彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 08日

改めてジュビロ磐田戦のこと

Jリーグ第5節

浦和レッズ 2-1 ジュビロ磐田

やっぱり倉敷さんが実況の中継は面白いなぁ(ぇ

昨日はあんなぶっ壊れたこと書きましたが、1日経って少しは冷静になったのかなと。
もちろんゴール裏に対する不満がなくなるわきゃ無いのですが、
結局自分のできる範囲でどうにかするっきゃないんでしょうな。
それが回りを変えるように仕向けるのか、自分が変わるよう心がけるのか、どっちなのかはわかりませんが。
(「世の中に不満があるなら自分を変えろ」とどこかの「少佐」も言ってるしなw)
W杯後の伸二じゃないが、なんか飢えがないんだろうなと思ったり。
ま、愚痴はこの辺で。

で、今録画した映像見ながら書いているわけですが、改めてよく勝てたものだと思います。
スタンドから見ていて、プレスが良くかかってるなという序盤でした。
ゴールキックをなかなか蹴れない場面とかもありましたしね。
ただ、それでも結構自由に回されてしまってはいましたが。
今年に入ってずっとそうですが、中盤で相手を自由にさせすぎるのはいかがなものなんでしょうか。
長谷部のコメントなんか見ると、まるでW杯前の日本代表か、みたいなこと言ってますからねぇ。
チーム内での意思疎通ができてないなら大いなる問題だと思うんですが…
もし今後オジェックが、中盤をダイヤモンド型にしていくつもりなら、当然啓太のワンボランチという形になるんでしょうが、
そうなると長谷部なり伸二なりがもっと守備意識を高めていかないと、啓太一人では限界がありますからね。

失点した場面なんですが、中継で見えなかった部分にこそ問題が隠されていたような。
都築がボールをキャッチして、前線にフィード。
ワシントン(だったと思う)がボールを受けるが、守備陣に囲まれてボールを失い、
そこからサイドに展開されて長谷部の裏を通されて中央のカレンに決められたという場面ですが、
ワシントンにボールが渡った瞬間、ゴール前にレッズの選手が8人くらいいたんですよね。
それがみんなしてのんびり歩いてるし、相手ボールになったときも自由に回させてるし。
ラインを上げずに引いて守るのがチーム方針なのかもしれませんが、あれはそれ以前の問題な気がします。
ちょっとガックリ来ましたね。

それでも前半で追いつけたのは大きかったでしょうね。
リードされたまま前半を終えていたらあるいは…というところだったと思います。
永井のクロスも美しいですが、伸二のクロスも美しいですな。
大昔のオールスターで、QBK選手のゴールをアシストした左サイドからのクロスが、
今でも印象に残っていたりします。

後半は、もう胆冷やしっぱなしというか。
何か様ゴールポスト様のおかげですという感じですね。
でも、ツキが無いとああいうときのリバウンドがゴールの中に跳ね返ってしまうものですし、
間違いなく運はあったでしょうね。
ただ、運に頼るばかりでは勝てないのもサッカーで、ロビーのゴールは、
しっかりと実力で引き寄せたすばらしいものだったと思います。
イザというときにはやはり頼りになりますね。

相変わらずギリギリまで動かないオジェック采配は、細貝と時間稼ぎもアリの岡野投入。
萌ちゃんは阿部の変わりに左サイドに入ってた感じですね。
阿部を一列上げて啓太とボランチ、その前に長谷部と伸二という感じですか。
それにしても、今のところ攻撃的な交代のカードが岡野しかいないのはつらいなぁ。
岡野が良い悪いのはなしではなくてね。
達也が戻ればもう少し変わるんだろうか。

しかし、ジュビロはやっぱりいいチームだ。
去年のホーム開幕で見た時と比べると、たった一年でこんなに変わるかなと思いますね。
若い選手が伸びてきてるんだろうなぁ…

さて、水曜日はACLの上海申花戦です。
あるいは最大のライバルになるんではないかと目されていましたが、
ここまで2連敗と調子が出ていないようですが、この後のアウェー2連戦が楽になるような試合を期待します。
そしてその後はリーグ首位の柏、「3強」の一角川崎…
厳しい戦いが続きますね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-04-08 21:37 | 浦和レッズ


<< 首位ターン      勝ったんだけども >>