彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 04日

獲得断念

来日したものの、色々と曰くが付いて、正式契約が先送りになっていたアダイウトン選手。
結局、獲得断念と言うことがクラブから発表されたようで…

まぁ、仕方ないと言うか、妥当な判断でしょうな。
この時期に獲得して、試合で使えるまでまだしばらくかかりますってのでは…
コンビネーションとかの問題はともかくとしても、動けないのでは話になりませんからね。
今年のレッズを見てると、試合に出られるようになった頃にはACLも敗た…ゲフンゲフン(何
来年を見据えてとかいうのならまだしも、即戦力にならない以上、今無理して獲得する意味は無いと思いますし。
レンタルだとしたって、決して安くない金額が動くわけでしょうしね。
(ところで、今でもある程度の金額の場合は、三菱自工の承認が要るのでしょうか…)

そもそも、中村氏は補強に消極的でしたしね。
その理由の一つに、若手のチャンスを奪うからと言うのもありましたが、
それならそれで、そろそろ近藤君辺りを見てみたいんですけど、どうでしょうかね。
せっかくボランチで存在感を見せ始めた細貝をDFに再コンバート、なんてことは、
いくら非常時に陥ったとしてもやっていただきたくはないものですけど…

それにしても、今年は本当に後手後手というか、行き当たりばったり感がぬぐえないシーズンですね。
やっぱり「哲学」がないクラブってのは迷走する運命なのでありましょうか。
この負の流れをいったい何処で食い止めるのか…
ある程度の犠牲も必要になってくるでしょうから、難しいところですけども、
いつかはやらないといけないことだとは思うんですけどねぇ…

そういや、つい先日、わが国では内閣改造が行われましたけども。
その時のニュースで、新内閣についての街頭インタビューが流れてまして。
中年の方々が、「期待なんかしませんよ」と、半ば諦め気味に語ってるのを見て、
「いやいや、そういうこと言っちゃうのはどうなの」と。
自民にこの国を任せてきたのはあなたたちの世代でしょう、と。
とりあえず上手く行っているからという惰性で投票していた人も多いと思うのに、
今更になってそんな文句を言われても、と思いましたね。
民主にも任せられないというけれど、いざと言うときに交代して政権任せられる政党を育ててこなかったのは、
国民の側の責任じゃないかなとかちらりと思ったわけでして。
特に近年は、いくらでも政権交代させるチャンスはあったはずなんですけどね。

…でまぁ、何が言いたいかって事なんですけど、別に政治論を展開したいわけじゃなくて(^^;

今までのレッズは、間違いなく右肩上がりでしたから、我々も、特にクラブの方向性に
疑問を持つことはなかったと思うんですが、今年の迷走振りを見て、
やっと「これじゃいけない」と気付けたと思うんですよね。
だいたい、そういうことに気付くのって降格の危機に瀕したときだったりするんですが、
レッズの場合珍しいことに現在リーグ2位という状況でそれに気付けたわけで。
それはある意味で非常に幸せなことであったと思います。

なんでこんなことを書いたかというと、某他サポさんのブログで、
「レッズサポはなんで2位にいるのに、フロントをあんなに批判するんだろうか」という内容のエントリを見たからでして。
どのブログかはもう忘れてしまいましたが、文脈から察するにマリサポさんっぽかったので、
彼らから見れば、確かに不思議なところはあるのかもしれませんね。
(どちらかといえば、「ちょっとレッズサポ言い過ぎじゃないの?」という感じの論調だった気もしますし。それは同意できるんですが)
でも、上手く行っている(ように見える)からといって、反省すべき点が皆無って事はないと思うし。
逆に上手く行っている時こそ、思わぬ落とし穴にはまる事だってありうるわけですからね。
とあるタレントの人が、「無事下山してきて始めて登山と言えるのであって、頂上に到達したまま下りてこないのは遭難である」
なんて事を昔言っていた気がします。
軽い足取りで頂上を目指していたら、いつの間にか道を見失っていた、
なんてことになっては、なんの意味もなくなりますからね。
今後は、常に節目節目で反省なり検証なりを行って、未来のために生かしていくことを、
フロントには切に願いたいと思っております。

うーんだめだ、また長くなっちまった(^^;
毎度のごとく偉そうなことを述べておりますが、ご容赦願いますm(__)m

それにしても、アダイウトンの話から随分飛んだものですな(^^;
結局今年は5番は空き番号と言う事になるんですかね

人気ブログランキングへ
[PR]

by warubee | 2008-08-04 23:04 | 浦和レッズ


<< 苦しくも面白い「旅」になりそうです      カシマに響いたWe are R... >>