2007年 05月 13日

どうにか切り抜けた

Jリーグ第11節

浦和レッズ 1-1 ガンバ大阪

えー、今日は故あって埼スタには行っておりません。
かといって、ウチにはスカパー様などという高級な設備もございませんので、中継も見ておりません。
首位攻防の重要な試合を最低限ローカルで見せないで何が地域密着かと小一時k(ry
まぁ、そんなわけで、情報源と言えば諸々の記事と、某公共放送のスポーツニュースくらいなもんですな。
なので、今回は簡潔に。
内容が的外れでも怒らないでくださいツッコまないでください(何

スコアで見ていくと、やはり試合のポイントは長谷部投入だったんでしょうかね。
その4分後にワシントンの同点弾が生まれましたが、ニュースでもやってましたけど、
長谷部の得意なドリブルからサイドの阿部に展開して…という流れでしたからね。
もし、その交代と同時に阿部を左サイドに回したりしてれば、ダブルでヒットと言うことになりますねぇ。
まぁ、もちろんフォーメーションまではニュースで見えないので、あくまで想像ですけど。
いつもはなにかと批判されがちなオジェック采配ですが、今日は当たったといっていいのかな?
でも本当は、PK決めてりゃもっと楽だったんだろうにねぇ…

あと失点した場面ですが、ニュース見てて思わず「おーい!」と声を上げてしまったくらい、
バレーが全くのフリーになってしまってましたね。
ただ、堀之内があのとき、バレーを見とけとばかり指差して指示してるんですが、
レッズの左サイドにいた約2名ほどが反応してませんでしたねぇ…
その直後にバレーにボールが入りそうになって慌てて寄せに行くものの、時既に遅し…と。
ああいうところのマークはきっちりしとかないと、ガンバくらいのチームになれば、やっぱりきちんと取ってきますよねぇ。
オフト時代のようなマンマークとは言わないが、せめてエリア内くらいではしっかりしろよと。
闘莉王がいるいないは関係ないですからね

シェフ相馬のコメントを見ましたが足が攣ったそうですね。
今のレッズに足が攣るくらい走りまくる選手がどれだけいることか…
まぁ、阿部みたいにどんなに走っても足なんか攣らないぜ(誰だ)って言うんならすばらしいですが、
埼スタでの川崎みたいに、続々と足が攣る選手が出るくらいみんな走りまくる試合というのが、
たまにはあったっていいんじゃないか?と思ってしまうのはブログ主だけでしょうか。
まぁ、長いシーズンでなかなか後先考えずにできる試合なんてないのも分かってるんですけどね…

簡潔という割には長い気もしますが(^^;
今のあまり良くないチーム状態でガンバとの対決を引き分けて切り抜けられたことは、ある意味で良かったと思います。
もちろん勝つに越したことは無いけど、監督のコメント見ても、なにか手ごたえみたいなものはあったと思うし。
ゼロックスであれだけボコられて、今日もし負けでもしたら、去年とは逆にこっちが苦手意識持ってたかもしれませんし。
これが8月の万博での試合の布石にでもなれば…と妙な期待をしてみたりして(^^;

さて次節は、苦手の東海シリーズ第一弾、名古屋戦ですね。
去年はひたすら攻めまくったものの、逆にほぼ唯一と言ってよかったチャンスを「ヨン様」に確実に決められて敗戦。
リーグ優勝した昨年で唯一勝ち点どころか得点すら奪えなかった相手ですね。
今年は序盤は好調だったものの、ここのところ少し下降気味というところでしたが、昨日は勝ったようですね。
ってまぁ、そんな好不調が関係ないから苦手なんだけれども(^^;
今年は新潟、大分で引き分け、鹿島でも勝ちましたから、今度は名古屋、と行きたいものです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-05-13 23:50 | 浦和レッズ


<< Jリーグのお誕生日      ベンチが文字通りベンチだったイ... >>