2007年 01月 04日

去る人、去る人…また去る人

今年の新人補強の目玉と考えていたという、「和製アンリ」君に袖にされ。
サンパウロの若手DFも獲得できず。
ジェフの阿部選手についても、本人の決断待ちという状況で…
一向に来季に向けての補強の話が出てこず、去る人のお話ばかりが出てきております。

埼玉新聞によれば、愛媛にレンタル移籍中の南が完全移籍となり、
新井もまた愛媛に完全移籍、近藤、大山の両選手も、愛媛へのレンタル、もしくは完全移籍だとか。
(埼玉新聞は購読していないので、聞きかじりですが)
そして、カニこと横山が山形に、という話が放置報知に出ました。
新井の件以外は、まだ発表は無いのでなんともいえませんが

近藤に関しては、あの大宮戦、トゥット(よりによって…)との激突さえなきゃなぁと今でも思います。
南も、そのアクシデントを受けて突然の出番だったにもかかわらず、落ち着いたプレー振りで、
これは今後も期待できるぞと思ったのに、結局あれ以降使われなかった。
大山は、04シーズン2ndの柏戦で早々とデビューを飾ったけど、それだけで終わってしまった。
カニについて思い出すのは、05シーズンの第2節川崎戦。
1-3とリードされた場面で確か岡野と同時に投入されて、絶妙のコンビネーションで、岡野の得点をアシストしたっけ。
新井に関しては申し訳ないですがサテライトを見ていないので…(;´Д`)

選手としてやれるのはそんなに長くないわけだから、サテライトでくすぶってるよりは、
必要とされる環境でやったほうが良いというのはわかっていますが、
それをレッズが用意できなかったというのがなんか引っかかるんですがね。
特に昨年は、ギドがとにかく「勝利至上」に走ったということもあったと思う。
その甲斐(?)あってリーグと天皇杯の2冠だったわけだから、まぁ否定は出来ないんだろうけど。
少なくとも、2年目までのギドはそこまでレギュラーに固執していなかったように思うんだが…
どうしても優勝しなければ、という思いが強すぎたんでしょうか。
もし10年後、再びギドがレッズの監督やってくれるとしたら、そこは案外うまくやってくれるのかもしれませんが。
そこが、「監督・ギド」の「現時点での限界」といえなくも無かったのかもしれません。

で、今年オジェックが監督になれば、また1からのスタートなワケで、そこで彼らにチャンスが回ったかもしれないわけだから、
まだ見切るのは早かったのでは…
でも、物事には時期というものもあるし…
うう、何が言いたいのかわからなくなってきたよ…(@_@)グルグル

それにしても、本当に下部組織出身選手が定着できないよなぁ…
ナビスコでニューヒーロー賞を3年連続で獲得したあの頃が懐かしい。
新卒入団な選手は育てられるのに、なんでユース出身だとダメなんだろう。
柱谷さんがいなくなってしまったことは大きいと思うけど、それだけじゃない気がする。
我々サポーターも、目先の勝敗だけであれこれ言ってはいけないんだろうか。
でも、移籍する彼らがもし、01シーズンくらいの入団で、啓太や坪井、長谷部らとレギュラー争いしていれば、
あるいは押しのけてポジション獲得していたかもしれないんだよねぇ…
そう考えると、プロの世界というのは、色々な意味で「運」が必要なんだなと思います。
レッズサポーターのダンマクにもある、「愛と意志と運」(byベッケンバウアー)というやつですかね。

若手を試すといっても、別に一度に5人6人試す必要はないのであって。
優位が見えてきたところで、バランスを崩さない程度に使ってみるとか、いくらでもやりようはあると思う。
それくらいのフォローというか、カバーの出来る選手たちはそろっているはずですからね。
ともかく、オジェックの「バランス感覚」に期待したいと思うのです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2007-01-04 23:20 | 浦和レッズ


<< …帰っちゃった(;´Д`)      「理想」と「現実」の狭間で >>