彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 07日

つまり、全勝する自信があるってことだよね?

AFCチャンピオンズリーグ・グループE

浦和レッズ 3-0 ペルシク・ケディリ(インドネシア)

えーと。
確かあちらさんは、昨日は浅草観光と洒落込んでいたはずですよね?
(何故かレッドボルテージも見たいと言っていたらしいが…)
今日、ブログ主がウォームアップの最中に埼スタ入りしたときは、
何故か彼らの姿はピッチにはありませんでした。
さっさと切り上げてしまったのか、最初から出てこなかったのかは分かりませんが、
「こいつらやる気あんのか」と思いましたよ。

その相手に、結局3点どまりですか。
いやいや、良いんですよ。
そこはそれ、タイトルの通り全勝して、勝ち点18を奪うつもりなワケでしょ?
そうすりゃ、得失点の勝負にはならないわけですから、
仮にどこかが怪しげなスコアで大敗したとしても、何の影響もないわけですからね。

それにしても、今オヒサルのデータを見ていて驚いたんですが、
シュート本数が実に26本だったそうで。
むしろ、今日抱いた感想が「なんでもっとシュート打たねーんだよ」だったものですから、
ちょっと疑わしいなぁとすら思ってしまいます。
いやまぁ、ただ覚えていないだけかもしれないんだけど(^^;

先制点は、競り合いに負けてこぼしたボールを暢久が押し込んだものだったし、
後半にもネネの弾丸シュートを押さえきれずに前にはじいた場面もありましたから、
それを見ただけでも、キーパーが狙いどころだというのは分かっていたはずなんですが、
相変わらずゴール前まで持ち込んでもパス回すだけでシュートに行かないという印象でした。
そのあたり分かっていそうなのは伸二くらいでしたかね。
スポーツ紙の記事は信用してはいけないと分かってはいますが、
昨日今日の記事を読んでいると、いかにもミドルレンジからどんどん狙っていきそうな雰囲気だったので…
…何が「ネオタイガーショット」だよ
開幕戦の久保のように…とまでは言わないまでも、思い切り打ったからこそああいう結果になるということもあるので、
日曜日の新潟戦では、もっと積極的な姿勢を見せて欲しいものです。

さて、同じグループEのもう一試合、上海申花とシドニーFCの対戦は、
2-1でシドニーFCが勝利したとの事。
よって、現時点で(たった一試合だが)はレッズがトップということになりますね。
上海とシドニーは、ほぼ実力が拮抗していると見ていいんでしょうか。
まぁ、直接対決の印象以外はあんまり参考にしない方がいいのかもしれませんけどね。
そうそう、インドネシアに遠征していた川崎も勝利したようですね。
普段は他所の結果なんてどうでもいいですが、やはり同じ日本代表として頑張って欲しい気持ちはあります。
できれば、共にグループリーグ突破できるといいのですが…

ともあれ、まずは世界へ続く第一歩を踏み出したわけです。
ACLの次回の試合は、今月21日のアウェー、シドニーFC戦ですね。
流石にシドニーまではちょっと行けないので、今回はお留守番ですが、
レッズの力を試されるときなので、良い結果を持ち帰ってくれるよう期待します。

さて、気持ちはJリーグモードに戻しましょう。
日曜日は、アウェー、アルビレックス新潟戦です。
新潟にはあんまり良い思い出はありませんが、逆に今の段階で消化できるのもいいのかも、
などと凄まじく強引なプラス思考なぞしてみたり(^^;
ブログ主も初めて新潟にお邪魔することになります。
レッズサポーターがアウェーを体感できる数少ない機会、楽しみにしています。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-03-07 23:44 | 浦和レッズ


<< 勘弁してくださいよ…_| ̄|○      ともかく勝ち点3 >>