2007年 01月 18日

カタールの「エマソン」さん

ロビーことロブソン・ポンテが背負う、浦和の背番号10。
この番号をロビーの前に背負っていたのが、カタールはアル・サード所属の、
「エマソンさん」(本名および年齢査証歴アリ)だったわけですが。

このエマソンさん、昨年唐突にカタール国籍を取得したというニュースが流れ、
レッズサポーターのみならず、彼を知る日本のサッカーファンにそれなりの驚きをもたらしました。
何しろ、数年前までは、日本国籍取得して代表入りかとか、あの「キング」ペレには、
「Jリーグで得点王取ったら、セレソンに推薦するよ」といわれていたとかいないとか、まぁいろんな話がありましたからね。
そして、05年の夏、浦和レッズがどうにも波に乗り切れない中、いきなりのカタールへの移籍。
まさに青天の霹靂、寝耳に水でした。
莫大な移籍金を残していった(らしい)とはいえ、何も言わずに去った彼に対し、情熱が一気に冷めていくのを感じたものです。

で、この度、エマソンさんのカタール代表入りなんて話が舞い込んできました。
カタールといえば、先日のアジア大会でも、陸上競技において、帰化選手を出して優勝しましたね。
今度はサッカーでそれをやろうということらしいのですが、エマソンさんの場合、
日本代表入りが囁かれていた頃から、ユース代表歴が問題視されてきました。
それ以前に、年齢が良く分からない選手の年代別代表歴についてどうこうというのものよく分かりませんけど。
まぁそれはさておき、カタールの協会としては、その問題をクリアできる自信があるらしいですがねぇ。
ただ、この帰化選手の問題については、AFCの会長もあまりよく思っていないようですので、
果たしてどうなるかはまだまだ不透明というところですが、実現すれば、
実力は確かなものがあるだけに、やはり日本にとって強敵といわざるを得ないでしょう。

ところでエマソンさん、浦和レッズマガジンの1月号に、コメントを寄稿していますが、

「サポーターは僕が移籍したのはプロとしての決断だと分かってくれているはず。
だから、敵として埼玉スタジアムに行ったときも温かく迎えてくれると信じている」

と述べております。
まぁ確かに、金が大きな要因であったとしても、それはそれでプロとして間違ったことだとは思いません。
プロとしての評価を指し示すものは、全てではないにしろ、やはり金銭面が大きいですからね。
ただ、彼の言う「温かい迎え方」というものに関してですが、
拍手で迎えられるだろうとか思っているのだったら、それはちょっと待てと。
ってか、甘えたこと言ってんじゃねぇよ、と。
他のレッズサポの皆さんがどう思われているかは分かりませんが、
自分としては、やはり嵐のようなブーイングで迎えてやりたいと思いますよ。
(自分ひとりじゃ嵐にはならんけど(^^;)
まぁ、試合後に挨拶に来たりしたら、その時はまた別かもしれませんけどね。
今年、レッズはACLに初挑戦しますが、アル・サードも出場します。
決勝トーナメントまで残れば対戦するチャンスが出てくるわけで、
そうなればヤツにかつてのホーム埼スタで、ブーイング食らわしてやることができるわけですから。
ってか、何が楽しみって「それ」が。(^^;

こんな事書いてると、また粘着だ何だ言われるのかもしれませんが、
彼についてはまだスッキリしていないんですよ。
あの年、彼の移籍前と後では、レッズのチーム戦術がガラっと変わってしまった。
つまり、それだけの能力と存在感のあった選手だったというわけですよね。
それなのに、俺たちはお前の帰りを待っていたのに、何も言わずにそんな中東の地に行くのかと。
国内移籍なら、まだブーイングできる機会もあろうものを、そんな遠くに行かれたんじゃそれも叶いませんからね。
ともかく、できることなら早く吹っ切る機会が欲しいなと思うわけですが。

改めて、エマソンさん移籍の報を聞いた日のエントリを読み返してみると、我ながら壊れてるなぁとおもいますね(^^;
でも、別にただ憎しで言ってるわけではないことは分かっていただきたく。
別に未練とかじゃなく、ただスッキリしたいだけです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-01-18 22:45 | 浦和レッズ


<< ようこそ浦和へ      博実節炸裂? >>