彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 25日

やはり一筋縄ではいかなかった

Jリーグ第33節

浦和レッズ 0-1 鹿島アントラーズ

試合後の会見で、珍しくオジェックが「今日は勝ちたかった」と洩らしていましたね。
これまで、ともすれば勝つ気が無いのかと言われるような采配だったのも、
目先の勝利云々よりも、「最終的に」優勝することを見据えていたからだと思うんですが、
この試合に関しては、(結果的には)引き分けでも良かったのに、ホーム最終戦でもあり、
勝って決めたいという思いがかえって仇となった、というところなのでしょうか。

これで最終節までもつれたわけですが、相手は横浜FC。
残念ながら既に来季のJ2逆戻りが決定してしまっているわけで、
順位表そのままの力関係を示す試合が出来れば、当然神経質になることは無いんですが、
そう単純に行かないのがまたサッカーの醍醐味でもありますしね。
レッズナビでも話題になってたことですが、試合開始すぐの攻防は重要になりそうです。
つまりは、相手に「今日はいけるかも」と思わせないこと。
多分、向こうも色々「期待」してることがあると思うので、そういう希望的観測を打ち砕くような、
猛烈な攻撃なりプレスなりを仕掛け、「やっぱかなわねー(;´Д`)」とか思わせたい。
そうなると、負けが込んでるチームというのはだんだん悪い方向にハマって行くものだと思いますしね。
負のスパイラルとか言うとちょっとカッコいいですが(ぇ)、ともかくリズムに乗せる前に先制攻撃を仕掛けたいところかなと。

問題はそれができるかどうかでしょうかねぇ。
やっと1週間空いたと思ったら、また水曜には愛媛FCと天皇杯を戦わなければいけません。
出来れば数人休ませたいところですが、今年もガンバが山形に苦戦したり、清水が明治大に苦戦したりと、
色々起きてますから、ちょっと怖い気もしますしね…
レッズからレンタル中の選手も出てくるでしょうし、彼らの意気は警戒しなきゃいけないですからね。
まぁ休みたければ、自分たちの力で早めにリードを広げる展開にしろということでしょうか。
休暇をとりたければその分他の日に働け…ってのはちょっと違うか(^^;

まぁ、なんにせよこうなってしまったからには、横浜で勝てば良いわけで。
余裕を持ちすぎてもダメだけど、プレッシャーに感じる必要も無いと思いますし。
それぞれに出来ることを全力でやってくれさえすれば、結果はついてくると思います。
どうせCWCまでしばらく間があるし、喜ぶ気力さえ残らないくらいで、どうか一つ(^^;

人気ブログランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-11-25 23:44 | 浦和レッズ


<< 天皇杯サヨナラ      「あと一勝」まで来た >>