2007年 08月 28日

まだまだ楽観モードの時期ではない

Jリーグ第22節

浦和レッズ 3-2 FC東京

停電で書いた内容全部飛んじまったぜ(ノ`Д´)ノ彡┻━┻チクショウメ
まぁ、さっさとアップしない自分が悪いんですがね…
そんなわけで、今回は簡単に

・堀之内の起用、大当たり
オジェック派怪我に対する理解がある、と某選手のコメントがありましたが、
主力であろうとも無理と見れば休ませる勇気のある監督だと思いますね。
5月のガンバ戦で闘莉王を休ませたのもそうですし。
その試合に限ってみれば、何故と思うことも無いわけではないですが、
ここで無理して悪化して長期離脱というリスクを避けたということかもしれません。
この試合でも交代が遅いとご不満な方もおられるようですが、目先のことに囚われない事がオジェックの長所なのかもしれません。
(この試合に関しても決して交代が遅かったとも思いませんしね)

・相変わらず平川絶好調
相馬と平川の決定的な違いは、右足が使えるかどうかでしょうね。
まぁ、平川は右利きですから、相馬より上手くて当たり前なんですけどね。
ただ、その分相手DFは選択肢を多くしなきゃいけないので、対応に困る部分はあるでしょう。
同点ゴールみたいに左で上げたかと思えば、勝ち越し点は切り替えしての右足クロス。
相馬には悪いですが、彼にはこういうプレーはちょっと無理でしょうね。
それを克服するために日々努力を重ねているところなのでありましょう。

・冴え渡るロビーの嗅覚
決勝点となったロビーのゴールは、達也と相手DFがもつれてこぼれたところを拾い、
キーパーの動きを良く見て冷静に流し込んだものでしたが、去年のホーム開幕戦でも同じようなゴールを上げてますね。
ああいいうのは、もちろん常に狙っていないと出来ない事なのでしょうね。
意識の片隅においているから、ああいう状況になったときに瞬時に反応できるというか。
敵将・原監督をして「反応していたのはポンテだけ」と言わしめましたが、
言い換えれば、永井あたりにも反応して欲しかったなと思ったりします。

・今年も悪運健在か?
ガンバが等々力でまさかの退廃を喫しました。
川崎の攻撃力はすごいですが、今年のガンバの守備が格段に良くなってることを考えると、
やっぱり驚きましたね。
ガンバにしても川崎にしても、一度乗せてしまうと嵩にかかってきますからね。
10月の対戦では、いかに相手にリズムを渡さないかがポイントになるのかもしれません。
ともあれこれで勝ち点4差となって、少し楽にはなりましたが、別に「楽をして良い」訳ではないですしね。
まだまだ楽観できる段階でもないですし、今は目の前の試合を勝っていくだけですね。
勢いづくのは良いですけど、調子に乗りすぎて足元の落とし穴を見逃さないように。

えーと、もう明日になってしまった神戸戦ですが(ぉ
神戸といえば、今季途中にレッズから移籍していった酒井友ちゃん(ぇ)がいますね。
前節の大分戦では、腰痛とかでベンチからも外れていたようですが、それまでは先発に名を連ねていたようで、
体調さえ良ければ、彼の雄姿が見られることでしょう。
その場合、彼に対してはブーイングすべきなのか、少し迷いますね(^^;
経緯を知っているから、友ちゃんにはブーイングできないっていう人もいると思いますし。
ブログ主も神戸にお邪魔するんで、どうしようかなぁと考えたりしてます。
あー、それにしても、ホムスタを見てみたかったんだけどなぁ…
あっちは屋根もあるし(ぉ
まぁ、色んなスタジアムが見られることは楽しいですけどね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-08-28 23:06 | 浦和レッズ


<< 蒸し暑かった_| ̄|○      空気が読めない浦和レッズ >>