2007年 03月 20日

戦いの基本は先制攻撃

Jリーグ第3節

浦和レッズ 2-0 ヴァンフォーレ甲府

くわえタバコでマシンガンぶっ放しながら言うとさらに良いです<何がだ

書きかけの文章が消えてしまったので、やる気なくしました(マテ
そんなわけで簡潔に<なるのか?

相手がまだ今シーズン無得点の甲府ということで、やはり先制点がカギになると思っておりました。
前半はあわやという場面も結構あってヒヤヒヤさせられましたが、とにもかくにも失点しなかったことが良かった。

レッズの先制点は、ようやく不調を脱してきたワシントン。
ロビーが左サイドで相手を3人引き付け、最終ラインから爆走してきた闘莉王に絶妙のヒールパス。
左足ダイレクトでクロスを上げ、中にいたワシントンが相手DFを上手く抑えて、スライディングのゴール。
まぁ、なんというか泥臭かったですが、ゴールこそが最上の薬ですからね。
しかし、実にすばらしい「連動した組織的攻撃」ではないですか。
相手を引き付けておいてスペースを空け、そこを後ろから来た選手が活用する。
少し形は違うかもしれませんが、「スペースをうまく使う」ということはオジェックが狙っているサッカーの一端であると思いますし。
でも、書く人、見る人によってはこれも「個の力による得点」になってしまうんでしょうねぇ。
パスで崩せば組織で、ドリブル多用すれば個の力、とでも言うんでしょうか。
仮にそうだとして、同じ1点にどれほど優劣があるものなんでしょうか。

2点目は、自陣深いところでボールを奪い、4本目のパスがワシントンに通ったもの。
一度はGKの好守に阻まれましたが、こぼれたところを落ち着いて決めてくれました。
日本では「何故かポゼッションサッカーがもてはやされる」ようですが、
3本以内のパスでの攻撃がゴールの確率が高いと言われますしね。
別にポゼッションサッカーがダメだというつもりはないですが、
(実際、ガンバくらいのポゼッションサッカーができればなぁとおもいますし)
だからといってカウンターサッカーがダメといわれる理由も分かりませんし。
何が言いたいかって、「勝ったけど結局個の力頼みだったねぇ」みたいな書き方されるのが嫌なんですがね。

話がそれましたが。
甲府も前掛りになっていましたし、後半は上手くスペースを使えていたと思います。
とにかく、11人対11人でやっている以上、数的不利は数的優位に、数的優位は数的不利に、
あっという間に変わってしまいますからね。
今回の試合に限って言えば、レッズにとって良い形に回って行ったといえるでしょう。
ただ前述したとおり、先取点を許していればまた違った形にはなったでしょうが。

さて、これで3試合終えて2勝1分。
去年と違って、どうにかこうにかという印象ですが、まぁとりあえず勝ち点は減りませんしね。
次はACLのアウェー、シドニーFC戦で、その次にはアウェー大分戦が控えています。
またまた難しい試合が続きますが…
とりあえず、ACLは僅差でいいんでなんとか勝ってきて欲しいものですが。
この際、内容は「ワ級頼み」でもなんでもいいです(^^;
大分は…シャムスカ監督になって以来苦手にしてますからね…
この2試合は現地にいけないんで、もどかしい時間を過ごすことになりそうです(^^;

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-03-20 00:01 | 浦和レッズ


<< 現地組がうらやましい…      勘弁してくださいよ…_| ̄|○ >>