彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 01日

この負けを謙虚に受け止め、もう一度ここから

Jリーグ第23節

浦和レッズ 0-1 大宮アルディージャ

「Pride」という言葉には、「誇り」という意味がありますが、もう一つの意味があることはご存知でしょうか。
それは「傲慢・高慢」という意味だそうです。
「Pride of URAWA」はどちらの意味でしょうか。
最近後者になりつつあるんじゃないかと変な心配をしています…

さて、今日の相手は大宮でした。

前節終了時点でいわゆるブービーで、自動降格ゾーンに足を突っ込んでいたチームです。

だからって、やる前から絶対に勝てる相手なんて無いんですよね。

先週のFC東京戦の後、大宮が大敗したということで嬉々として「埼玉には浦和だけ~♪」なんて歌ってましたよね。
思わずあの時、「そんなの勝ってからにしろよ!」と声に発してしまいました。
その時、「これで『もしも』のことがあったら洒落にならんだろ」と思ってましたけど…
そういうこと考えたのが良くなかったんだろうか。
(前回のエントリで「頑張って欲しいと思っている」なんて書いたことも良く無かったかな)

今日の試合後のブーイングもどうだったんだろう。
自分の周りでは、残り15分くらいからだったか、チャンスを逃すたびにいちいちガックリしたり、
舌打ちしたり、ミスをなじったりしてた人がいました。
その度にチャントの音量が著しく下がってましたね。
あなたたち選手を信じてないのかと思いましたよ。
一度チャンスを逃しても、「次」に向かわせなきゃいけないはずなのに。
それでいて試合後のブーイングはそりゃもう盛大。
どこにそんな余力があったんですか、と。
そんな声が出るなら試合中に使えよ、と。
今年妙に気になるのが、ちょっと流れが悪くなると出てくる野次将軍。
判定とか全てレッズよりじゃなきゃ納得できないのかなぁ。
今日もそうだが、特に前半レッズ有利の笛が多かった気がするけど、たった一つの不利な笛で
「どこ見てんだー!」って、ゴール裏より近くで見てるんだよ、審判は。
そういう人たちの判定基準は、正しいかよりも有利か不利かなんでしょうか。
ブログ主なんかは、判定は不利なもんだと諦め半分ですが(ぇ
レッズサポーターはサッカーを良く知ってるといわれた時代もあったけどねぇ…
…ちと言い過ぎかもしれませんが、あくまで感じたことを書いたまでですので平にご容赦を願いますm(__)m
(欠席裁判みたいで、あまり良くないんでしょうけどね)

繰り返すけど、ブーイングはどうだったんだろう。
確かにダービーで負けるって事はブーイングに値することなんでしょう。
けれども、試合中の苦しいときに本当に後押しできたのかということを考えると、
このブーイングには少し違和感を感じた次第です。
本当に大宮には負けたくないという気持ちがあれば、もう少し…まぁ、今更なんですが。
もちろん自分を含めてですけどね。
どうもなんとなく入ってなんとなく最後まで行ってしまったようで…

結局のところ、今のレッズはまだまだ主力を欠いたブービーのチームにも苦戦するくらいの実力ということ。
ここはこの敗戦を「謙虚に受け止め」、また次から勝ち点を積み重ねていきましょう。
(前も書いたがたまには謙虚になった方が良い。悔し紛れの捨て台詞は見苦しいと思うし←昔それで失敗した人)
まだかろうじて勝ち点差1で首位をキープしていますしね。

ガンバを見れば分かりますが、この後どう踏ん張るかがポイントです。
この後、代表遠征があるとかで一週間あいて、アウェイでの広島戦です。
埼スタでの対戦では4-1で勝っていますが、言うまでも無くあの2トップは脅威ですしね。
代表以外はしっかりと休んで体調を整えて、この後の戦いに臨んで欲しいものです。
この広島戦が終われば、国内の移動はかなり楽になりますからね。
(最も遠いのがフクアリになるんでしょうか)
ここを一踏ん張りです。

最後に一言付け加えて。

ペットボトル投げた人は猛省を。

中身入ってたみたいだし、選手やカメラマンの人にでも当たったらどうするつもりだったのか。
憂さを晴らすのは勝手だが、他のサポ仲間やクラブにも迷惑がかかるようなことになりかねないしね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-09-01 23:30 | 浦和レッズ


<< 新人獲得情報キタ━━━━(゚∀...      蒸し暑かった_| ̄|○ >>