2007年 11月 08日

決着は埼スタで

AFCチャンピオンズリーグ 決勝1stLeg

セパハン(イラン) 1-1 浦和レッズ

まずは、現地遠征組の皆様、お疲れ様でした。
お気をつけてお帰りください。

さて、いよいよ決勝なわけですが。
ここまで来たら、どんな相手であろうが強いことはわかりきっているのですが、
それでもやっぱりセパハンは強かったですね。
事前情報は殆どなかったんですけど、守備が堅いチームだと聞いていたんで、
あんなに出足鋭くガンガンくるとは思っていませんでした。
(まぁ、守備が堅いからといって守備的とは限らないのは自明なんですが)
中盤で奪ったら、手数をかけずにシンプルに前線に出してましたしね。
あのプレスがまた強烈でした。
中盤でのちょっとしたミスも見逃してくれませんでしたからね…
なんとなく、「04年のレッズ」と対戦したらこんな感じだったのかなぁとか思ったりしましたけども。
ラインを下げて人数をかけて守るレッズとは、同じ守備が強いチームですが、なかなか対照的でしたね。

それでも、攻め方次第では点の取れない相手でもないのかなと言う印象もありましたけどね。
中継で盛んに松木氏も言ってましたが、サイドからの攻めが結構有効に見えましたし。
なんとなくサイドバックが、裏をとられても付いていけてないように見えましたし。
プレスをかいくぐって、最終ラインまで侵入してしまえば活路はありそうな印象もありました。
プレスにしたって、もっとサポートをするとか、球離れを速くしてなるべくボールを動かすとか、
そういうことをやっていけば、あんなに捕まることも無いのかなと思ったんですけど…
素人考えですかね?

サイドと言えば、暢久が欠場ということで、永井が右サイドかと言われていましたが、
ふたを開けてみれば阿部でしたね。
スタメン見て、「ん、もしや4バック?坪井が右で阿部が左??」とも思ったんですけど。
でもまぁ、考えてみれば、守備力とか、全体のバランスとか考えたら、阿部の起用も納得かなと。
ってか、その手があったか、と(^^;
まぁ、失点シーンは彼が足を滑らせてしまったことが残念でしたけど、それは責められませんしね。
2ndLegでは闘莉王も復帰しているでしょうし、引き続き右サイドってこともありそうですね。

あわよくばもう1点取れれば大分楽になったんだろうかとは思いますが、それでもこの1点は大きいですよね。
しかし、ロビーの「無回転」なんて初めて見たような気がするんですがねぇ…
もしや、あの瞬間だけ暢久が乗り移ったんでしょうか(ぉぉ
少なくともこれで、セパハンとしては0-0の引き分けは許されなくなったわけですから。
もちろん全然安全圏でもなんでもないんですが、悲観することもないし、むしろ光明の方が大きいような気もしてます。
まぁ、あんまり楽観的な気分になってもアレだと思うんで。
ともかく、来週の埼スタで全力を尽くしてプレーしてくれることだけを願います。
ブログ主も埼スタ行くんで、かなり微力ながら、選手たちの後押しができるように頑張りたいものですが。

テレ朝さん、結局地上波でやらないのかねぇ…

…とその前に、等々力での川崎戦がありますね。
川崎がACLで決勝に来ていれば、3連戦になっていたのか(^^;
等々力といえば、ブログ主の初観戦が95年の1st、当時のヴェルディ川崎戦でしたよ。
あの時は初優勝がかかってて、その可能性が残るか消えるかと言う一戦でしたが、
当時の最強軍団の前にあえなく敗れ去りましたね…
あのときのギドのゴールも、アルシンドのゴールもよく覚えてます。
今回は2位以下の結果次第で…ということらしいですが、あまりそういうことは意識せず、
「マジック」を自力で1に減らすことを考えて臨めばいいんじゃないですかね。
あちらは中村選手が出場停止なようですが、あの2トップは強烈ですからね…
今年大活躍の鄭大世選手がどんな選手かが楽しみだったりします。
だからと言って爆発されても困りますが(^^;

人気ブログランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-11-08 06:58 | 浦和レッズ


<< 一歩ずつでも進む      「満足」はできないけど… >>