2006年 12月 02日

俺たちの誇り、浦和レッズ

JリーグDIVISION1 第34節

浦和レッズ 3-2 ガンバ大阪

浦和レッズ、悲願のJリーグ初優勝!

全世界のレッズサポーターの皆様、おめでとうございます。
もちろん自分を含め、ですが(^^;

史上初、J2降格を味わったクラブの年間優勝。
新しい世代のサポーターも増えていますが、弱かった頃を知っている自分としては、
ついにここまで来たかというのが正直な感想です。
当時は、レッズサポというだけでバカにされてましたからねぇ…
今は堂々と名乗れるので、それだけでも幸せなのかな、とか(^^;

まぁ、運営費とかの話にもって行きたがる人はいると思いますけど、それを支えているのは、
我々サポーターであるという自負があります。
サポーターが常に集まるからスポンサーも集まる。
入場料収入、グッズ売り上げによる収入もプラスして、新たな補強が可能になる。
相馬のように、埼スタのあの雰囲気の中でやりたいといってくれる選手もいますしね。
こういう良い循環がもたらした、今回の優勝であると思います。

まぁ、あれですな、試合内容についてはどうでもいいでしょ。
3点取ったとはいえ、もっともっと攻められたのではと不満も残ったりしますが、
その辺は天皇杯できっちりどうにかしてもらうということで。

浦和美園駅から埼スタに伸びる歩道が、レッズ仕様になってました。
左には「All Come Together」のポスターがあり、右にはフラッグが。
照明塔には「六万人全員が一つになる時だ!」との激があり、
さらに歩道橋には「This Is URAWA」の横断幕。
いやもう、いつもは歩くのがかったるい(マテ)道ですが、最高に気持ちが高まる演出でした。

当日抽選を終え、所用により一旦浦和美園駅に戻ったとき、そりゃもうすごい「チケット譲ってください」の大合唱が。
果たして、どれくらいの方が無事に入手できたのか…
本日の入場者数が62,241人ってことで、緩衝地帯の分を差し引けば、ほぼキャパ一杯だったんでしょう。
まぁ、死にチケが出なかったのであろうということは非常に嬉しいことでありますが。

入場してからの席探しの顛末については語りたくもありません。(;´Д`)
前日抽選が尋常じゃなかったというのは、入場の様子を見ていてわかりましたけど、
まさかアレほどとは…
まぁ、結局はSNSにおける横のつながり(謎)のおかげでどうにかなりましたが。

選手入場時のビジュアルはご覧の通り。
毎度毎度、あれを企画、準備される方々には本当に頭が下がる思いです。
こういう仲間がいることが、最高の財産なんじゃないですかねぇ…

ただ、実際はビジュアルをやったからどうにかなるってものでもないんで、
本当に重要なのは、試合中選手を鼓舞する声をどれくらい出せるかなんですよね。
こういうときに言いたくは無いんですけど、こういうときだからこそ敢えて苦言。
自分がいたあたりの周りの人たちが、先制されたとたんに黙ってしまいました。
本当なら、すぐ気持ちをきりかえて、選手たちの背中を押さなきゃいけないのに、
いったいいつまで落ち込んでるんだと。
たかが一点取られただけで、取り返せばまったく問題は無かったのに。
思わず「声だしていこう!!!(`□´)」って叫んでしまったくらいですよ。
それなのに、ロビーの同点ゴールが決まったとたんに急に元気になるんだから、本当に現金なものだと思いましたね(ーー;)

なんどもしつこく書きますが、この場にいられない仲間たちの思いも背負っていたわけですから。
テレビで見た人は「すごい」と思ってくれたかもしれないけど、自分に言わせればまだまだ出来ます。
いや、まだまだやらなきゃいけなかったんです。
選手が苦しいときだからこそ、スタンドにいる我々が声を張り上げる必要があると思います。
だからこそ、我々は「サポーター」なんですから。
今日の試合、その点についてだけ、モヤモヤが残ってしまいました。

…と、あんまり面白くない話が長くなってしまいましたね。(^^;
まだ天皇杯もありますし、今年一年を振り返るには少し早いですが、
ここまでは最高のシーズンであるといえるでしょう。
天皇杯も獲って、「本当に最高」のシーズンにしたいですね。

最後にガンバ大阪について少し。
さすがリーグで1、2を争う攻撃力を誇るだけのことはあったと思います。
シーズン全体を通してみても、遠藤選手の離脱がなければどうだったか。
今回はたまたまレッズが優位な状況でしたが、タイの状況であればまたわからなかったでしょう。
かつてのヴェルディとマリノス、鹿島と磐田のようなライバル関係が築ければいいなと思いますね。

来年はACLもあるので、より一層厳しいシーズンになるでしょう。
しかし、それもまた楽しいじゃありませんか。

みんなでアジアへ行こう!
We Are REDS!

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-12-02 21:02 | 浦和レッズ


<< 年明けまでギドを帰すな      ここが功名が辻 >>