2007年 04月 12日

首位ターン

AFCチャンピオンズリーグ・グループE

浦和レッズ 1-0 上海申花(中国)

浦和美園発のシャトルバスを降りた時、スタジアムからFIFAアンセムとレッズサポーターの大合唱が聞こえてきました。
普段はあの中にいるわけで、外から聞くのは新鮮な体験でありましたね。
たまにはこういうのも良いかなぁと思ったり。

試合は阿部のヘッド一発で勝ちを得ましたが、もっと点の取れる試合であったと思います。
ボールは支配していたと思うし、セカンドボールもかなり拾えていたと思う。
でも、どこかに消極的だなという印象も残ってしまうんですよね。

そんな展開だっただけに、阿部のゴールは大きかったですね。
ちょうどあの時、スタンドにいて「こういう展開だと飛び道具しかないよなー」とか考えてたところでした。
でも、場所的には左利きの方が狙いやすそうなところでしたから、
アレックスもいないしどうするんだろうと思ってましたら、ロビーが阿部に対して「中へ行け」の指示。
ピンポイントであわせた見事なゴールでしたね。

上海申花の印象は、選手も語っている通りフィジカル的な強さは持ってるなと思いました。
あと、アウェーというものを心得てるな、とも(^^;
いい気分がしないのは確かですが、日本のクラブにはない「たくましさ」を持ってると感じましたし。
ああいうことも出来なきゃ世界で(というかアジアで)はやっていけないのかもしれませんね。

ところで、ACLのオヒサルにあるオジェックの会見を紹介するページで、
「Urawa Reds 『boss』 Holger Osieck 」なんて書いてあると、変に納得してしまいますね(^^;
普通、「coach」とか「manager」じゃないかとおもうんですが、何故に「boss」なんでしょうか(ぉ
(「coach」や「manager」な人もいるようで、どんな違いがあるんでしょうかね?)
でも、オジェックは間違いなくボスですが(ぇ

あと…試合とは関係ないことで最近思うんですが、なんかゴミの放置が増えてません?
雨で早く引き上げたいというのもわかるが、どっちにしろゲートは通るんだし、
そこで回収してくれるわけですから、特別手間がかかるわけでもないと思うんですが…
一応目に付く範囲で回収するようにはしていますけど、手に持てる量にも限界というものが。
自分たちの「家」なんですから、もっと大事にしてほしいと思います。
(別にアウェーならゴミを放置してもいいという意味ではない。アウェーでこそ本当は心がけないと)

さて、グループEのもう一試合、ペルシク・ケディリとシドニーFCの試合が雨によるピッチコンディションの不良で延期になりましたが、
結局ペルシク・ケディリが勝ったそうですね。
戦前は力が劣るであろうといわれていたはずですが、なかなかどうして、これで2位浮上ですか。
レッズもアウェーでの試合を残していますんで、ここが山場になりそうですね。
そこに楽な状態で臨むためにも、次の上海での試合が重要になると思います。

日曜日には、現在リーグ首位の柏との試合が待っています。
柏との対戦は、なんか一方的になる印象がありますね。
04年2ndでは、優勝決定の次の試合でレッズが4-0で圧勝してますし、
05年はアウェーで0-3の完敗、ホームのあの忌まわしい試合では逆に7-0で大勝してます。
ただ、今の柏は10得点1失点という凄い成績を残していますからね。
この試合も我慢の時間が長く続くことになりそうですね…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-04-12 22:43 | 浦和レッズ


<< 後半は寝てしまった      改めてジュビロ磐田戦のこと >>