彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 17日

シティカップでした

さいたまシティカップ

浦和レッズ 2-2 マンチェスター・ユナイテッド

前半の途中から見てましたが、やっぱりレベル高いっすねぇ。
クリスティアーノ・ロナウドのシザースなんて見てるだけで楽しいですもんね。
シェフがそれに対抗するかのごとくやってましたけど、あれも良かったですね。
ただ、シザースというとどうしてもカズを思い出してしまうのは自分の世代ゆえでしょうか(^^;

この大会(?)で来日した海外の強豪を見ていつも思うのは、
パスの速さ、動きの速さ、判断の速さと、それを活かす基礎的な技術がやっぱり凄いなと。
凄いシュートとか、凄いドリブル、凄いフェイントもありますけど、やっぱり基礎的なことが出来ての上のことなんでしょうね。
人とボールが動く、というのが最近の流行語になりつつありますが、彼らのプレーを見てると、
それほど動いているような印象は受けないんですよね。
それは、その分的確な動きをしていて、無駄が無いからじゃないかなと。
全員の意思疎通が図れていて、そこにきっちりパスを出せるから、あんまり動いていないように思えるのではないかと。
まぁ、素人考えに過ぎないんでしょうけれども、パスミスで人が動いたからって何の意味もないですからねぇ。
あと、あのルーニーでさえ(どういう意味か)あれだけ守備を頑張っているんだから、
レッズのFW陣はもっともっと頑張ってくれないと困りますね。

もう一つ凄いと思ったのは、Jレベルではどこか抜けている感すらあるあのロビーでさえ、
あれくらいの相手になるとなかなか思うようにプレーできていないなと。
もちろん周りとの兼ね合いもあるんでしょうが、いつもならここでかわせているのになぁと思ったりしました。

しかし、ウッチーのシュートは見事でしたねぇ。
やっぱり、シュートは打たなきゃ話になりませんよね。
ガンバ戦でも、もう少し積極的に打ってくれていれば…
例え外れたって、ゴールキックにでもなればカウンターを食らう心配もないですし、
デコミドルよろしく誰かに当たってゴール、なんてことも可能性としてはあるわけですからね。
あのファン・デルサールでさえ対応しきれないときがあるんですから、もっともっと積極的に行って良いと思います。

さて、これでしばらく日程が空いて、J再開はA3のアオリで一足早く、8月1日の広島戦です。
代表組、けが人、ブラジル帰国組も戻って、再びベストなメンバーが組めることでしょう。
ただ、セルヒオの怪我の報だけが残念ですけどね…
8月15日の直接対決を前に、この試合は何としても勝って勝ち点2差にしておきたいところですね。

…しかし、平日の夜(しかも19:00キックオフ、さらに雨)に58000超ってすごいなぁ(^^;

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-07-17 23:28 | 浦和レッズ


<< もっと働け、マスコット      万博初参戦は散々… >>