彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 16日

博実節炸裂?

FC東京の原監督が色々言っているようで。
うぃーあーさんの反応はおおむね、「はいはい粘着粘着」って感じなようではありますねぇ。

ま、実際つまらないサッカーやってたことは確かですけどね。
別にわざわざ言われなくとも分かってますし、決して納得してるわけじゃないですし。
まぁ、スペインサッカー大好きな原さんの美学とは合わないんだろうし、
ウチの釣男さんが04年のナビ決勝前に言っていたことがそのまま帰ってきたというだけの話でしょう。

アジアばかり見ているってのも実際そうでしょう。
一年かけて準備してきたとは言っても、実際戦うのは今年が初めてであって、
どんな心構えで行けばいいのかも分かっていませんしね。
今はどうしてもアジアを気にしてしまうのは、まぁ当然というか仕方ないことでありましょう。
だから、特別噛み付くようなことも言っていないような。

そもそも、前後の文脈も分からないし、ピンポイントに面白おかしく切り取ればこんな感じでは?
レッズが昨年のチャンピオンである以上、「打倒浦和」はどこも考えてくることだから、
それについて問われて、ちょっとリップサービス混じりに言ってみたらこんな記事になったというだけではないかと。
そういう偏った記事を作るのがお得意なのはわかりきったことですしね。

いまだに99年のことを引きずって、原さんに拒否反応がある人もいるでしょうが、
あの時は色々不運というか、さまざまな要素が重なってましたからねぇ…
五輪代表での伸二の怪我があったり、永井と岡野が海外行ってたり、
前年の好成績で舞い上がったダメフロント(当時)がろくに補強もしなかったり。
永井と岡野が戻った、解任前の最後の試合(大分戦@ナビ)で快勝して、
これで巻き返せるなと思った矢先に解任会見があったりしましたし、
あろうことか後任も決まっていなくて、監督不在でキャンプ張ったり…
極めつけは、既に欧州では「過去の人物」だったア・デモスの監督招聘…
それでもあの一月を、もう少し有意義に過ごしていれば、降格は無かったような気がしてます。
本当に、今からは想像付かないくらいどうしようもないフロントだったと思いますね。
今オフ、いろんなクラブでフロントのダメっぷりが露呈したりしているようですが、
あの頃はレッズがこんなだったなぁと思ってしまいますね。

まぁ、昔話はこれくらいとして。
個人的には、もう一度浦和の原監督を見てみたい気もするんですよ。
オジェックが今の面子でどんなサッカーするのか楽しみなのと同じで、
ギドはああいうサッカーで頂点に立ったけど、原さんやオジェックならどうするんだろうかと。
まぁ、ただの興味本位ですが。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-01-16 22:28 | 浦和レッズ


<< カタールの「エマソン」さん      浦和レッズ2007年仕様 >>