彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 15日

Jリーグのお誕生日

おめでとう、Mr.ピッチ<違うから

「5月15日は?」と問われて「Jリーグ開幕の日」と出てくる人がどれくらいいるんでしょうかねぇ。
実際ブログ主も、今日まで気付いてませんでした(^^;
それにしても、もう14年ですか。
93年には中学生だったブログ主が今や社会人の端くれやってるんですからねぇ…
当時からサポーターやってる人は、どこのクラブを応援しているにせよ、
多かれ少なかれ天国と地獄を味わっていると思います。
本当にいろんなことがありましたし、これからも数々のドラマが生まれていくのでしょう。

93年の5月15日のことを思い返してみると、まだそのときはサッカーに興味は無かったんですよね。
野球は好きだったから、西武ライオンズの試合はよくみていましたけどね。
あの頃のライオンズの強さはそりゃもう異質でしたからね。
って、サッカーの話に戻しましょう(^^;

試合はみていなくても、それなりに情報のようなものは勝手に入ってきた感じでした。
今でこそ、なんかおまけみたいにニュースで扱われてますが、当時はJリーグバブル絶頂でしたからね。
興味が余り無かったので、特に応援するクラブもなかったわけですが、どうやら浦和にあるクラブが弱いらしいと言うことは知っていました(^^;
オフシーズンの「珍プレー好プレー集」のような番組では、ゴールシーンの特集でよくレッズのGKが映ってたりして…
田北のことを、「一番忙しかったGK」なんて紹介してた記憶があります。
この手の番組は、プロ野球ではお馴染みですが、当時の川淵チェアマンが、
「一生懸命やっている選手を笑いものにするとは何事だ」と怒って、以後放送を認めないことになったと言う話があるそうです。
今にして考えてみると、至極正論だと思いますね。

初めてテレビで中継を目にしたのが、7月7日。
駒場での浦和レッズと鹿島アントラーズの試合でした。
この試合で勝った鹿島が、初のステージ王者となったわけですが。
別に意識して見ようと思ったわけじゃなく、なんとなくチャンネル回してたらやってたって感じですね。
ちなみにテレビ東京でした(ぇ
ただ、ちょうどその頃テスト前だか期間中だかで、流石にずっと見続けるわけにも行かないなぁってことで、
テレビの音声を聞けるラジオで続きを聞いていましたね。

まぁそんな妙なきっかけでサッカーって面白いなぁと思い始め、せっかくだからどこか応援してみようかというので、
それなら地元埼玉のチームだよなと言う実に短絡的な思考でレッズサポとなったというわけですねぇ。
あの時中継を見てなければ、今頃こんなブログもやってないでしょうね。

なんか、すっかり思い出話になってしまいましたね。
この14年間の日本サッカーの進歩たるや物凄い速度ですが、
それでもまだまだ世界のレベルとは開きがあります。
それを埋めるのに何年かかるか分かりませんし、もしかしたら永久に埋まらないかもしれませんが、
生きているうちに日本(というよりレッズ(^^;)が世界の頂点を極めるところを拝めれば嬉しい限りです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-05-15 22:41 | サッカー


<< 名古屋でも勝った      どうにか切り抜けた >>