彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 09日

まずは厳しき船出

J1リーグ第1節

横浜F・マリノス 1-0 浦和レッズ

開幕から歯がゆい試合でした。

「こんなサッカーじゃ勝てない」とかなんとかいってた人がいたようですけども。
そりゃねぇ。
足元ばかりで各駅停車のパス回し、ボールの収まらないFW、すぐバックパスはするし、
挙句にはゴール前であんなクリアミスが出る始末。
「そんなサッカー」やってれば勝てる試合も勝てないでしょうね。
選手交代や戦術云々以前の問題だと思いますけど。

でもねぇ、ピッチ上で対処しようと思えば出来たことも多かったと思うんですよ。
高原のマークがキツイならサポートに行けばよかったんだし、
パスの出しどころが無くて下げるなら、前の選手に動き出しを要求すべきだったと思うし。
FWが4人になってスペースが無くなったと言っても、元々スペース作るような動きしてたかな?とも思えたし。
ただその辺りは、やろうと思えばどうにでも改善できることだと思うので、次の試合に向けて直していって欲しいものです。

交対策に疑問が無いとは言いません。
永井が出るとき、「あー、高原だな」と思いましたが、何故か暢久でしたし。
達也と堀之内の交代については、相手も一人少ないし、DF削ってでも取りにいくということでわからないではないですが、
別に高原とエジミウソンにこだわる必要もなかったのではと思えました。

とまぁ色々とエラそうに言ってますが、ネガティブなのは本来このブログのポリシーではなかったりするので(ぉ

去年と比べて変わったかなという印象を受けたのは、守備のラインの高さと言うか、
ファーストディフェンスの位置とでも言うんでしょうか。
昨年までのレッズだと、ともすれば両ウィングバックだけじゃなくて、ボランチまでラインに吸収されて、
下手すりゃ7バックにでもなろうかっていうこともあった気がするんですが、
昨日の前半を見てると、前線から積極的に守備してたりしたんで、あれは良かったなと思いましたね。
(まぁ、そういった部分も期待してエジミウソンを獲得したんだろうし)
そこからカウンターに移ったときには、「おっ」と思える場面もありましたし、ああいうのは続けて欲しいですね。

高原とエジミウソンに関しては、この試合「だけ」見れば期待はずれという感じでしょうか。
と言っても、高原はもう少しサポートがあれば上手くさばけたのではと思うところもあったし、
キャンプからやっていた「はず」のトップに当ててラインを押し上げるというのも出来ていたかどうか、っていうのもありますし。
一試合で評価を決するのはどうかというのもありますしねぇ。
エジミウソンは、ちょっとサイドに流れすぎな気もしました。
サイドで基点になろうとするのもわかるけど、肝心なときに中に誰もいないと言うこともあった気がしますし。
で、FWを増やせば増やしたで、今度は中で重なってしまう。
悪循環だったかなと。
シュート練習を見てて、クロスにあわせる練習をやってないのも少し気になりましたけどね…
この2人に関しては、見るほうも実績を知っているだけに、評価が厳しくなるのは仕方ないことではあろうかと思いますが。

なんだかんだ言って久々の真剣勝負でしたからね。
開幕戦で悪い部分がとことん出たと思えば…
「悪いあとはいい、必ずよくなるんだからな」とか言う落語の文句もありますしねぇ。
もちろん改善する努力は必要ですけどね。

さて、気を取り直して…
次はホーム開幕戦、名古屋グランパス戦ですね。
えー、結局のところ、チーム名から「エイト」は外れたんでしたっけ?(^^;
昨日場内放送で途中経過聞いてたら、「グランパスエイト」と呼んでた気がしたんで、あれっと思ったんですが。
まぁ、それはともかく、あちらの開幕戦は京都相手に引き分けと言うことで、早く新監督の初勝利が欲しいところでしょうからね。
そういえば、新監督は「ミスター」と呼ばせているとか。
ブログ主的に「ミスター」と言えば、ミスターレッズ福田さんですがね。
そして某鈴井…いやまぁそれはどうでもよくて(^^;
こちらも埼スタでは久しく勝っていない(昨年9月30日の新潟戦以来)し、何より勝利を得ることが、
今年のサッカーへの自信にもつながっていくと思いますし、内外からの雑音を封じることにもなりますからね。

ブログ主にとっても久々の埼スタです。
楽しめるといいなぁ。

人気ブログランキングへ
[PR]

by warubee | 2008-03-09 23:57 | 浦和レッズ


<< 思い出は美しいままにしておきたかった      開幕前夜 >>