2007年 01月 22日

ようこそ浦和へ

拝啓、阿部勇樹選手

我が浦和レッズの一員として共に戦ってくださること、サポーターの端くれとして、大変嬉しく思っております。
決断までには、余人には計り知れないほどの苦悩の日々が続いたことでありましょう。
ですが、決まった以上は、浦和の阿部勇樹として、すばらしいプレーを見せてくれることを期待します。

もしも、レッズで戦うことになったら、レッズを愛さなければならない。
レッズを愛するものは100%プレーしなければならない


これまで、浦和レッズを愛し、浦和レッズに愛された選手は数多くいましたが、
その中でおそらくもっとも熱かったであろう、ゼリコ・ペトロビッチが残した言葉です。
レッズのユニフォームをまとう事に誇りを持ち、レッズのために全力を尽くしてプレーしてくれさえすれば、
サポーターは阿部選手に対しての声援、拍手を惜しまないでありましょう。

アテネ五輪予選を共に戦い、最終的にメンバー入りを逃した鈴木啓太は、
その悔しさを糧にして努力を重ね、いまや日本で1、2を争うボランチに成長しました。
昨年は、あのウクライナの名門、ディナモ・キエフからの練習参加のオファーも受けました。
しかし彼は、「浦和にいても成長できる」と、練習参加を断りました。
そしていまや、阿部選手の恩師たるオシム監督率いる代表に欠かせぬ存在となっています。

阿部選手がさらに成長したいというのであれば、国内でレッズ以上の環境はないと思います。
それほど、今の浦和レッズでポジション争いに勝つことは難しいことであると言えるでしょう。
しかし幸いにも、今年は監督も変わり、横一線のスタートですから、いきなりポジション奪取も十分ありえます。
それでも、今度はそれを死守しなければならないという、高いレベルでの争いがあることでしょう。

それから、チームに溶け込めるかという心配ならば、それは無用というものです。
レッズには、岡野という最強(最凶?)のいじり役がいますから、
彼にかかれば、3日と待たずに自然となじんでいることでしょう。
まったく心配には及びませんので、どうぞご安心ください(^^)

それでは、レッズフェスタでの初対面を楽しみにしております。
そして、ゼロックスでは早速の活躍が見られることを願っております。

---------------------------------------

まぁそんなわけで、やっとこさ阿部選手の加入が正式に発表されました。
ホント長かったですが、まぁしょうがありませんかねぇ。
他の補強には手が回りませんでしたが、それは夏のお楽しみということですか。

あと、レッズフェスタの概要が発表されましたね。
スパサカのロケがないのは、加藤氏がブーイングに懲りたからでしょうか(何
その代わり、日本一面白い紅白戦とやらがあるようで。
当然阿部選手も出るって事でしょうねぇ?
アレックスの挨拶はムリっぽそうな感じですし…今年の目玉は阿部選手ですね。

そういや、去年はここでイヤーブックが売られたんでしたよね。
今年はそんな話出てきてないけど、どうなんでしょうか。
今年は、オヒサルの強化もお願いしたいなぁ。
川崎ほどとは言わないけどね(^^;

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-01-22 22:53 | 浦和レッズ


<< 日程が出た      カタールの「エマソン」さん >>