彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 12日

浦和レッズ2007年仕様

浦和レッズの2007シーズンに向けた新体制が発表になりましたね。

トップチームのコーチとして、新たに広瀬治ユース監督が昇格(?)。
昨年より留任のエンゲルス、池田太、土田、大槻コーチと共にオジェックを支えることとなりました。

最大の問題は、サテライトを誰が見るかということですが。
昨年は柱谷コーチをJリーグカレーヴェルディに引き抜かれ、
ギド自身もなりふりかまわず勝利至上に走ったこともあって、下からの突き上げがありませんでした。
一時的に、セルヒオや細貝が期待させてくれたりはしましたが、スタメンを争うまでには至らず。
素材としてはいい物を持った選手ばかりだと思いますし、
監督が変わって、新たなチャンスも生まれてくるはずですから期待は大きいです。
昨年は池田コーチがトップと兼任のような形で見ていたと思うのですが、
広瀬さんを上げたのには、将来の監督候補としてオジェックのそばで学ばせるという意味もあると勝手に思い込んでいます。
なので、ある程度池田コーチはサテライト専任のような形になるのではないかと。
指導者としての経験も大分豊富になってきていると思いますから、その手腕を育成で発揮して欲しいものです。

それにしても、ユースの監督が堀さんで、コーチが望月さん。
Jr.ユースの監督が名取さんで、コーチが池田伸康さんですか。
古くからレッズを見ているものとしては、色々思い出して、懐かしいですねぇ…
まぁ、あんまり思い出したくないことが多いんですけど(^^;

ともあれ、これで今シーズンに向けての第一歩、スタートが切れたという感じです。
今年は国内では初めて追われる立場で臨み、ACLという新たな挑戦も待っています。
世界の最先端のサッカーに触れてきたオジェックの采配にも注目したいところですね。

渦中の「彼」については、正式決定の後、ということで。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-01-12 22:58 | 浦和レッズ


<< 博実節炸裂?      クラブに歴史あり >>