彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 22日

現地組がうらやましい…

AFCチャンピオンズリーグ・グループE

シドニーFC(オーストラリア) 2-2 浦和レッズ

現地には行けず、BSデジタルが見られる環境にもなく。
ひたすら経過速報をリロードしまくってましたよ。
2点先制されたときはどうなるかと思いましたが、よく粘って追いついてくれました。
この勝ち点1を大きなものとするためにも、今後の戦いが重要ですね。

しかしなぁ…
こんな記事読むと、やっぱり向こう行きたかったと思いますよ。
まぁ、「サイスタ」じゃなくて「埼スタ」だよとか変なところで突っ込みたくなる記事ですが(^^;
何度かこのブログでも書いてますが、現地組には来られない仲間の分まで、
選手たちの背中を押すサポートをする役目があるわけで、それだけのことはやってくれたようです。
レッズサポの談話として、「満員の埼スタを見せたい」というのがありましたけど、
シドニーからも大挙して埼スタに来ようという計画があるらしいですね。
平日なんで満員とは行かないかもしれませんが、可能な限り「アウェー」を作り出したいですね。

川崎のことも少し。
引き分けと知ったときは、「おいおい、どうしたんだ川崎は。何があった?」とか思ってしまいました。
楽な相手はいないというのは前提条件に過ぎず、ホームでは最低勝ち点3が望まれますからね。
韓国のクラブならいざ知らず、ここで川崎が取りこぼすとは思っていませんでした。
まぁ、まだ得失点差で首位ですし、最大のライバル、全南ドラゴンズとの試合も2つ残ってますし。
特に悲観することもないんでしょう。
…と、無責任な立場で言ってみる(^^;

それにしてもオシム監督、永井を呼んでくれないもんですかねぇ…
永井と高原の99年Wユース2トップなんで如何?(ぉ
そうそう、ピサロは来日しないそうで。
ブルズカップのリベンジと行きたかったんですがねぇ…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-03-22 22:19 | 浦和レッズ


<< 坪井+代表=太腿の怪我…      戦いの基本は先制攻撃 >>