2007年 11月 18日

「あと一勝」まで来た

Jリーグ第32節

浦和レッズ 0-0 清水エスパルス

さて、ACLの決勝から中3日。
さしものオジェックも、多少メンバーをいじってきましたね。
永井の1トップで、その下にロビーと長谷部、阿部がボランチに上がり、右に平川、左に相馬となりました。
特に相馬の起用は「おっ(^^)」って感じでしたけどね。
今年の彼にかける期待が大きかっただけに、ちょっとこれまでのパフォーマンスは不満がありましたし。
来年アレックスが戻ってくれば、また違ったりするんでしょうかねぇ…

試合のほうは、やはりと言うか難しいものになりましたね。
啓太が前半の早い段階で交替せざるを得なかったこともあると思うし。
どうやら次節は大丈夫な感じなんで一安心ですけどね。
怪我したのが頭だったし、しばらくピッチ上で治療してたんで、ちょっと心配してたんですけども。
ワシントンを欠き、達也もベンチ外だったし、ちょっと打つ手が無かったと言うのもありましたかね。
特に達也は、今日は使ってくると思ってましたが…
(そのためのACLでの休養だと思っていたし)
まぁ、直前での体調不良とかも有り得るし、事情を知らないので勝手なことは言えませんけど。
こういうとき、安心して小池を送り出せるくらい経験積ませていれば良かったのかもしれませんけどね。
この辺りは来年(もちろん今季残りも)の課題になるのかもしれません。
そうそう、今日のベンチには堤、中村、西澤、小池とユース出身が4人も入ってましたね。
オジェックのコメントを見る限りでは、言葉は悪いが頭数みたいな感じだったようでもありますが、
ベンチとはいえ試合の雰囲気を経験できたことは決して無駄じゃないと思いますし。
来年は彼らに頑張ってもらわなきゃいけないことになるかもしれませんからね。
こういう経験をすることで、「ベンチじゃなく試合に出たい」と思うことをモチベーションにしていってくれれば良いなと。
それと、今日の清水はなんだかサイドにスキがあったように思えました。
オジェックもハーフタイムにサイドを使えと指示してたようですが、サイドの攻防でチャンスを作れていた場面もあったので、
あとは中の枚数さえあればということが多かった気がします。

それから、一つ残念なこと。
MDPで知りましたが、ACLの決勝で北ゴール裏の椅子が壊れたらしいですね。
せっかく素晴らしい成果を上げた日だというのにこういう事があると…
本人は自覚してると思いますから、これを機会に自分の行動を省みてくれたらいいなと思います。
(「過ちて改めざる、これを過ちという」って言葉があるそうで)
もちろん自戒を込めて、ですけどね。
スタジアムでは「色々な人」を見かけますが、自分は果たして迷惑をかけていないかどうか。
もちろん日常生活でもそうですが、常に考えていかないといけないなと思っております。
ほんのちょっと考えれば、世の中随分上手く回ると思うんですけどね。
「気は遣うのではなく利かせるもの」という言葉もあるそうですが、深いなぁと思いますねぇ…
ちなみにブログ主の座右の銘は「己の欲せざるところ人に施すこと無かれ」という孔子の言葉だったりします。
なかなか上手く行かないですけどね。

閑話休題。
ガンバがFC東京に引き分けたため、次節レッズが鹿島に勝てば、Jリーグ連覇が決まるということになりました。
鹿島と言えば、93年の1stステージを制したわけですが、その時の場所が駒場でしたね。
古いレッズサポにとっては忘れたくても忘れられないことかもしれませんが(^^;
ブログ主としても、この試合をきっかけにサッカーを見るようになったので、ちょっと縁は感じで、ますが。
その鹿島を破って連覇となれば、これ以上ないことだと思います。
(ナビでは勝っていますけどね)
もちろん、向こうも逆転優勝の目があるし、最低3位キープでACLと言う目標があることを考えても、
凄い試合になることは間違いないと思います。
ただ、ホーム最終戦とかいう試合には強いレッズですしね。
(昔、何故か富山でやって大惨敗したこともあったが…)
今度は水曜に試合が無いし、しっかり調整できるでしょうから、お互い現時点のベストで戦えると思います。

しかしアレですね。
今年埼スタで試合が出来るのは、土曜日と、あとは天皇杯準々決勝くらいなもんですか。
なんかあっという間ですねぇ…
ともあれ、悔いを残さないようにしたいものです。

人気ブログランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-11-18 23:19 | 浦和レッズ


<< やはり一筋縄ではいかなかった      ただ祈ることしか出来ない… >>