彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 10日

神様、仏様、都築様

A3チャンピオンズカップ

城南一和(韓国) 0-1 浦和レッズ

まさに「都築はネ申」でした。
最後のPKストップだけでもう8.0くらいあげたい気分です(^^;

なんというか、スリリングなゲームでしたね。いろんな意味で。
前半は、ダイジェストでしか見ていないので、参考にはなりませんが、
なかなか良い感じに見えました。
この大会、長谷部が頑張ってますね。
シエナからのオファーが励みになっているのかどうか分かりませんが、
今日はトップ下にいたようで、攻撃に専念できたのが良かったんでしょうか。
特に最初のシュートなんて、「やればできるんだよなぁ」という感じで(^^;
まぁ、04年のナビあたりでは、清水相手に見事なミドル決めたりしてるんですけど、
どうもここ最近は「宇宙開発」のイメージの方が大きいものですから。
ともあれ、相手DFが足を滑らせた(あるいはワシントンに吹っ飛ばされた?)というラッキーもあり、
確実にワシントンが決めて先制。
この調子を保ってリーグ再開に臨んで欲しいものですが。

ただ、後半はちょっと酷すぎましたね。
色々悪条件が重なっていてキツイのも分かるけど、ああいうところで正確なプレーが出来るかどうかが、
結局は世界の強豪との差なワケでしょうからね。
解説の前園さんも言っていましたが、「よし、攻撃!」というところでのパスミスが、
今シーズン通してみても本当に多いですよね。
かといって、ミスをフォローするような動きも出来ていないし。
逆に城南の方は、プレスも速いし、どんだけスタミナあるんだという感じでしたね。
今回は都築の神懸り的なセービングもあってなんとか勝てましたが、
ACLで当たって同じように勝てるかといったらそうはいかなさそうですね。
まぁ、今日のメンバーだとロビーと坪井が欠場と言う部分で、上積みはありそうですが…

しかし、今日は荒れましたね。
スタンドにいたら、おそらく周りから審判に対する怒号が飛んでたんでしょうが、
テレビでスローを見る限りでは、なかなか良く見てたなと言う印象です。
あと、審判に抗議してる選手を止める人間がレッズにはいないということを前も書いたと思いますが、
後半に啓太が警告受けた場面だったかで、岡野が啓太の腕を引っ張っていましたね。
さっさと次のプレーに集中しろといっているようで、さすがベテランだなと。
あと、最後の乱闘寸前の場面でも阿部が城南の選手をなだめていたようでした。
今シーズンは特に審判に噛み付いてる場面が目立ちます。
いくら納得できなかろうが、抗議したくらいで変わるわけは無いんですから。
(むしろ、変わるほうが問題ですからね)
ああやって周囲を落ち着かせる選手が入るのはいいことだと思いますね。

もう一試合、山東魯能と上海申花の対戦は、山東が2-1で勝ったそうで。
と言うことは…最終戦で山東が負けて、レッズが勝てば勝ち点で並び、
あとは得失点差の勝負ですかね。
得失点差で並ぶと、今度は総得点の勝負になりますね。
まぁ、なんにしても、レッズとしてはなるべく点差をつけて上海に勝って、
あとは城南が山東に勝ってくれる事を願うだけですね。
水曜日こそは、ちゃんと頑張って見ないとなぁ(^^;

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-06-10 22:19 | 浦和レッズ


<< セル、おめでとう!      それでも2位です >>