彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 08日

クラブに歴史あり

浦和に行ってきました<何をいきなり
んで、伊勢丹のショーウィンドウにて天皇杯をパチリ。
b0027835_2011063.jpg

まったく、これを捨ててしまえなんてとんでもない話ですよねぇ(ぉ

浦和に行けば、当然レッドボルテージにも足を伸ばすわけですが、
そこでこんなDVDを購入しました。
リンク先の紹介文にもあるとおり、三菱の創部から、浦和レッズの2000年シーズンまでの歴史を紹介した作品です。
ずっと興味はあったんですけど、高かったのでちょっとこれまで手が出ませんでした(^^;
まぁ正月だしということで(意味不明)、天皇杯連覇のご祝儀(これも意味不明)かなとかいうことで、購入してみました。

いやはや、なかなか面白かったですよ。
考えてみたら、三菱時代のことなんて殆ど知らなかったわけですからね。
今レッズのフロントで活躍している(いた)人も結構出てきたりして。
前GMの森さん、元監督の横山さん、ハートフルクラブの落合さん。
現代表の藤口さんに、現GMの中村さんに、FC東京監督に復帰の原さん。
当たり前ですが、皆さん若いです。
若き日の名取さんが黄色い声援浴びてます。
すごい人気だったんだなぁ。
福田さんのデビュー当時の映像とかも見られて面白かった。
ゴール決めて、へんなガッツポーズしてたりとかね(^^;
日本リーグ時代の映像も、なかなか目にする機会もないですからねぇ。

そして、浦和レッズ編。
「あの頃」を映像で振り返ったのは、もしかすると初めてかもしれません。
う~ん、駒場がまだ1階席しかなかった時代か…
本当に色々あったなぁ…
福田さんのJ初ゴールの後、喜びすぎてあっという間に同点にされたとか、
ラモスとビスマルク(かな?)にリフティングとヘディングでDFの頭越しにボール運ばれたこととか。
まぁ、当時のレッズは、そういう笑うしかない(本当は笑えない)話には事欠きませんでしたね。

横山さんも、監督やってた当時は、反感しかなかったような気もしますが、
三菱の頃の指揮ぶりもあわせてみると、基本的には名将なんだろうなと思いました。
もう少しチーム状況がよければ…と思わないでもないですね。
J2の時は、結果的に横山さんの(総)監督就任が事態を好転させたわけですし。

それだけに、オジェックのすごさというのも逆に際立っているような気もする。
改めて見てみると、なにか改革したというよりも、それぞれの役割を自覚させることで、
選手本来の力を引き出したというのが適当なような。
もちろん筆頭は福田さんで、ウーベもそうだし、田口さんもそうですね。
はたして、今度のオジェックサッカーはどんなものなんでしょう。
今から楽しみです。

ほかにも色々書けますが、長くなりそうなんで、このくらいで。
今でこそ強いレッズだけど、どうしようもなく弱かった時代があってこそ、今があるわけですから。
強いレッズしか知らない、新しい世代のサポーターにこそ見てもらいたいかもしれません。
「ゼロックス、またガンバかよ」なんて言ってると、足元すくわれますよ。
シーズン変われば、以前の戦績なんて関係ない。
目の前の一試合一試合を全力で戦うのみです。

何が転落への第一歩かはわかりませんからね。
たまには、昔を振り返ってみるのもいいもんだと思いました。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-01-08 20:38 | 浦和レッズ


<< 浦和レッズ2007年仕様      仕方ないこととは思いつつ >>