませんがね。

かつて、ある捕手は現役時代、味方の攻撃が2アウトになっても、
プロテクター類を着けて守備の準備をするということをしなかったと聞いた記憶があります。
まるで、チェンジになるのを予想して待っているようだからという理由だったと思いますが、
コミッショナーにも、結果がどう出ようが、アメリカに行って待つくらいのことを、
日本プロ野球界をまとめる者としてやって欲しかったなあと思いますね…
ちょっとキャンセル遅れたからって、払い戻しの差だってタカが知れてるんですから…

まぁ、本題はそっちではなくて。
先日の米国戦での誤審問題について、
「1回目の大会だからいろいろある」みたいなことを述べているようです。
確かに、今はいろいろと試行錯誤の段階です。
それは間違いないところなんですが、それって運営とか、開催時期とか、
球団に対する保障とか、そういったところの問題について言えることであって、
今回の誤審問題は単純に審判の問題なんだから、別に「第1回」も何も無いはずで。
じゃぁ、日本で同じようなことがあったらなんて言い訳するんだろうと思ってしまいます。
大体、この問題の審判だって、審判歴何年になるんですか?
WBCは第1回でも、野球、もといベースボールは100年以上も歴史があるんですし。
それを、「第1回だから」で片付けてしまうのは、果たしてどうなんでしょうか。

あえて「第1回だから」と結びつけて考えるとすれば、アメリカの審判しかいない、
ということですか。
もしくは、こんな審判しか出せなかったということとかな。
これを教訓にして、次は各国から集めようという流れになれば、それはそれで良いですが。
それには、日本とアメリカでアレだけ違うストライクゾーンの問題や、
試合球の統一など、やることはたくさんありますよ。
相手のことを考える以前に、審判に対応しなきゃいけないようじゃだめでしょう。
そんな違う判定基準でやってたら、日本の審判だって使ってもらえませんよ?
前にも書きましたけど。

ともあれ、明日は韓国戦ですね。
本当に、同じ相手に3連敗は…とはいえ、2連敗したのは事実。
とにかく、思いっきりぶちかまして、それぞれが持てる全力プレーをして欲しい。
長打力が売りの選手がバントすることが「スモールベースボール」じゃないと思う。
それなら、はじめから1、2番タイプで打線を固めればいい話ですからね。
自分を見失うことなく、長所を生かして。
そうすれば、必ず結果はついてくると思います。

それでダメなら、(少なくとも現時点では)実力が足りなかった。
それだけのことです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-03-18 20:07 | 野球
2006年 03月 14日

審判問題はどこにでもある。

たまには野球の話をしましょう。

現在開催中のWBCで、「疑惑の判定」があったことはあちこちで取り上げられております。
実際にその場面を映像で見たわけではないので、離塁が早いか否かはわかりませんが、
おそらく多くの方が考えておられるように、抗議を受けて判定を覆したことは釈然としません。

阪神の星野SDも述べているが、ああいったケースで判定する権限が球審にあるならば、
そもそも二塁塁審の判定などというものが存在することがおかしい。
その時点で即座にアウトであると言えばいいものを、米国側の抗議を受けてから
判定を変えたりするから、こういう騒ぎになるわけです。
抗議される前と後で、タッチアップが早くなったわけではないのに。

04年の日本シリーズでも、中日・落合監督の抗議を受けてから判定を変えた、
ということがありました。
当時このブログでも書きましたけど、だったらその場ですぐ言ってくれと。
映像見ていない以上なんともいえませんが、そもそも今回のケースでも、
球審は一旦ホームインを認めているんでしょ?
そうでなきゃ、アメリカが抗議するわけないんですから。
その時点でおかしいですよね。
本当にタッチアップが早いという確信があるのなら、そこでアウトといえば良い。
それをしないで、抗議されたからアウトになりました、では、変に勘ぐられても仕方がない。
アメリカの某スポーツ専門局では、問題の場面をビデオで流して、
「離塁が早い。判定が覆ったのは正しい」と言っているようだが、問題はそこではない。
(こんなことも件の日本シリーズのときに書いた気がするが)
抗議を受けて覆ったという点がおかしいのであって、それじゃ論点のすり替えですな。

しかしまぁ考えてみれば、日本でだって
「国際大会のストライクゾーンへの対応が急務だ」
なんて事言ってるんですからねぇ…
サッカーで言えば、国ごとにゴールの大きさが違うなんて話は聞いたことがありません。
あの国ではオフサイドだったが、この国では違うなんて話も聞かない。
この件で、次は各国から審判を出そう、となっても、日本からはどうなんだろう。
まず審判がストライクゾーンに対応しなきゃならないんですからねぇ…
やっぱり、大会やるより先に、FIFAのような国際組織が必要なんでしょうね。

いまさら無理だとも思うけどね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-03-14 22:58 | 野球
2006年 01月 17日

「プロ最強」=「日本最強」か?

陽兄弟らがWBC台湾代表に選出

日ハムの陽仲寿内野手も選ばれましたね。
一応肩書きはプロなのでしょうが、実質まだ高校生ですからね。
それなのに代表入りしてしまうんですから、やはり良い選手なのでしょう。

日本でも、こういう選手が一人くらいいてくれればよかったのにと思います。
例えば、巨人入りした辻内投手とか…
「スペック的」な意味で言えば、あれだけの速球を投げられる左腕は、
今の日本にはそうそういませんからね。

タイトルにも書いたとおり、プロ最強メンバーが、必ずしも日本最強と同義とは言えません。
例えば松坂のように、高卒で16勝してしまうような投手ならば、
高校生のうちからでも十分代表で戦力となったでしょう。
シドニー五輪の予選では、プロアマ合同というチームの性質もあったにせよ、
当時日南学園の3年生だった寺原がメンバー入りしていましたからね。
今の高校生で言えば、駒大苫小牧のエース、150キロ右腕の田中君なんかも
面白そうな存在じゃないかと思いますね。
日本球界の将来を考えても、そういう選手が入っても面白かったと思いますが、
(実際問題、無理でしょうけど)
まぁ今更言っても詮無いことではありますが。
でも、力さえあれば、小学生だってメンバー入りしてもおかしくは無いんですよ。
それが、「日本最強」ということなんですから。

サッカーを引き合いに出せば、「U-23」のように年齢で区別することはあっても、
プロとかアマとかで区別することはありません。
そして、年齢で区別をしない、最強のチームを「A代表」と呼ぶわけです。
サッカー界では、しばしば「ワンダーボーイ」と呼ばれる選手が出現します。
Jリーグでも、高校生の年代からデビューする選手が増えてきました。
しかし、日本球界の現状では、なかなかそういう選手は登場しにくいでしょうね。

日本の野球選手でトップレベルの選手たちを集めた舞台がプロ野球ですから、
その中から有力な選手を選抜したチームが日本最強に「最も近い」ことは、
おそらく間違いないのでしょう。
しかし、プロとかアマとか言っているうちは、結局は「最も近い」止まりなんだと思います。
いつの日か、プロもアマも無い、本当の意味での最強チームが見られることを、
一人のファンとして願わずにはおられません。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-01-17 21:50 | 野球