2007年 12月 25日

移籍の話

愛媛から近藤君が復帰、というのが正式に出る一方で、一気に3人の移籍が発表になりました。
カニこと横山はまた他所にという話ではありましたけど、完全ですか。
今季終盤、どうにもFWの駒不足に悩みましたからねぇ…
決して余裕があるわけではない気がするのですが、それでも完全でと望んでくれたのだから、
あるいは彼にとっては良いことなのかもしれませんが。

それと、一番驚いたのは中村君が完全で湘南にという話。
ユース時代から期待され続けてましたが、結局怪我が多くて満足に力を発揮できませんでしたね。
今シーズンは何度かベンチ入りすることもあり、もしかして今日は見られるかも?と期待したこともありましたが、
残念ながらそれは叶いませんでした。
天皇杯の愛媛戦なんかはチャンスだった気がするんですが、あんな展開になってしまいましたからね…

しかし、今更言うまでもありませんが、レッズの泣き所は若手の育成、底上げですね。
ただ、これはタイミングの問題もありますからね…
たとえば、今バリバリのレギュラーで代表の中核を成す啓太、あるいは長谷部や達也などは、
早いうちにチャンスをもらえたことも大きかったと思うんですけど、あの時と今とではまったくチーム状況が違いますからね。
J2から戻ってきて、また一から作り直そうとしていたときと、もうレギュラーは代表クラスが固めてしまっている今とでは、
単純に比べて頑張りが足りないなどとは口が裂けても言えません。
だからといって、運が無かったと言って片付けてしまうのもアレですが…

いずれにしても、ここ2年は若手にチャンスを与える余裕が無かったですからね。
(というか、ギド体制以降では堀之内と細貝くらいじゃないか、モノになったのは…)
そういうのは自ら掴むものだ、と言っても、瓢箪から駒みたいなこともありますし。
使ってみたら、「おっ、こいついけるな」ということはままあることで。
来年は多少余裕があるはずなので、オジェックには機会を見つけての若手登用を願いたいものです。

今年はまだユースからの昇格という話が聞かれませんが、どうするんでしょうね。
2年に逸材が多いユースですけど、3年にも良い選手はいましたし。
外部からの即戦力補強も大事だけど、ユースからの流れも継続していかなきゃいけませんしね。
そういや、来年は若手育成担当のコーチとして、福田さんが加わるんでしたっけ。
具体的に何をやるんだか良く分からないんですが…
以前の柱谷さん、今年広瀬さんがやってたようなことなんでしょうか。
それとも、ユースまで巡回するような感じなんですかね?
まぁ、来年になればわかることか(ぉ

でもまぁ、徐々に成果は見えつつあると思うんですけどね、レッズの下部組織も。
ガンバやジェフ、広島なんかと比べてしまうと、流石に見劣りする部分はあるんですけど、
こればっかりは焦ってもしょうがないですしね。
ガンバユースが良い選手輩出してるからといって、大阪まで行ってスカウトするってのも違う気がするし。
それでなくてもトップに埼玉出身者が少ないですからね…

ともあれ、新たな場所で頑張る選手達には、心からのエールを。
今年の愛媛みたいなこともあるし、どこに対戦の機会があるかわかりませんからね。
その時には、成長した姿を見られることを願っております。

人気ブログランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-12-25 23:23 | 浦和レッズ


<< 今年も一年ありがとうございまし...      そして挑戦は続く >>