2007年 09月 01日

蒸し暑かった_| ̄|○

Jリーグ第22節

ヴィッセル神戸 1-2 浦和レッズ

アウェイ遠征すると、ようこそいらっしゃいました的なアナウンスを聞くことがありますが、
神戸のスタジアムDJの人は「私たちの街、神戸へようこそ」というような言い方をしてました。
ちょっとした表現の違いなのですが、こういうのは良いなと思いますね。
神戸の人たちには、ブログ主には想像も出来ないような辛い記憶があるでしょうから、その分「わが街」という意識が強いのでしょう。
(親戚が兵庫にいるんで他人事でもないんですが、やっぱり当事者でもないので)
「神戸賛歌」という歌の歌詞にもその辺りが現れているんだなと感じました。

さて。

それにしても蒸し暑い夜でした。
まとわるつくようなと表現したりしますが、まさにそれを地で行く感じだったですねぇ。
気温的にはたいしたこと無かったと思いますが、この湿気のせいで、
いわゆる不快指数って奴がメーター振り切れるんじゃないかと(ぇ

試合内容の方も、なんだか危なっかしい感じで、前半のうちに先制を許すようなことがあれば、
どうなったかわかりませんね。
というか、今のレッズに勝てるとしたら、こういうリズムのつかめない時間に2点差以上つけないとダメでしょうね。
ガンバほど爆発力は無いにせよ、今の攻撃陣なら1点差は無いに等しいものだと思いますし。
ただ、実際にはそれを許さないからこそこの順位を保てているわけですが。
当日の夜のスポーツニュースで、元ヴェルディの北澤さんが良い事言ってましたね。
「レッズは最小失点だけれども、『守備的なチーム』ではなくて、『守備が強いチーム』だ」というような事を言ってました。
当たり前ですが、サッカーは相手より多く点を取らなければ勝てませんし、相手の得点を自分たちより少なくしなくても勝てません。
「次の対戦相手」の今シーズンの戦いぶりを見てれば、改めて実感しますね。
レッズの失点は柏と並んでリーグ最小、得点も気付けば川崎と並んで3位タイまで上がってきました。
多分、今シーズン唯一無得点試合の無いチームだと思います。
(ガンバでさえレッズに完封されてますし)
確かに内容はパッとしませんが、こういうデータを見れば、十分誇れる戦いぶりといえるのでしょうね。

それにしても、達也の好調ぶりは凄いですね。
オジェックのコメントじゃないですが、あんな小さな体でよくまぁというか。
体格的には決して恵まれているといえない日本人ですから、彼や大久保選手のようなタイプが、
国際試合でどれだけ出来るかというのは今後も注目して行きたいと思ってます。

強いチームというのは、誰が出ても揺るがないし、誰が欠けても崩れないものですが、
前節は坪井、今節は啓太を欠いての戦いでした。
そこを見事埋めた堀之内の働きも素晴らしかったですね。
啓太の出場停止を見越して、FC東京戦であえて堀之内を起用したのだとすれば、
オジェック采配恐るべしなのですが、さすがにそこまではないでしょうね(^^;
ただ、坪井を無理させなかったことは、結果的に良かったと思います。
やっぱりオジェックはスタメンの構成で出来る限り手を打つタイプなんでしょう。
途中交代で流れを変えるようなことは、あるいは不得手なのかも知れず、
そこがともすれば交代が遅いと映るのでしょうかねぇ。
それでも代えれば良いという問題ではないし、交代枠を使わなければいけない決まりもないですしね。

えーと、初の神戸遠征って事で、少し写真とかあるんですけど、それはまた別の機会に(^^;
それにしても、ペットボトルのドリンクが150円て、かなり良心的じゃないですか?(ぉ

さて、もう日付では今日ですが、さいたまダービーです。
大宮といえば、中断期間までは堅守を誇っていて、これで得点力さえどうにかなればというところでしたが、
中断明け前の実に微妙なタイミングで監督交代があった影響か、再開してみたらそれまでの堅い守りが嘘のような大量失点。
前節の柏戦では1点に抑えたようですが、果たして改善されたのかどうなのかというところですね。
前回の対戦では引き分けでしたが、あの頃のレッズは今と比較にならないくらい状態が悪かったですからね。
向こうも、ここで落とすようなことがあれば、他所の結果次第でだんだん追い詰められてくるので、必死になってくるでしょうが、果たして…

それにしても…
2005年度の天皇杯準決勝みたいなしびれるダービーがリーグで見られるのはいつのことでしょうか…
あの一年はナビ予選もあったし、なかなか見ごたえある対戦が多かった気がするんだけどなぁ…
他のレッズサポがどう思っているかは知りませんが、個人的には大宮には頑張って欲しいと思っているので。

ただただ、レベルの高いダービーが見たいだけです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-09-01 01:18 | 浦和レッズ


<< この負けを謙虚に受け止め、もう...      まだまだ楽観モードの時期ではない >>