2007年 03月 04日

ともかく勝ち点3

J1リーグ第1節

浦和レッズ 2-1 横浜FC

なんつーか、去年からこんな試合ばっかり見てる気がしますよ。
とりあえず今のチーム状態で、勝ち点3を得られたことは良かった。
相手が初昇格の横浜FCであるといっても、初対決はやはり難しいものですからね。

序盤からサイド攻撃は効いていたと思うけど、どうしてもクロスを上げる側と受ける側が合わない。
相馬のクロスの精度に関しては色々注文つける人がいるようだけど、どっちかといえば、
中の選択肢が少ない方が問題なんじゃないですかね。
どうしてもワシントンしかいないという状況ばかりが目に付きますし。
ただでさえ、ワシントンに対するマークは徹底している状況でしたから、
その分ほかの選手が空くはずなんで、そこをもっと使っていって欲しかったなぁというか。
(そういうのも組織的な攻撃というんですかね?)

今年に入ってから、試合をすれば3失点以上という崩れっぷりだったDF陣。
復帰が予想された闘莉王が、いきなりインフルエンザでダウン_| ̄|○
代わりに3バックの真ん中に入った阿部が頑張っていたおかげで、穴は殆ど感じませんでしたね。
失点シーンに関しては、久保を誉めるしかないというか。
もう一度同じゴールを決めろといっても、なかなか難しいでしょうが、
かつてフリューゲルスに在籍した、エドゥー(懐)を髣髴とさせるような凄いシュートでしたね。
(そこでロベルトカルロスとか言わないところが(^^;)
伸二の寄せも中途半端でしたが、思い切りと意外性の勝利という感じでした。

少し引き分けも覚悟した中で生まれた永井の決勝点。
後で録画映像であの股抜きを見ましたが、いやはや絶妙ですね。
ああいう狭いところでドリブルさせたら、レッズ一どころか日本一だろうと思います。
ブログのせいで、すっかりドラマ好きなところが露呈されてしまった(ぇ)永井ですが、
「浦和のFWはワシントンだけじゃねぇんだぜ」(なんでこんな口調)ってところを見せ付けてくれたと思います。

さて、初めて見た横浜FCですが。
攻撃に関しては、とりあえず久保を自由にさせなければなんとかなるかという印象ですね。
去年どんな攻撃をしていたかは知りませんが、今年はどうしたって久保と奥中心に回っていくと思いますので、
彼らが止められたらどうするかというところなんでしょうか。
ハマナチオと称された守備は、なんかサイドが結構突破しやすそうな印象でしたが。
ワシントンのつぶしは本当に徹底していましたけど、その分サイドへ注意が回っていなかったのかどうなのか…
結果、そこからオウンゴールも生まれましたしね。
まぁ、一試合見た限りでいえることなんてそう多くはないので。
今度対戦するのは最終節ですから、どう変わっているか楽しみにしていたいと思います。
あと、カズを見たかったなぁ(ぉ

さて、休むまもなく水曜日にはACLの初戦、ペルシク・ケディリ戦です。
疲労も心配ですが、今は実戦の機会が多い方がいいと思うので、この場をうまく利用して行って欲しいものです。
何より、レッズの公式戦としての国際舞台デビュー戦ですからね。
インドネシアのチームがどのくらいのレベルか分からないので、レッズの力を計る指標とはならないかもしれませんが、
世界への道の第一歩として、楽しみにしております。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-03-04 11:48 | 浦和レッズ


<< つまり、全勝する自信があるって...      開幕前夜 >>