彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 15日

いつかは逆のスコアに…

FIFAクラブワールドカップ・準決勝

浦和レッズ 0-1 ACミラン(イタリア)

「普通に行けば」とかいう常套句がありますが…

「普通に行けば、インドネシアのチームには大勝できるでしょ」とか、
はたまた「普通に行けば、浦和がACミランに勝てる訳ないよね」ですとか。

ACLの決勝の時のエントリでも書いた気がするんですが、頭ではこういうイメージはあるものですが、
実際そうなってみないと、本当にそれが「普通」なのかというのはわからないものでして。
ACLのグループステージ初戦はインドネシアのペルシク・ケディリに3-0で勝ったわけですが、
それでも前述したとおりの妙なイメージというか先入観に囚われていたりしていて、
「なんだよ、たった3-0か」と思ったりしました。
でも、終わってみれば、どこであろうが決して油断できないクラブばかりだということを思い知りました。

さて、それではACミラン。
確かに凄い選手ばかりで、随所に「うぉぉ、さすがだよなぁ」と舌を巻くプレーはあったんですけど、
それでも、「んー、でも思ったより怖さはなかったかな」という印象を受けました。
特に、開始15分くらいは明らかにエンジンかかってないなと感じましたし、その時間帯は攻めてもいたと思うので、
そういうときにどんな形であれ得点できていたりすれば、かなり面白くなったとは思うんですけどね。
まぁ、もっと攻撃的なチームが相手ならそうは思えなかったんでしょうし、そもそもこの日のミランが「何%」かもわからないですし。
間隔が開けばいいというものではないのはレッズを見てわかっているし、慣れない日本での緒戦でもありましたし。
そこはあくまでブログ主の印象度ということなので、文句言われても困ります。(ナンデスト
でも、インザーギの投入なんかは「引っ張り出せた」形だったのではないかとも思いますし、
前半終了間際だったかに大型ビジョンに映されたアンチェロッティ監督の表情は、
「こんなはずじゃなかったんだが…」とでも言いたげに感じました。
もちろん贔屓目フィルターかかってますけどね(ぉぃ

もちろん、実際は勝てなかったわけですし、これで世界に打って出ていけると堂々と語るほど足元が見えてないわけでもないですが。
それでも、少なくとも今のレッズで「この日のミラン」相手ならこれくらいの試合は出来るんだということは知ることが出来た。
足りないこと、改善点がわかれば、そこを補うようにすれば、より上にいけるということですからね。
また、今年はリーグ連覇も逃していますが、それも貴重な経験として次に活かしていけば良い訳ですし。
来年はGSがないとはいえ、ACLと平行で戦っていく術も持っていますからね。
その点はアドバンテージにしていかないといけないと思いますが。

そういや、さっき元鹿島のレオナルド氏のインタビューなんか見ましたが、その中で印象に残ったのは、
「ミランには勝てないという先入観を捨てなければ」ということでしたね。
ブログ主も、どこかでそういう考えは捨てきれていませんでしたし、なんか選手の動きを見ても、
なんか遠慮してるのかなというか、意識しすぎだなという印象は受けました。
よく言う、「リスペクトしすぎた」という奴なんでしょうかね。
まぁ何にせよ、初めて得た同じ目線で比較する機会だったわけですからね。
「あれを善戦と言われるなんて、思ったより低く見られていたと悔しかった」という人がいましたが、
向こうとてどれくらいレッズが出来るのかというのはわからなかったと思いますしね。
代表のこれまでを見れば、そんな高評価を望んでも…とは思いますし。
これから時間をかけて、その評価を覆して行きたいですね。

惜しむらくは、アジアにいる限りこういう一流のクラブとの真剣勝負が絶対的に少ないことですよね。
なんせ、向こうは毎年強豪同士で対戦しているわけですからね、CLの舞台で。
こっちは、ACLを勝ち抜いて、やっと1試合できるという程度ですからね…
そりゃ、レベルに開きがあるのは当たり前です…
今度、ナビ杯と、南米のスダメリカーナ杯の優勝クラブ同士で試合をするそうですが、
これもどれほどの真剣勝負の場になるんでしょうか。
「なんで日本なんか行かなきゃ行けないんだ。でも契約だし、テキトーにやっとけやっとけ(誰だ)」というような感じでは困りますしね。
今年である程度満足感も得られましたが、同時に来年もこの舞台で戦いたいという欲も出たりして。

そうやって色々考えると、欧州のクラブでプレーすることはやっぱり重要なんだなと改めて実感しました。
今回、イタリアでも何人かは(社交辞令的なものはあるにせよ)なかなか良い採点をされているようですし。
そういうところから、日本人選手の地位が少しでも上がっていけば、それはそれで嬉しいことですしね。
そういや、長谷部のシエナ行きが怪しくなってきたらしいですが、どうなるんでしょうか…

さて、明日は3位決定戦、アフリカ王者、エトワール・サヘルとの試合です。
これがレッズにとっての今年最後の試合ですね。
ブログ主的にも、ACLの決勝以来勝利を見ていないので、最後を飾るという意味でも是非勝って欲しいものです。
最後を飾るといえば、おそらく明日がワシントン(あるいはネネも)の最後の試合ということになるのでしょう。
ワシントンについては色々思うところもありますし、またいずれ書くこともあるでしょう。
(これまでは少し遠慮してたということもあるし)
去年の優勝の原動力になったことは間違いないですし、感謝はしています。
最後の大活躍を期待してます。
相手のエトワール・サヘルについてはよくわかりませんが、アフリカのチームとの対戦というのも面白そうです。
アフリカといえば、カメルーンとかナイジェリアの代表とかが浮かびますが、
(最近だとコートジボワールとかも強いんでしょうか。疎いもんで)
クラブレベルだと良い選手はどんどん欧州とかに出てしまっていると思いますし、
いまいちイメージが沸かないですね。
ただ、それまで3連覇していたチームを破ったという事で、もちろん強い相手なのは間違いないでしょうけど。
ともあれ、終わりよければ…ということで、今年最後を勝って終わりたいですね。

人気ブログランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-12-15 20:52 | 浦和レッズ


<< そして挑戦は続く      あと2試合できる >>