彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 17日

試合勘なんて無くたって走れます

第86回天皇杯 第5回戦

浦和レッズ 3(延長)0 アビスパ福岡

えーとね。
来季に向けて販売される、埼スタのシーチケを予約したんですよ。
なにも、そんな日にこんな最低の試合を見せてくれるなというんですよ。
まぁ、キャンセルできないみたいだし、せっかく得た権利ですから、明日にでも支払ってくるつもりですが。
(バックレてれば自然消滅にはなるでしょうが、ブラックリストに載せられでもしたらたまらないし)
レッズのシーチケは、特典とかのお得感が無い以上、良い試合を見せてもらうよりほかはありませんからね。

さて、あんまり語ることもなさそうだが、一応試合について。

とにかく足が動いていない。
相手のアビスパは、先週2試合、ギリギリの精神状態で試合を行っていて、福岡からの移動もあり、
コンディション的にはどう考えてもレッズが有利だったはず。
間隔があいたから云々というなら、リズムが取り戻せるまでひたすら動けよ、と。

で、長々と、実に「90分もかけたウォームアップ」が終了。
延長に入ってからは、向こうのガス欠にも助けられてか、次々とゴールを陥れ、
終わってみれば3-0の「圧勝」でした。

でも、アビスパにもう少しフィニッシュの精度があれば、もう今日からはオフだったでしょうね。
とにかく点が取れないことが、降格の要因だったという話も聞きますが、こうしてみると確かにそうだなと。
ただ、今年5戦したなかで見ても、決して守備そのものは悪くないと思いますし、
どうやって点を取るかさえ確立できれば(それが絶対的ストライカー任せであったとしても)、
一年での復帰も大いに可能なのではないかと思います。
まぁ、余所者の見る目ですから、そんなことわかってると言われるでしょうが。

あと、ゴール裏のことも触れなきゃいけないかと。
隣にいたお父さんですが、「なんかまったりムードだねぇ」じゃないですよ。
なんか、隣の人とぺちゃくちゃ喋りっぱなしだし、まったく緊張感が無い。
それでいて、延長入ったら怒ってるし、終了後は「まぁ福岡も良く頑張ったね」だって…
むしろレッズの不甲斐なさを糾弾しろという気持ちになったのは自分が間違っているのでしょうか…
こういう人たちにとっての「We Are REDS!」とはなんなんだろうか。
ただ文句言ったり解説してるだけなら、ゴール裏でなくても良さそうなもんですがねぇ。

17000少ししだった入場者数もそうだ。
あとで少し触れるが、優勝パレードに60000も来るのなら、応援にももっと来ましょうよ。
そりゃ、そろそろ年も押し詰まってきて、何かとお忙しいのはわかりますけど、
もし昨日負けていたら、来年2月(たぶんゼロックス)まで試合が見られないわけですよ。
そんなことになったら、絶対悔いが残るでしょ。
遠方だったりすれば仕方ないが、埼スタまで来られる距離にお住まいで、
なおかつテレビで見てるような時間があるのなら、是非スタジアムに足を運んでいただきたいものです。
(体調が悪いとかなら、もちろん養生第一にしていただきたいんですが)

選手のコメント見る限りだと、危機感はあるようですから、次のジュビロ戦はきっと大丈夫でしょう。
今年最後の埼スタ、サポーターも悔いを残すことなく、お互い全力を尽くしましょう。

さて、優勝パレードの話も少しだけ。
開始10分前くらいに県庁前に到着し、出発を見送ってからゴール地点の市役所へ。
永井のブログで動画が出てますが、あんなにいたとはわかりませんでした。
(しつこいですが、それならもっと埼スタにもきて欲しかった…(;´Д`))
しかし、あの紙ふぶきはすごかったなぁ…
なんか、あれだけで感動ものでした。
暢久の挨拶があり、最後に最年長から一言、ということで岡野登場。
「えー、今日は僕のライブに来てくれてありがとう」
おいおい(^^;

そうそう、県知事の挨拶で、埼スタの赤字が6億から2億まで減ったそうで。
そこに少しは貢献できているのかなと思うと、ちょっと嬉しくなりますね。
スタジアムなんてものは、建てる時より維持するほうが大変なのはどこも同じで、
ややもすると命名権の売却という手段をとらざるを得なかったりするわけですが、
埼スタにはそんな話は出てきていませんし、今後も出させたくないですね。
埼スタは永遠に埼スタであって欲しいですね。
三菱スタジアムとか、パジェロスタジアムなんてのは愛着も沸かないでしょうから。
ついでに、埼玉高速鉄道も5300万まで赤字が減ったとか。
こんなところにもレッズ効果が表れているようで、誇らしいことです。
ネガティブな話だけじゃなく、こういうところもちゃんと報道してくださいね、マスコミ様。

そんなわけで、このパレード終了を以って、お祝いモードは完全におしまいとしましょう。
こういうの毎年やりたいと思ったら、毎年タイトル取り続けなきゃいけない。
今年のタイトルで来年もパレードやるわけにはいかないわけですからね。
選手が多少気が抜けるのは仕方ないかもしれないが、サポーターまで一緒に腑抜ける必要は無い。
逆に、何いつまで浮かれてんだと気合を入れるくらいでないと。
次の相手のジュビロは、大宮戦では不本意な出来だったようですが、強敵には変わりない。
ヤマハでやられたことは、今年のうちに返しておきましょう。
なにより、ギドにとって最後の埼スタ。
絶対勝って、一緒に国立へ行きましょう。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-12-17 22:24 | 浦和レッズ


<< 闘莉王が一瞬長州小力に見えた(マテ      やっと決まった(^^; >>