2007年 04月 21日

重荷が取れた…となればいいけど

Jリーグ第7節

浦和レッズ 1-2 川崎フロンターレ

まぁ、今までが「なんだかわからないがとりあえず勝ててる」ってな状態でしたからねぇ。
川崎とかガンバとか、ごまかしの効かない相手だとこんなものじゃないですかね。
それに、不敗神話とかってあおられるのも、いい加減うんざりしてきたというか。
だって、それじゃまるで埼スタでやってるから勝ててるみたいな言い方ではないですか。
(そりゃ、確かにアウェーでは弱いけど)
昨年一番勝ったレッズが一番多く試合を行った会場が埼スタだったんだし、
たまたまそこに勝ちが重なったというだけで、別になにか取り憑いてるわけでもないし。
勝つための最善の努力をしなければ、どこ行ったって勝てませんしね。
アーセナルやインテルじゃあるまいし、無敗でずっと行くことなんてできないし、
そんな国内レベルを超越した強さを身につけた覚えも無い。
またここから一つ一つ積み上げていくだけです。

ふー、愚痴モード終わり(ぇ
何かの間違いで川崎サポさん(および他サポさん)が覗いていても、ツッコミ禁止でどうか(^^;
以下の文章に関しても同様にお願いします。

さて。
まだ映像見たわけではありませんが、試合の内容自体は決して悪くなかったような気もします。
一番怖い、ジュニーニョの裏への突破を許すような場面も無かったように記憶してますし。
向こうは森選手が急遽欠場という影響があったのかどうか分かりませんが、
あんまりサイドの攻撃は厳しくなかったかなと思いましたが、それでも2失点はこっちの右を崩されたものでしたしね…
とはいえ、今日の川崎の攻撃はこれまでのような「怖さはちょっと無かった気がします。
(それでも、一発で裏を取られる危険性は感じてましたけどね)

で、こっちの攻撃がどうだったかということなんですが。
とにかくオフサイドの嵐でしたね。
それが正しい判定かは映像で見ないことにはなんとも言えませんが、
あれだけオフサイド取られて、まだ中央突破にこだわるのはどうかと。
サイドを深くえぐって、マイナスのクロスでも上げれば、オフサイドになりようが無いわけですし。特に暢久は中央に切れ込む傾向があるし、そこから良いシュートも打てるんで、なんとも言いがたいところではありますが、
後方からのパスだからオフサイドになるわけで…
そこを審判の判定のせいにして勝手にイライラしてるようじゃどうにもなりませんよ。
それはゴール裏にも言える・・・というかゴール裏にこそ言いたいことではありますが。
切り替えが必要なのは試合が終わった後じゃなくて試合中だと思うんですけどね。

今日は闘莉王が欠場ということで、代わりに堀之内が初スタメン。
怪我の具合は良く分からないのですが、あえてこの大一番に闘莉王をはずすとは、
オジェックも大胆なことをするもんだとは思いましたが、川崎の攻撃は長身FWに放り込んでくるタイプじゃないですし、
そういう意味ではどこかで休ませるなら…と考えた末だったんでしょうか。
ただ、気になるのは、スポーツ紙を賑わせている精神的ショックとやらのお話ですな。
どうせまたネタだろうと思ってはいるんですけど、もともと今回の合宿には、
レッズと川崎はACLがあるからとで呼ぶなという希望を出していたはずで、
それを押し切って呼んでおいてこの仕打ちかいというのはありましたけどね。
(川崎の森選手に関しても、代表合宿にいってなければというところはあったかもしれませんし)
今の代表監督とはコミュニケーションが取れているらしいが、どうもそうでもないようで。
…あぁ、勘違いして欲しくないのは、闘莉王がいないことを言い訳にしたいわけではないってことです。
元々、2年前までは闘莉王がいないときのバックアップ一番手は堀之内だったし、
去年の最小失点を支えた3バックの一角も彼だったわけで、今年はたまたま出番に恵まれてないだけで、
十分スタメン張るだけの実力はあるわけですからね。

さて、後は何か…
いい加減審判を相手にイラつくのは止めるべきでしょうな。
そんなヒマがあったら、次のプレーに集中した方がいいし、ゴール裏も選手に前を向かせるコールをした方が良い。
今日だって、ワシントンなんか警告寸前だったでしょうに。
オフサイド10回取られたら、11回目のチャレンジをすればいいんだし、
そんなつまらないことで大事な試合に出られなくなったら、それこそ大きな損失でしょう。
そういや、クラブからも選手に対して、
「審判に文句は言うな。抗議するべきときはクラブからするから」という話があったはずなんだが…
あれは過去のお話なんでしょうか。
川崎の印象として、「他所と比べて」倒れる回数が多いという印象は勝手に持ってますが、
それだって勝手な偏見かもしれないし、そこで冷静さを欠いてはこっちの負けですからね。
とにかく、エネルギーの持って行き場が違うんじゃないだろうかと思うことがままありますね。

次の試合ですが、水曜日に再びACLの、今度はアウェーでの上海申花戦です。
あんまり引きずるヒマが無いのはいいことなのかもしれませんね。
上海といえば、先日も日本領事館の注意が出てましたけど、
遠征される皆様はくれぐれもおとなしくしておいてください。
普段は温厚な人でも、群集心理というものもありますし、ましてや勝敗のあることですからね。
日本でこそ、レッズサポーターってのは「こういう奴ら」だというイメージが、
「良くも悪くも」出来上がってますが、あちらではそうは行きませんし。
なにかあれば、やっぱり日本人は…となるでしょうからね。
欧州では人命が失われる悲劇も起こっていますが、そんなところまで「本場」を目指さなくていいです。

ACLを終えると、アウェー鹿島、埼スタでのジェフ戦、アウェー扱いの大宮戦と続きます。
今年ここまでは不調なチームとの対戦となるだけに、なにかきっかけをつかみたいですね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-04-21 23:28 | 浦和レッズ


<< かろうじて首位キープ      70億円ですか >>