彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 10日

あと2試合できる

FIFAクラブワールドカップ・準々決勝

フーラド・モバラケ・セパハン(イラン) 1-3 浦和レッズ

これでミランと対戦できます!(何

いや、あの反町監督のフレーズがなんとなく気に入ってしまってるもので(^^;

それにしても、これが一週間ちょい前には横浜で無様な姿をさらしたレッズかと思うような、
素晴らしい試合内容だったと思います。
今年の一番良かった時期(2週連続静岡遠征から中断明け前後くらい)は、ああいう感じの試合が出来てたと思うんですが、
やはりこの一週間、選手たちのコメントからも感じ取れましたけど、いい準備が出来ていたようですね。
まぁ、相手が3度目の対戦のセパハンということで、手の内を知っているやりやすさもあったかとは思うんですけどね。

全部終わってから書こうと思ってたことでもあるんですけど、オジェック就任後に目指すサッカーのキーワードとして、
「動いてスペースを作り、そこを活用する」というようなことを度々聞いた記憶がありますね。
(ちなみにもう一つは「サイドチェンジ」でしたが)
今日の試合なんか見てると、こういう感じのサッカーを目指したかったんだろうかという気がします。
「人とボールが動くサッカー」というのが最近のトレンドらしいですが、
こういうサッカーをコンスタントにやっていくことが出来るようになれば、
強いけどツマランなんて言われることも減っていくんじゃなかろうかと思ったりしますが…

あと、相馬が良かったですね。
どうも彼は、海外のクラブ相手のほうが燃えるんだかなんだかわかりませんが、良いプレーをするような気が。
去年のバイエルン戦とか、素晴らしかったですからね。
(あの時はアレックスとの共存に一瞬だけ夢を見たっけ)
印象に残った選手として相馬を挙げる海外のプレイヤーも結構いますしね。
次はミランが相手ですから、ますます燃えてくれることでありましょう。

…と、ここまでつらつら書いてきてなんなんですが、本当にミランと「勝負」できるんですね。
とは言ったって、向こうからすればやっぱり照準は決勝なのかもしれませんけどね。
それでも、レッズに勝たなきゃ次もないわけですからね。
これまで「親善試合」は多く見てきましたが、それより本気なことは間違いないでしょう。
フルメンバーで来るかはわかりませんが、それならそれで主力を引きずり出すような試合をして欲しいと期待します。
まぁ、どんな結果になるにせよ、せっかく実力で手に入れた、またとないチャンスですからね。
思いっきりぶち当たって、自分の力を試して欲しいと思います。

人気ブログランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-12-10 21:57 | 浦和レッズ


<< いつかは逆のスコアに…      連覇を逃したよりショックな出来事 >>