彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 28日

天皇杯サヨナラ

第87回天皇杯4回戦

浦和レッズ 0-2 愛媛FC

3連覇への挑戦はあっけない幕切れとなってしまいました。

つまるところ、愛媛の各選手の方が、やるべきことをしっかりやっていたということなんだろうと思います。
ボールを奪うまでには至っていなかった気もしますが、きっちりボールホルダーにはプレスかけてましたし、
ボールを失ってからの戻りもなかなか速かった気がします。
個々のレベルと言うことを考えれば、贔屓目も含めてレッズに一日の長ありかと思いましたが、
それでも役割をしっかり果たす姿には好感が持てました。
いずれJ1の舞台でまた勝負したいですね。
…というようなことは勝って言わなきゃしょうがないんだよなぁ(;´Д`)
こんなときに言っても負け惜しみにすらなりゃしない。

対してレッズははどうだったでしょうね。
なんか失点の仕方は鹿島戦そっくりだった気がするんですが…
こんな試合を土曜日やったら、本当に危ないと思いますよ。
ただ、逆に危機感感じてくれるんであれば、この敗戦も少しは報われようかと言うものでしょうが。

今日の試合も、いいリズムの時間帯に点さえ取っていればなんら問題は無かったと思うんですよね。
でも、ボールは支配していても、なんとなく回していて、なんとなくボールを失ってるって言う印象が強いです。
俺が何とかしてやると言う気持ちが全く見えなかったかなぁ…
その辺りを相馬には期待してるんですけどね。
去年埼スタで初出場したときだったか、クロスを阻まれて悔しさをあらわにしてた姿を今でもよく覚えてますよ。
ああいう気持ちを前面に出すところも彼の持ち味だと思うのですが。

選手の入れ替えについては、まぁ賛否あるところだと思いますが、
ブログ主としては休ませるなら永井の方だろうと予想してましたので、スタメン見て少し驚きましたね。
ロビーを休ませたことは賛成ですが、それならせめて伸二をベンチに置いて、わずかな時間でも勝負をかけるときに投入、
なんてことは出来なかったかなぁと、まぁ結果論ですが思ったりしました。
なんせ、永井がセットプレーのキッカー務めてたくらいですからね…
背番号9のプレースキッカーってあんまり良い思い出ないですし…
あと、小池君が交代待ちしてるときに1点目取られましたけど、前もそんなシーンありましたね。
色んな意味で間が悪かったですね、今日は。

なんにせよ、これで今年の試合は最大であと4試合で終わりとなりました。
もう、土曜日は後のこと考えて余力残す意味とかないですよ。
最初からガツガツ行って、何が何でも先制点をもぎ取ることでしょうね。
今日みたいに事をうまく運ばせていちゃダメだと思います。
相手のボールにはどこまでも食らい付いていくとか。
オフト時代のオールコートマンマークとまでは言いませんが、それくらい追い回したって良いでしょうし。
とにもかくにもロビーとワシントン、平川は休めましたし、長谷部、啓太、阿部もフルに出なかったので、
多少は余力が残ったと思います。
こうなったらオジェックに無理矢理交代カード切らせるくらい、飛ばして行って欲しいものです。

まぁ、せめてもの慰めは、これでオフが十分に取れるということでしょうかね。
そして来年はACLのGSも無いですし、ブルズカップみたいなのも今のところ無いですから、
じっくりとチーム作りが出来ますよね。
(それは逆に、今年のような過密日程と言うエクスキューズがなくなると言うことでもあるけれど)
これから世界に打って出るなら、もっと攻撃的で魅力あるチームにしなきゃいけないと思いますし。
特定の選手がいなくなって出来なくなるような攻撃サッカーではなく、
メンバーが入れ替わっても、レッズの伝統として伝えていけるようになって欲しいですし。
オジェックも、より攻撃的にやりたいと思ってるだろうと思うんですよね。
10年前に出来なかったことを今、という気持ちはあると思います。
来年こそ、叶わなかった「3年目」を見せて欲しいものです。

とまぁよくわかりませんが、そんな感じでムリヤリ自分を納得させたところで、今日はオシマイ。
(いつにもましてまとまりを考えてないので、余計なツッコミはご遠慮願いたく(ぇ)

人気ブログランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-11-28 23:55 | 浦和レッズ


<< 連覇を逃したよりショックな出来事      やはり一筋縄ではいかなかった >>