2007年 10月 29日

「満足」はできないけど…

Jリーグ第30節

浦和レッズ 0-0 名古屋グランパスエイト

「ある意味納得」できる結果ではあった、そんな試合だった気がします。

土曜日にガンバが負けているだけに、できれば勝ち点3、最低でも勝ち点1を手に入れて、差を広げたいところでした。
しかしまぁ、当然と言うべきですが、水曜日の激戦の影響は、やはり色濃く出たなという感じです。
向こうにもう少し決定力があればとか思ったりしますが、よく引き分けで持ちこたえたという気すらしましたね。
ブログ主のような素人の目にも、明らかに「動けていない」なと映りましたし。
もっとも、それはいつも感じるような、「もっとできるんじゃねーの?」という質のものではありませんでしたけども。
「頑張れ、頑張ってくれ(;´Д`)」と何度祈ったことか知れません。
(もちろん、これ以上ないくらい頑張ってくれているんですけどね)

そんな中で手にした勝ち点1。
勝ち点3をとれば、一気にガンバを置き去りにできたと言うのは言うまでもありませんが、
6差と7差では、たった1差ですが、まさに天と地、雲泥の差です。
(ちっと大げさすぎるような気もしますが…)
まぁ、星勘定なんかするとろくなことはないし、そもそも星勘定できるような残りの対戦相手でもありませんしね。
ワシントンが不満をぶちまけた(らしい)オジェックの交対策は、消極的といわれても否定は出来ないでしょうが、
ガンバの敗戦と現在のチームコンディションとを考えて取った、現実的過ぎるほど現実的な策だったのかなぁと。
最後でこの勝ち点1が生きているかどうかは、今後次第ですけどもね。

さて次は、来月4日、いよいよACLの決勝戦1stLeg、アウェイに乗り込んでのセパハン戦ですね。
川崎との試合も見ていないので、どんなチームかは全くわかりませんので、何も書けません(ぉぃ
アウェイゴールがどうとか、最低引き分けたいとか、まぁ色々ありますけど、
ここまで来たら、それぞれが悔いを残さないよう、ただベストを尽くしてくれれば、それでいいのかなという気がします。
大リーグ・レッドソックスの松坂投手じゃないですが、勢いじゃなく、本当に強いチームだからこそ、
この舞台で戦えているわけですしね。
これまた使い古された言葉ですが、人事を尽くして天命を待つ、というところでしょうかね。
…微妙に違う気もしますけど(^^;

人気ブログランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-10-29 01:53 | 浦和レッズ


<< 決着は埼スタで      決勝進出決定 >>