彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 11日

セル、おめでとう!

セルヒオ・エスクデロの帰化申請が認められ、晴れて日本人、「エスクデロ・セルヒオ」が誕生いたしました。
どんな名前になるやらと思っていましたが、かつて名古屋で活躍した、ハーフナー・ディドさんと同じく、
苗字と名前を日本風(?)にひっくり返したものとなりましたね。
まぁ、あれだ。
また難しい漢字を当てられたりして、辞書登録させられたりする手間が無くてよかった<なんだそれ

それにしても数日前、某所で「U-20W杯のメンバー登録が迫っているが、果たして間に合うだろうか」
というような趣旨の記事を読んだものですから、どうなることかと思っていましたが、
ギリギリ間に合った感じですね。

※追記
先ほど読んだ記事によると、既に一時登録は終わっていて、怪我人が出たときのみ、
追加(交代)での登録が可能だとか。
怪我人が出ることを望むわけにはいきませんから、ちょっと厳しいかな?

とはいえ、これまで頑張ってきた選手たちがいるわけですから、日本国籍取得したところで、
「はいそうですか」とあっさりメンバー入りできるほど甘くは無いでしょうね。
闘莉王も国籍取得後即五輪代表入りしましたが、あれは水戸での実績が認められたものでしたし。

ただ、これでアピールのチャンスが増えたことも確かと言えるでしょうかね。
達也が復活しましたから、スタメンと言うのもちょっと厳しいかもしれませんが、
今のレッズには、途中出場で劇的に流れを変えられる選手がいないと思うので、
そういうスーパーサブ的な役割を期待してしまうブログ主なのでありますが…
というわけで、去年のイヤーDVDを引っ張り出してきて、セルヒオのプロ初ゴールを改めて見てみたんですが、
いやはや、何度見ても良いシュートですね。
南米の選手らしい(?)足の振りの鋭さとかは、かつて浦和の10番を背負った「奴」を髣髴とさせるような。
ああいうシーンが、今後はもっと見られそうですね。

でもねぇ…
レッズユース出身の選手から、アルゼンチン代表が誕生…なんて、
淡い期待をちょっぴり抱いていたりもしたんですけどね(^^;
でもまぁ、日本国籍を選んでくれたということで、いずれA代表の舞台でセルヒオの青いユニフォーム姿を見たいですね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-06-11 23:09 | 浦和レッズ


<< ギドがアーヘンの監督に      神様、仏様、都築様 >>