彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 23日

勝ち切った

Jリーグ第26節

横浜F・マリノス 0-1 浦和レッズ

某サッカー専門紙にて、「ビッグクラブ対決」なんて題目をつけられていたこのカード。
実際どうなんですかね。
先日発表された各クラブの経営情報で、営業収入ではレッズがトップ、マリノスが次点となってはいましたが。
そういう意味からすると、現時点での日本を代表するビッグクラブ同士の対決と言えるのでしょうが…

他のレッズサポ、あるいはマリノスサポーターの皆さんがどう考えているかはわかりませんが、
ブログ主的にはビッグクラブと呼ばれても別に嬉しくはないですけどね。
(むしろ批判のネタにされることもあるくらいだし、迷惑といった方が適当かもしれませんが)
世界のどこにいっても通用するクラブになって欲しいと言う願いはあるにせよ、
それは「ビッグなクラブ」になることと決して同義でもないと思うし。
いずれにせよ、その域に達するにはクラブ、選手、そしてサポーターそれぞれに、まだまだ×100足りない部分はあると思いますが。

閑話休題

試合会場は日産スタジアムだったわけですが、今シーズンの最後、横浜FC戦もここで行われるので、
あと一度足を運ぶ機会はあるわけですが…
願わくば、あと2試合余分にやりたいですねぇ…
特にACミランと当たりたいものです。
本家レッズの敵討ちは浦和レッズが…なんて最高ですな。
ふふふ、妄想妄想(何

などと壊れたところで(ぉぃ
この試合のスタメンで驚いたことは、達也を外して永井とワシントンの2トップで臨んだことですね。
大宮戦で、好調の平川を外して結果が悪い方に出ていただけに、果たしてどうなるかと思いましたが…
ただ、こういうものは結果論でしか語れない部分もありますしね。
大宮戦にしても、相馬が活躍していれば、結果的に好采配ということになったでしょうし。
なので、この試合も、永井の活躍次第と言うところはありました。
上手く行けば達也も休ませられるし、一つの賭けというような印象でもありましたね。

しかし、前半は酷いものでしたね。
水曜日にACLの試合があって、疲れているのはわかるが、それにしても簡単なパスミスが多すぎ。
マリノスのプレッシャーが効いていたという言い方もできますが、いくらなんでも限度があります。
しかも両サイドの裏を度々とられてクロスを上げられる場面も何度見たことか。
ギリギリのところで決定力不足に助けられてはいましたが、初戦は「結果オーライ」に過ぎないわけですからね。
そんな時、相手に対して「下手でよかった」とか言って笑っていられる人がブログ主には理解できないけど。
後半に入ってからは大分マシになってはいたと思います。
マリノスからすれば、前半の勢いをそのままにという考えはあったでしょうから、
あの開始数分攻勢に出られたことで、それを断ち切ることができたのかもしれません。
やっぱり、流れは自ら引き寄せなければいけないということの証明なのでしょうね。

そして永井の先制ゴール。
都築の右サイドへのフィードを暢久が競り勝って裏のスペースのロビーへ。
ドリブルで持ち込み、中の永井に丁寧にパスし、相手DFをかわして冷静にゴールに流し込む。
暢久はサイドの攻防では度々押し込まれていたものの、こと競り合いに関してはほぼ100%勝てていましたからね。
あまり空中戦に強いイメージはないですが(むしろ競り合いでレッドもらったりしてる印象しか(^^;)、
この場面はそれが得点に結びつきました。
今年は、基本的に都築からのボールは暢久を経由するという約束事でもあるような感じですが、
それが奏功した感じですね。
中澤選手が「狙っていた」と感じたようですが、決してそんなことはない気がするんですが。
瓢箪から駒というか、そんな感じですかね。

先取点取ったことで達也を休ませるかなとも思ったんですが、永井に良いイメージを持たせる意味があったんでしょうか。
そしてこの交代の直後、ロビーの突破を止めた清水選手が2枚目の警告で退場に。
これで勝った―と言いたい所ですが、サッカーと言うのはそんな単純な競技ではないと改めて実感。
点差が1点と言うのも、マリノスの闘志が衰えなかった要因でしょうね。
ただ、それだけ前に出てくるならカウンターも効きそうなものですが、
セカンドボールをことごとく拾われる展開になってしまいました。
何度も何度も肝を冷やされ、3分のロスタイムが非常に長く感じましたが、
どうにかこうにか試合終了。
久方ぶりの無失点勝利となりました。
インタビューの後、一人でカーテンコールを受ける永井が、いつになく誇らしげでした。
この試合の永井は、いつもと違い「目立つところでの走り」も多かった気がします。


試合前、マリノスサポさんのブログをちょこちょこと読んでいたら、
「04年のCSのときとはやってるサッカーがまったく逆になった」というようなことを書いている方がいらっしゃいました。
なるほど、確かにそうだと思ったものですが、試合をやってみて改めて感じましたね。
左サイドの裏を狙って放り込むあたりなんか、まさにCSで岡田マリノスがやってきたことそのものですからね。
あの時は、こんなサッカーに負けるのかと思わないでもなかったですが、
今はレッズに負けた側が感じていることでしょうね(^^;

前節も主審の話題をしましたが、この試合の主審は再研修を受けると言う不名誉な実績(ぇ)を残してしまった、家本政明氏でした。
これは「個人的な感想」ですが、以前のように試合をぶち壊すという感じでもなかったような。
緊張感のある試合で難しいジャッジだったとは思いますが、そこそこ無難だった気もします。
終盤にPKかと思われるような場面もありましたが、まぁ2階席からですから良く分かりませんしね。
試合後にオジェックが審判団に握手を求めていましたが、あれはどういう意味だったのか(^^;
そういや、JFAがサッカーの競技規則の本を販売してるそうで、一般でも買えるそうですね。
判定に納得できないということばかり言ってないで、そういう本を読んで勉強することもあっていいのではと思ったりしますが。
個人的には、競り合いの際のファウルの基準がどうしてもわからないんですよね(^^;
よく中継で聞く「きちんと競らなかった」というのはどこからそうなるのか…
どなたか解説してくださいませんか?(ぉぃ

さて、水曜日はACLの準々決勝2ndRegですね。
久々に無失点で終えられましたから、気分的にはいい状態で遠征できると思います。
この試合くらい粘って守れれば、いくら判定になかされようとも(ぉぃ)、そうそう大怪我にはならないでしょう。
あとは機を見て得点できれば…と思います。
こういう大会は、一試合ごとに選手は成長できるでしょうからね。
出来るだけ先まで行きたいですね。

さて、明日は埼スタになでしこリーグカップの決勝を観戦に行く予定であります。
天気が心配ですが、多分開放されるのはメインスタンドでしょうから、屋根もありますしね。
何よりタダですから(マテ)、休みをもてあましているという方は是非埼スタへ(^^)

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-09-23 18:03 | 浦和レッズ


<< 審判の判定は絶対だぞ、と      勝てば意味なしアウェイゴール >>