2008年 05月 15日

15th Anniversary

お久しぶりでございます。
もう一月以上も筆が止まってしまってましたね。
まぁ、色々書きたいことはあったりしたんですけど、なんとなくでここまで来てしまいました。
一応温めてあったりはするんで、それはまたオフシーズンにでも、ということで。

さて、今日はJリーグの誕生日なんですね。
なんかすっかり忘れてましたが。
もう15年ですか、早いですなぁ。
当時ブログ主は中学に上がったばっかりでしたかね。
まぁ、実際は開幕のときはリアルタイムに触れてはいなかったんですけども。
前も書いたかわかりませんが、7月7日の浦和ー鹿島戦をテレビで見て以来、ということになりますが。
しかし、まさかあれから15年経って、シーチケ購入したり、遠方アウェイに新幹線乗ったりして遠征するような人間になるとは、
想像だにしておりませんでしたけどねぇ(^^;

あの頃は、レッズをもちろん応援はしていましたが、他のクラブにも結構関心持ってた気がしますね。
代表がW杯予選を戦っていたと言うこともあるんでしょうか。
確か、最終予選直前には、サポーター同士で、お互いのクラブ所属の代表選手に声援を送っていた、
なんてこともあったらしいと聞き及びますが、今だとちょっと考えられないですかね(^^;
今みたいに、クラブサポ、代表サポなんて垣根もなかったですよねぇ。
あったのはサッカーファンというのだけだったような気がします。
自分自身、あれだけ代表に一喜一憂できることってもはやない気がするんですが、
それはそれで寂しい気もします。

Jリーグが出来て、W杯本線出場が夢からノルマにすらなってきました。
クラブレベルでも、昨年のレッズと川崎のACL予選突破がきっかけになったかどうか分かりませんが、
今年もガンバが見事予選突破を果たしましたし、鹿島も現在優位な位置にいます。
今後は決勝トーナメント進出はとりあえずノルマみたいな感じになってきそうです。
Jリーグの効果みたいなものは確実に表れていますねぇ。
ただ、それはJリーグだけじゃなくて、それまでの冬の時代を支えてこられた方々の努力の甲斐あってのものなのでしょう。

そういや、今度こんなDVDが出るそうで。
これはなかなか面白そうだなと思うんですけどね。
レッズのだけでなく、他所のクラブのもちょっと見てみたいかもしれません。

15年でここまで来て、次の15年後には、いったい日本サッカーはどの位置にいるんでしょうね。
2050年にはW杯優勝というのも今はまだ夢のまた夢ですが、15年後には多少なりとも現実的になっているのでしょうか。
クラブレベルでも、世界のサッカー少年が日本のあのクラブでプレーしたい、と憧れを持ってくれるような、
そんなクラブが出てきてくれていればいいなぁと思ったりしますね。
それが浦和レッズなら尚良いな、とも(^^;

もう何年かで、高卒ルーキーがJ開幕当時生まれていないという時代になるのかと考えたら、
たかが15年、されど15年ですなぁ。
なんか、もうちょっと思い出話でもしたかったんですけど、いざとなると思い浮かばないですね(^^;
そっちはまた機会を見てということで。

何はともあれ、今度の15年も、日本サッカー界にとって実り多きものとなりますように…

…去年の年末もこんな言い回し使ったなぁ(^^;

人気ブログランキングへ
[PR]

by warubee | 2008-05-15 23:45 | サッカー


<< 色々ありましたガンバ戦      思い出は美しいままにしておきたかった >>