2007年 09月 19日

勝てば意味なしアウェイゴール

AFCチャンピオンズリーグ・準々決勝1stReg

浦和レッズ 2-1 全北現代モータース

まずは最低限の目標をクリアというところでしょうね。
確かにアウェイゴールを許したことは残念ですけど、あんなものはスコアが並んで初めて意味が出るものですからね。
引き分け以上なら何の問題もないわけだし、いまからそんなこと気にしてもねぇ。
そりゃ、川崎とナビでやったときみたいに3点も取られたら問題ですけど、たった1点ですし、
何より勝ってるわけですからね。
スポーツ紙のサイト上なんかでは、わざわざ不安を掻き立てようとしてくれているようですけどね…
はっきり言って、次の試合も全力をつくそうという選手に対して失礼だと思いますがね。

それに、オジェックのコメントにもあるように、案外この失点で気が引き締まるかもしれませんしね。
サッカーにおいて2点差と言うのは最も危険な点差だと言うのは、もはや使い古された文句でもありますし。
更に一週間開くわけで、妙な余裕を持って臨むよりは、良いほうに転んでくれるやも知れません。

さて、内容については簡単に。

先制点は長谷部のゴールでしたが、ようやくゴールへの意識が出てきたんでしょうか。
それとも、広島戦で何か吹っ切れたりしたのかな。
最初は、決めたのは達也かなと思ってたんですよ(^^;
それくらい思い切りの良い、素晴らしいシュートだったと思います。

前半のうちに追加点が取れていれば、もっと早く試合を「終わらせる」ことが出来たと思いますけども。
少なくとも2点は入っていておかしくなかったですからね。
この後、ACLに限らずリーグでも、そうそうチャンスを与えてはくれなくなると思いますから、
取れるときには確実に取っておきたいですね。

追加点は達也。
闘莉王とのコンビネーションが生み出した素晴らしいゴールだったと思います。
ああいう、ポストに当てて裏に抜けるようなプレーはもっとやって良いと思うんですよね…

で、終了間際の失点ですが。
直前に達也と交代したうっちーのコメントにもあるように、あのタイミングでの交代はどうだったのかと言う疑問はありますね。
確かにFWの達也との交代ですから、一発で跳ね返せれば問題もなかったんでしょうけど、
セカンドボールを拾われてシュートまで持って行かれたのがいけませんでしたね。
ああいうときは、監督が押しとどめるべきと思うんですが…
オジェック支持のブログ主とはいえ、あそこは残念な場面だったと言わざるを得ませんね。

ところで、全北の印象ですけども。
ぶっちゃけ(何)、今日見ただけの印象を述べるなら、そんなにたいしたことないな、と。
前回の覇者でもありますし、もっと手ごわいかと思えばそれほどでもなかったですかね。
戦前に色々話題になってた長身2トップも、レッズのDF陣で十分対処できていたと思いますし。
というか、そもそもその2トップにあわせるような形自体少なかったかなと思いますけどね。
あと、サイド(特に左)には良いプレイヤーがいたなと言う印象です。
ただ、両サイドが結構高めの位置だった気がするので、DFラインの裏は結構取れてましたね。
左サイドにいた選手が後半、またぎフェイントみたいなプレー見せてましたね。
韓国にも相馬みたいのがいたんだなぁ(^^;

問題は、次の向こうのホームでどれくらい印象が代わってくるのかと言うことでしょうか。
今日はアウェイと言うことで大人しくしてたんだろうと思うんですが…
韓国のチームにしてはガツガツ来る感じもなかったですしね<偏見かな
まぁ、いずれにしてもホームなんでもっと積極的に来るとは思いますが、
そこは逆にカウンターのチャンスでもありますしね。
いずれにしても、次の試合も先制点を取ることがポイントになりそうです。

さーて、ホームに弱くてアウェイに強いレッズが乗り込みますぜ、韓国メディアの皆様(・∀・)ニヤニヤ

あぁ、そうだ、ここで言ってもしょうがないが一発叫ばせていただきます<何だこの言い回し

MDPの発行数が少ないんじゃないですか?

ハーフタイムなんかにのこのこ行ったブログ主が悪いんですが、結構買えなかった人がいましたよ。
シドニーFC戦の時もそうだった気がするし、ACLは出足が読みにくいのかもしれませんが、
来いと煽っときながら売り切れってのは…
どうせ余ったらレッドボルテージで売るんだから、多少多めに発行してくれてもよさそうなもんだけどね。
すいません、愚痴でした。
(クラブに言ったら少しは気に留めてくれるのかな)

来週の韓国決戦が待ち遠しいところでもありますが、その前にこちらも重要、リーグ戦がありますね。
日産スタジアム(横浜国際の方が好きだけど)にて横浜F・マリノス戦です。
去年はナビ含めて4度対戦があったので、今年は少なく感じます。
序盤こそ調子が上がらなかったようですが、前節もガンバを倒しているなど、ここに来て再び浮上しつつあるようですね。
ただ、その原動力となっているであろう、「背番号10」は今回出場停止だとか。
その代わり、ガンバ戦を欠場した中澤選手が復帰するかもということで、やはり侮れないことに間違いはなさそうですね。

そろそろ川崎の試合も始まった頃ですかね。
日本同士の決勝目指して頑張って欲しいものです。
…準決勝までは、ね(^^;

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-09-19 23:29 | 浦和レッズ


<< 勝ち切った      再び首位固め >>