2008年 07月 14日

遠征費用返してくれないかなぁ…

J1リーグ第16節

大分トリニータ 2-0 浦和レッズ

最終の飛行機で帰ってきて、ようやっと一息ついたというところです。
(投稿はこの時間でも、書き始めたのは随分前なんで(^^;)
録画しておいた大河ドラマで篤姫様に癒されようかと思ったのですが(何)、
よりによってこんな話の回とは_| ̄|○
山南さん公方様…(ノД`)

えーと、それはさておき大分戦。
内容については、あちこちで語りつくされていますから、今更ここで書くことはいたしません。
いたしませんけども。

監督と背番号4のコメントには、文字通り開いた口がふさがりませんですな。
もう黙ってくれないかなと思うぐらい。
某越後さん流に言うなら、「怒ってます」って感じですか。

監督いわく「前半後半とも支配できた」

へぇ、アレで支配できていたというんですか。
百歩譲ってそうだとしても、いつからサッカーと言うスポーツは支配率で勝敗を争うようになったんですかね。
支配することが目的じゃないですよ、点取るための手段なんだから。
いくらポゼッションを高めようが、毎試合同じパターンで失点してれば勝てるわきゃないんですけど。
とりあえずこの試合の采配でよかったことは、エジミウソンを前半で見切ったことでしょうか。
後は背番号4をどうするかですけどね。
起用法を変えないのなら、全く走ろうとしない、あの意識だけでも変えて欲しいんですが。
あなたの言うことならきっと聞きますよ。

背番号4いわく「やろうとしていることは間違っていないと思う」

「やろうとしてること」って何だ?
まさかこのナマケモノサッカーのことなんですか?
それ以前に、今のレッズに「そんなもの」が存在していたと言うことの方が驚きですけど。
まぁ、開幕直後と違って監督のせいに出来ない(したくない)のはわかりますけどねぇ。
セルヒオが入った直後、まるで開幕戦を髣髴とさせるような4トップになりかかってたのを見て、
思わず笑いそうになったけど、「こんなサッカーじゃ勝てない」とは言わないんだね。
そういや、開幕前に代表合宿に行かせてもらえなくてぶーたれてたけど、
いざ代表帰りでこんなグダグダなプレーに終始してるようじゃ、オジェックでなくたって行かせたくなくなりますよ。
クラブでの頑張りあってこその代表だってことがわかってるんでしょうか。
(だから、W杯ドイツ大会で選ばれなかったときはブログ主も憤ったものでしたが)
代表に呼ばれるのが当たり前になって、そんなことも忘れちゃったかな…

監督は何かに取り付かれたように「ファイト」なる言葉を連発しますが、
大分戦で「ファイト」とやらが見えたシーンがどれほどあったでしょうか。
唯一つ印象に残っているのは、ラインを割りそうなボールに対して、梅崎がスライディングでマイボールにしたところくらいですね。
前半、似たような場面で堤があっさりと見送ったのとはまさに対照的でしたが。

しかしなぁ。
今年のキャンプから開幕前のトレーニングで、戦術練習がなかったってことで色々不満とか出てた気がしたけど、
最低限の体力もないくせに戦術練習を要求するなんて、100万年早かったってことですか。
戦術の拙さを走ることで補うことは出来ても、その逆は出来ないということが、今年のレッズを見ていて良く分かりました。
っていうか、今のレッズは運動量も戦術も両方ないんでしたね。

試合後、ただ一人しゃがみこんで、スタンドから浴びせられる怒号でも聞いていたのか、
最後に手を合わせて去っていった阿部の姿。
今思い返してもいたたまれない思いがします。
他の選手たちは、なんかあっさり去って行ったような印象でしたけどね。
負けたときこそ、もっとスタンドをしっかり見て欲しいんですけどね。
いろんな人がいると思いますよ。
ブログ主みたいに茫然自失の人や、怒りまくってる人。
呆れてさっさと帰り支度してる人や、あるいはそれでも拍手を送ってくれる人だっていると思う。
みんな色んな思いを抱えてスタンドにいるんですけどねぇ…。
特に、大分みたいに遠方に遠征するには色々と苦労もありますしね…
皆それぞれ色んなもの犠牲にしてでもレッズの後押しをしたいと思って駆けつけたんですからね。
そういうことを選手たちはわかってくれてるんだろうか。
大分に5000人って、凄いことだと思いますよ。
でも、結局阿部くらいですよね、それに言及してくれてるのは。
普通はそれで発奮して頑張ってくれるんじゃないのかと思ってしまうんですが…

長い割に、相変わらず全然まとまっていない文章ですね。
色々と言いたいことはまだまだあるはずなんですが、どうも個人攻撃のようになっていけないです。
ただね、あの5000人のレッズサポの中には、九州在住で年に一度の九州での試合を楽しみにしてる、
そんな方もいらっしゃったはずだと思うんですよ。
現に並びのとき、ブログ主の後ろから「今年こそ埼スタ行ってみたいな」なんて聞こえたりしましたからね。
そういう方に対して、あんな試合を見せて申し訳ないとか思わないんでしょうか。

そういや試合後、Qweenの「We Are The Champions」が流れてましたけど、あの曲の歌詞の中には、
「we'll keep on fighting till the end」っていう一節があるんですよね。
まぁ意味は、「最後まで戦い続けるさ」とかそういう感じなんでしょうけど。
そもそも戦う意思すら見えない浦和レッズは、今年この曲をBGMに埼スタを一周をするときはあるのでしょうか。

さて、次の東京ヴェルディ戦は平日です。
それでもきっと、3万以上は集まるのでしょう。
(去年の広島戦なんかは38000来てましたね)
でも、それは本当に今の選手たちの「ため」になるのか、そこは疑問ですけどね。
心苦しい思いをしながらも同僚を残して仕事を切り上げ、「今日こそは」と希望を持って埼スタに向かっても、
結局いつもと同じモノを見せられるんでしょうか。

いつまでも「無償の愛」の在庫があると思われても困るんだけどな。

人気ブログランキングへ
[PR]

by warubee | 2008-07-14 02:22 | 浦和レッズ


<< 梅崎、セルヒオは落選。大迫君に...      レジェンド・オブ・スターズ >>