彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 17日

達也復活祭

Jリーグ第15節

FC東京 0-2 浦和レッズ

達也一人加わっただけで、あれほどイメージが変わるとは。
これまでも個々の選手で見れば走っていたんでしょうが、結局「ただ走ってただけ」だったんですかねぇ。
ああいうのが「連動した動き」ってやつだったんでしょうか。

ともあれ、達也の復活ゴールはおめでたいですな。
去年の川崎でのゴールも見てますし、2年連続で拝めるとはラッキーであります。
…いやまぁ、2年連続で「復活ゴール」があること自体、おめでたくないのですが(^^;
やっぱり、あの前からの守備があるとずいぶん違いますね。
周りの選手も、達也に刺激を受けたのか分かりませんが、ずいぶんと出足が良かった気がします。

それでも、やっぱりミドルレンジでフリーにしてしまったりするので、今日のシュート被弾数が22ですか。
まぁ、向こうのミスショットに助けられた感じではありましたけどね。
あの中で一本でも決まっていたらと思うと恐ろしい。
打たせてしまえば干渉できませんから、やっぱりシュートは打たせるもんじゃないですな。
相手のシュートが外れたとき「下手!」とか叫んでる声が聞こえますが、レッズのミドルの下手さもそれなりだと思うので、
野次れた対場じゃないとは思うんですが、それは別の話。
ブーイングもそうだが、自称穏健派たるブログ主(本当か?)はあんまり良い気分がしないことが最近増えておりますが、それも別の話。
…まぁそんな別の話達(何)は置いておくとして。

後半に入ってからは、両チームとも好守の切り替えが非常に速かった印象でした。
シュートミスに助けられていたとはいえ、じりじりと押し込まれる展開になってきましたが、
そんな中思わぬオウンゴールで追加点。
ラッキーとしか言いようがありませんが、これでずいぶん楽になったと思います。
その後は達也を休ませ、怪我の闘莉王を下げて、最後はお疲れのワシントンと永井の交代兼時間稼ぎ(ぉ
審判は味方してくれませんでした(と各所で書かれるんだろう)が、運は味方につけて無事リーグ再開を勝利で飾りました。

それにしても心配なのは闘莉王の怪我ですね。
捻挫だという一報しか見ていませんが、一口に捻挫と言っても色んな程度がありますからね。
スポーツ紙的には、アジアカップの代表入りがどうかという話にしかならないのですが、
レッズの立場からすれば、せっかく戻ってきたディフェンスリーダーがここでまた離脱と言うのは痛すぎる。
あまり重症でないことを願っていますが、無理して代表にということはやめて頂きたい。
それはオシム監督だけでなく闘莉王にも言いたいことですね。
彼もブラジルから帰化した人ですから、代表に並々ならぬ思いはあるでしょうが、
無理して代表行って、余計悪くなったりしたらこっちが迷惑ですからね。
もちろん、万全で行けるなら行って大いに活躍してもらいたいですが…
まぁ、ともかく今は詳報を待つだけでしょうか。

さて、次節は久々の駒場です。
相手はJ1復帰組のヴィッセル神戸ですが、あちらも色々と悩みがあるようですが、
こちらとて同情してあげるほどの余裕はありませんからね。
ここまで昇格&復帰組には2連勝してますから、神戸からも勝ち点3が欲しいところですね。
埼スタで勝てないなら、駒場で勝とうじゃないですか。
案外気分が変わって良い結果が出るかもしれませんし。
でも、ブログ主は参戦できないんですよねぇ…
日程出た瞬間から「この日は無理ー」って感じでしたし。
毎月20日は絶対無理なので、この日に入れるのはやめていただきたく<そんな身勝手な
まぁ、駒場ですからチケ確保出来なかったかもしれませんがね。
久々のホーム勝利を願っております。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-06-17 21:57 | 浦和レッズ


<< 今後もこの調子でお願いします      前回王者に挑む >>